CAMPHACK

【キャンプ賢者座談会】2020年に流行る「ギア」「ブランド」「スタイル」をズバッと予測!

0

2020年、キャンプシーンはどう進化していくのか? キャンプ好きなら気になるであろうこのテーマの答えを導くべく、キャンプ業界を牽引する3人の賢者を緊急招集。彼らが気になっているブランドやギア、スタイルなど、キャンプにまつわる気になることを大いに語り合っていただきました。

まつい ただゆき

アイキャッチ・記事中画像撮影:下城英悟

アウトドアシーンを牽引する3人が2020年のキャンプシーンを大予測

次々と新しいギアやブランドが登場し、多様化する現在のキャンプシーン。2020年はいったいどんなブームが巻き起こるのか!? そんな気になる今年のトレンドを、アウトドアシーンに精通する3人に予測していただきました。

ご登場いただいたのは、群馬県桐生市の人気ショップ「パーヴェイヤーズ」のオーナー小林宏明さん(左)、雑誌やテレビなど幅広く活躍するスタリストの平健一さん(中央)、ガレージブランド「H&O」のオーナーでプロダクトデザイナーの奥野順平さんのお三方。それぞれ異なる立場からアウトドアに携わる3名に直撃しました!

まずは昨今のキャンプシーンについて


──まずは2019年を終えて、みなさん昨今のキャンプシーンをどのように捉えているか聞かせてください。

平:去年はガレージブランドの台頭が著しかったですね。規模が大きくなって会社化する人も結構いらっしゃって。あとキャンプの愉しみ方もいろいろでてきて、ソロキャンプがメディアを席巻しましたし、サウナキャンプとかお家でグランピングとか、新しい流れもでてきました。アウトドアの垣根がなくなった1年だったのではないでしょうか?

小林:まさに、多様性が生まれた1年でした。来店されるお客さんもいろんな方がいるんですが、みんなそれぞれのスタイルを持っているんです。キャンプ=趣味ではなく、ライフスタイルに溶け込んできている感じがしています。

奥野:そうそう、これまでキャンプって趣味の一環で「頑張って行くぞ!」っていう感じだったのが、家のものまで持ち出して気軽にキャンプ場へ行く人も増えましたよね。家と外の境界線がどんどんなくなってきている感じがしています。

──なるほど。では、その辺りの状況を踏まえて、2020年の方向性を予測していきましょう!

関連記事