やっぱり冬は暖房必須!?冬でもぬくぬくキャンプが楽しめるコテージのあるキャンプ場【関東近郊】

2020/02/04 更新

冬だからこそ、寒い中だからこそ楽しいキャンプってありますよね。でもキャンプを普段やらない友達や家族は乗り気じゃないだろうなぁ…と思っている人に朗報!暖房設備がしっかりしたコテージなら、ぬくぬくしながら自然を楽しめます。仲間を誘う口実になるかも!?


アイキャッチ画像出典:ODAKYU YAMANAKAKO FOREST COTTAGE

寒いのはイヤだ……そんなわがまま叶えます!

出典:Instagram by@conoooon12
冬シーズン、寒さでキャンプへの足が遠のいていませんか? 自分は平気でも、仲間や家族はそうはいきませんよね。

とはいえ、雪景色に澄み切った星空、熱々のキャンプ飯など冬キャンプの醍醐味は捨てがたい……! でも大丈夫。暖房施設がバッチリ整った施設ならそんなわがままも叶いますよ。

寒さでモチベーションが下がっている仲間や家族をキャンプへ連れ出したいなら、寒くなければいいんです!

そこで今回は、ストーブやエアコン、こたつなどの暖房器具から温泉まで、あったか設備が充実しまくりのコテージをどーんとご紹介しちゃいます!

【ぬくぬく】関東近郊・あったか設備バッチリのキャンプ場はここ!

①ヒュッゲコテージ(山梨県)

山中湖湖畔の森の中、静かに佇むのが「小田急山中湖フォレストコテージ」。しかも今回ご紹介する「ヒュッゲコテージ」は2019年12月下旬〜2020年1月中旬にオープンしたばかりの新築。

キッチンはもちろん、シャワールームにウォッシュレットトイレまで完備。BBQができる屋根付きウッドデッキも魅力です。

そして何と言ってもイチオシは薪ストーブ! ぬくぬくの部屋で炎を眺めつつ山中湖の冬景色を堪能……思わず「最高かよ……」と呟いてしまうシステムです。薪ストーブデビュー前に試してみたい人にもピッタリ。

薪ストーブが面倒な人には、ガスファンヒーターも常備されているのでご安心を。管理棟であるクラブハウスにはスタイリッシュな浴場も完備。宿泊客は無料なので、心置きなく湯船で体の芯から温まれます。

住所:山梨県南都留郡山中湖村平野491
利用人数:4人
料金:23,000円〜(シーズン毎に異なります)
ヒュッゲコテージの詳細はこちら
口コミはこちら

②河口湖カントリーコテージBan(山梨県)

富士山を臨む河口湖湖畔のほど近く、6000坪の広大な敷地に広がるコテージ群。“貸し別荘”の概念を超えた贅沢な滞在を実現してくれるのが「河口湖カントリーコテージ Ban」です。

コテージは4人用〜35人用まで幅広く、各棟に床暖房&エアコン、バス・トイレにキッチン完備の充実ぶり。

そしてこちらのおすすめポイントは温泉。富士の湧水を利用した鉱泉で、展望露天風呂では雪化粧した富士山を間近に見ながらゆったりと温まれます。

また全棟の水道にも富士・御坂山系の地下水を利用。お風呂上がりに蛇口をひねれば美味しい天然水が飲めますよ。富士の恩恵をフルに感じられる贅沢な施設です。

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口2092
利用人数:4〜35人
料金:1棟20,000円〜(コテージやシーズン毎に異なります)
河口湖カントリーコテージBan詳細はこちら
口コミはこちら

③那須ログコテージ フィンランディア(栃木県)

那須I.Cから車で約10分というロケーションながら、高原の豊かな自然と木のぬくもりいっぱいのログコテージが魅力の「那須ログコテージ フィンランディア」。

車で30分圏内に「那須ハイランドパーク」や「那須動物王国」、「那須りんどう湖」などの観光スポット目白押し。レジャーも楽しみたいファミリーキャンパーにぜひおすすめしたいコテージです。

コテージには2階建て4〜10人向けのAタイプとロフト付き2〜3人向けのBタイプが。もちろん全棟エアコン&ストーブはもちろん、バス・トイレにキッチン完備。ぬくぬくの室内から出ることなく過ごせます。

大人2名子ども2名のファミリープランで平日素泊まりなら、1人あたり2,475円とかなりおトク。その分観光に回すのもアリです!

住所:栃木県須郡那須町高久甲5751-4
利用人数:Aタイプ/4〜10人、Bタイプ/2〜3人
料金:1棟9,900円〜(シーズンやプラン毎に異なります)
那須ログコテージ フィンランディア詳細はこちら

④ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 キッチン付きコテージ(山梨県)

北に八ヶ岳、南に富士山、東に秩父連峰、西に南アルプスを臨む最高のロケーションにあるのが「ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」。

近くには国立天文台があり天体観測でも有名なエリア。冬の澄み切った夜空に広がる満点の星々も、大きな魅力となっています。

コテージも様々なタイプがありますが、「キッチン付きコテージ」は、キッチンはもちろん、バス・トイレにストーブなどの暖房器具完備。広々としたLDKに和室もついているので、小さなお子さま連れでも過ごしやすい間取りです。

そしてイチオシのポイントは、温泉大浴場&露天風呂! ナトリウム・炭酸水素塩塩化物泉のとろりとした泉質で、お肌もつるつるに。寒さに弱い奥さまも、温泉効果でテンションアガること間違いなし!

住所:山梨県北杜市大泉町谷戸8741
利用人数:2人〜9人
料金:大人1人6,640円〜(シーズン・プラン毎に異なります)
ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原詳細はこちら

⑤ホテルアンビエント安曇野(長野県)

出典:Instagram by@ambient.azumino_official
雄大な北アルプスに抱かれた標高1,000mに位置する安曇野。常念岳を望む「ホテルアンビエント安曇野」はその中腹に位置し、周囲の森の静謐さに溶け込むかのように建っています。

今回ご紹介するのは、2019年新築の薪ストーブ付きコテージ! ぬくぬくの室内で北アルプスの大自然を眺めつつ、薪ストーブの炎の揺らぎに癒やされる、そんなひと時をじっくりと堪能できますよ。

そしてなんと! 部屋付きのお風呂では中房渓谷から引湯した温泉が24時間楽しめるという贅沢さ!

値段はこの記事で紹介しているものより少しお高めですが、温泉と薪ストーブを囲んで団欒する至福の時間……思い切って独り占めしちゃいませんか?

住所:長野県安曇野市穂高牧2230
利用人数:1〜8人(コテージにより異なります)
料金:6,091円〜(シーズンやプラン毎に異なります)
ホテルアンビエント安曇野詳細はこちら

⑥石岡市つくばねオートキャンプ場(茨城県)

出典:なっぷ
筑波山を間近に仰ぐ丘陵地隊に広がる「石岡市つくばねオートキャンプ場」。敷地中央に広がる林間広場はなんと約10,000㎡という広大さ! 周囲を遮るものがないので、コテージからの眺望も最高です。

出典:なっぷ
「ケビン」と呼ばれるコテージは全4棟。冬季にはヒーターはもちろん、日本人ならやっぱりうれしいコタツが完備。座椅子に座ってコタツでみかん、なんともノスタルジックで心まで暖かくなりますね。

公園やアスレチック設備など、冬でも外遊びしたい子どもも大満足の施設が充実しているので、ファミリーキャンパーにおすすめです。

住所:茨城県石岡市小幡2132-14
利用人数:〜5人
料金:
(土日祭日・前日)22,000円 (消費税変更後)
(平日)16,500円(消費税変更後)
石岡市つくばねオートキャンプ場の詳細はこちら
予約・口コミはこちら

自然&文明の恩恵、バランスよく享受しちゃおう!

暖房や温泉完備のコテージなら、ぬくぬく暖まりながら大自然も堪能するなんていうわがままも、まるっと叶ってしまいます! この冬は、自然の恩恵も文明の恩恵もバランスよく享受して、アウトドアをもっと身近に楽しんでみませんか?

この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、中3次男、小6長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagram:@tomoko_y_0216

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!