先輩キャンパーが教えてくれた「このアイテム最高なんです!」BEST5【サウナキャンプ主宰・大西洋さん編】

2020/02/19 更新

先輩キャンパーに愛用しているキャンプアイテムを教えてもらう当連載。第5回目ゲストは、最近話題沸騰中のサウナを普及するユニット「Sauna Camp.」の大西洋さん。キャンプ&サウナ好きが高じて人生激変しちゃったという大西さんが愛用するアイテムとは?


アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

今回アイテムを紹介してくれる、「Sauna Camp.」の大西洋さん

大西さん
先輩キャンパーに愛用のキャンプアイテムを教えてもらう当連載の第5回目ゲストは、テントサウナを買ったら人生が変わったという「Sauna Camp.」主宰の大西洋さん。

「サウナキャンプ」ってなに?

サウナキャンプとは、専用テントと薪ストーブ、サウナストーンなどを使って野外にサウナ空間を作り、キャンプを楽しむスタイルのこと。

サウナキャンプを楽しむ女性
提供:大西さん
高温の蒸気に包まれるテントのなかでジュワーッと汗をかいた後、清流にダイブしたり、空を見上げて寝転んだり。至極のリラックスを体感することで、より自然と一体化できるキモチイイ時間を味わえる、それがサウナキャンプの醍醐味です。

サウナキャンプを楽しむ大西さん
提供:大西さん
もともと大のキャンプ&サウナ好きの大西さん。最初はそれぞれ別々に楽しんでいたそうですが、ある日「テントサウナのあるキャンプが楽しすぎる!」と、マイテントサウナを購入。

2017年には大学時代の友人と「Sauna Camp.」を結成し、日本最大級のモバイルサウナの祭典「サウナキャンプフェスティバル」を主宰するなど、テントサウナ遊びの楽しさを伝えるため日々フィールドとサウナで活動しています。

大西さんのテントサイト
提供:大西さん

キャンプ道具選びのセオリーは、タフさコンパクトさ。いつものキャンプ道具にプラスしてサウナ道具も持って行くので、なるべく小さくなるものを揃えるようにしています。あと、存分にサウナ時間を楽しめるように、取り扱いがカンタンという点も大事です。

そんな熱いキャンプ&サウナ愛をもつ大西さんの愛用アイテムとは!?

①世界一熱い!?ロシアのテントサウナ

三層式ハイパワーテントサウナ「モルジュ」

サウナキャンプの様子
提供:大西さん
寒い季節こそ、サウナキャンプのハイシーズン。ですが、寒い日にダラダラと汗をかけるほどテントのなかをアツアツにするのは、結構難しいもの。

高温にできるテントサウナを探していて、たどり着いたのがロシアのメーカー「モルジュ」でした。特殊な断熱材が入っているので、寒い時期でも薪ストーブを焚いて100度近くをキープできるスグレモノです。

モルジュのテントサウナ

提供:大西さん
独自のリサーチを経て、ようやく出会ったというモルジュのテントサウナ。当時は取り扱っている代理店が日本になく、本社に直接メールをして個人輸入したそう。

断熱材が入っていますが、収納するとかなりコンパクトになるので車に積むときもジャマになりません。重量はポール込みで9kg、付属の収納バッグで持ち運びしやすいところも◎。

クロスポールなので、あっという間に設営できるところもいいんです。

サウナキャンプを背負った男性 寒いときでもアツアツにできて、設営もカンタン、そして窓が大きく景色を楽しめる点など、イイトコづくしのモルジュに惚れ込み、今では「Sauna Camp.」が国内正規代理店にまでなってしまったというほど。

その評判は口コミでどんどん広がり、今ではサウナ愛好家の間でもっとも人気があるテントサウナとして認知されています。

ちなみに、このブラックカラーは「Sauna Camp.」の別注カラーです。

モルジュ 購入はこちらから

②薪割りを楽しくしてくれる斧

バーコ「キャンピングアックス」

バーコの斧
提供:大西さん
サウナに欠かせない薪を調達するのに重宝しているというバーコの斧。

3年くらい前、とあるイベントの体験ブースで知ってその場で購入しました。サウナキャンプをするときは焚きつけ用の薪を作ることが多いので。大きすぎず小さすぎない、このちょうどいいサイズ感と、手馴染みのいい持ち手が決め手でした。

バーコの斧の持ち手

斧は無骨なものが多いけれど、オレンジのカラーリングも可愛くて気に入っています。

バーコは、人間工学に基づくモノ作りをテーマにした薪割り製品メーカー。このキャンピングアックスは扱いやすいだけでなくコスパもいいので、「薪割りしやすい斧がほしい」という方への最初の1本にもおすすめのモデルです。

バーコの斧

提供:大西さん
刃の部分には、某ハンドメイド通販サイトでオーダーしたレザーカバーを装着しているそう。

薪割用の斧は、いわばテントサウナや焚き火の相棒的存在。使えば使うほど、愛着が湧くアイテムですね。
ITEM
バーコ キャンピングアックス
刃渡り:110mm
柄長:355mm
斧身:640g
材質:斧身/鉄 、ハンドル/とねりこ

③なんでもここにポイ! キャンプ道具のまとめ役

プエブコ「ラミネーテッド ファブリック オーガナイザー」

プエブコの入れ物

プエブコのオーガナイザーは、キャンプ仲間からおねだりされて知ったんです。「これキャンプで便利そうだからほしいな~」って(笑)。

細かく道具を収納するのがニガテなので、ジャンルごとに分けてガサっと入れています。

プエブコのバスケット上から
あまりの便利さから、今では2つ持っているという大西さん。それぞれ、何かとアイテムの多い調理グッズとサウナグッズをひとまとめにしているそう。

月に1~2回キャンプに行くので、その都度荷造りするのが面倒で……。

このまま車に積んで、帰って来たらこのまま自宅にポイっと。僕のようにキャンプ道具を細かく管理するのがニガテな人にはもってこいのアイテムだと思います。

プエブコのバスケットを持ったところ
素材の内側はラミネート加工され、ハリのある丈夫なつくり。フチにはフレームが入っていて自立もするので、重いものや硬いアイテムを入れても安定感があります。

ナチュラルな風合いかつ、ミリタリーテイストさも醸しているプエブコのアイテム。アースカラーでまとめたいキャンパーさんにもおすすめのブランドです。

ITEM
プエブコ ラミネーテッドファブリックオーガナイザー
サイズ:幅35cm×奥行き35cm×高さ44.5cm
素材:PPCoated Fabric-Cotton,Polyester


④携帯性、明るさ、操作性の3拍子そろったランタン

スノーピーク「ギガパワーランタン天オート」

ギガパワーランタン天オート これまではホワイトガソリンのランタンを使っていたという大西さん。しかし、キャンプでテントサウナを楽しみ出してから考え方に変化があったんだとか。

ホワイトガソリンのランタンは明るいし、ポンピングする手間も含めてキャンプの嗜み。楽しいですよね。

でも、キャンプにテントサウナを取り入れはじめたら、設営作業を時短して、長い時間サウナの心地よさに浸りたいと思うようになって。それでガス式のランタンに変えようと思ったんです。

手のひらサイズのギガパワーランタン天オート
そこで目についたのが、スノーピークの「ギガパワーランタン天オート」。手のひらサイズほどのコンパクトさながら、80ワットの光量をもつ同メーカーのベストセラーモデルです。

状況に合わせて、明るさを微調整できるところもいい。テーブルランタンとして活躍しています。

ギガパワーランタン天オート 点灯したところ LEDランタンにも小さくて明るいモデルが数多くありますが、ぬくもりのある明かりはガスランタンならでは。キャンプでの癒し空間をより一層引き立ててくれます。

ITEM
ギガパワーランタン天オート
サイズ:φ59×95mm
重量:125g
収納サイズ:62×65×103(h)mm
最大光量:80W

⑤「本当に買ってよかった」テーブル

ざぁ~ッス(The Arth)「ヘキ男」

ヘキ男と大西さん
提供:大西さん

キャンプ仲間が口をそろえて、「これがないと焚き火ができない!」と絶賛してくれたテーブルです。テントサウナ同様、焚き火も好きなので、みんなで火を囲めるところが本当に便利。

本当に買ってよかったと思うキャンプ道具ランキング上位のアイテムです!

板UP 2015年頃、とあるキャンプ場でレンタルしたのをきっかけに購入したという「ざぁ~ッス」のヘキサテーブル。

今は違うと思いますが、当時は生成りで販売されていたため、自分でワトコオイルを塗りました。使うたびに深みが増すところもいい。組み立てもしやすいので、設営の煩わしさがありません。

ヘキ男を折りたたんだところ 木製なのでそれなりの重さはありますが、組み立て式なので折りたたみ時はスマートに。ホームセンターで購入したストラップベルトを巻いて、持ち運べるようにしているそうです。

ヘキサテーブルが購入できるのは、インスタグラムのDMのみということ。気になる方は直接お問い合わせくださいね。

THEArth(ざぁ~ッス)代表「おおくまのりふみ」さんのインスタグラムはこちら

キャンプとサウナは相思相愛

サウナキャンプを楽しむ人
提供:大西さん
「キャンプとサウナは、本当に相性がいいです。サッパリきれいになった身体でシュラフに包まって眠る気持ちよさは、本当に格別。ぜひ一度、テントサウナを体感しにきてほしいです」と大西さん。

2019年は、「森、道、市場2019」でサカナクションが手掛けるカルチャープログラム「NF」とコラボしたことも話題になりましたが、今後もさまざまなジャンルとタッグを組んで、テントサウナの新たな可能性を探っていくとのこと。

「Sauna Camp.」では年間を通してテントサウナを体感できるイベントを各地で開催しているので、こまめにウェブサイトをチェックしてみてください。きっと大西さん激推しのロシアのテントサウナ「モルジュ」も体感できるはず!

気になった方はウェブサイトから購入できるので、ぜひ覗いてみてくださいね。

「Sauna Camp.」
InstagramTwitterWebsite

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


紹介されたアイテム

バーコ キャンピングアックス
サイトを見る
プエブコ ラミネーテッドファブリックオー…
サイトを見る
ギガパワーランタン天オート
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

サウナキャンプ主宰大西さん
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山畑 理絵

春夏秋冬、日本の美しいフィールドを求めてフラフラしているアウトドアライター。元・キャンプ用品店勤務。自分にとって心地のいい暮らしを模索しつつ、ハーフビルドした小さなログハウスで日々活動しています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!