CAMP HACK[キャンプハック]


意外とやりがち!キャンプ就寝前の『5つのNG行動』

1


ちょっと待って!5つの「NG行動」

キャンプでやってはいけない寝る前のNG行動。意外と意識していないキャンパーも多いかもしれません。快適に安全にキャンプ場で過ごす為に改めてチェックしてみましょう!

①食材・食器・ゴミを出しっぱなしにする


仲間との宴を楽しく過ごし、ほろ酔いで自分のテントに帰り寝袋に直行。でもちょっと待ってください。ゴミ箱が外に出しっぱなしではありませんか? 食器は食べかけの食材が入ったままじゃないですか?

出典:PIXTA
人里離れたキャンプ場、とくに山あいでは野生の動物がたくさん生息しています。食材はもちろん、生ゴミのニオイにつられて動物が寄ってきます。

ゴミを漁られるぐらいで済めばいいですが、なにせテントと外は薄い布1・2枚の隔たりしかなく、寝ている間に襲われたらひとたまりもありません。


ゴミはなるべくニオイが出ないようにしっかりとまとめ、テントやクルマの中に仕舞いましょう。余った料理や食材も出しっぱなしにせず、クーラーボックスに入れることを徹底!


あらかじめジッパー付きビニール袋などを用意しておくと、汁が出るものも家に持ち帰りやすいです。きちんと密封しておけば、ニオイが出ることもなく、次の日に温め直して食べることもできて、無駄になりません。


また、使った食器やカトラリーなどは、すぐに洗う癖をつけておきましょう。キャンプサイトから水場が遠いときは、ウエットティッシュでサッとひと拭きしておくと収納しやすく、次の日の洗い物も楽になります。

②荷物がバラバラのまま寝てしまう


コレもついついしてしまいがち。暗くなってしまうと片付けるのが億劫になり、とくに小さいテント泊では、片付けずに外に放置したまま就寝なんてことがよくあります。

出典:PIXTA
山の気候は変わりやすいです。夜中、突然の雨で大切なキャンプギアがずぶ濡れになったら大変! また季節によっては、雨が降らなくても夜露でびっしょりになってしまうことも。

さらに外に置いたままだと盗難の恐れもあるので、面倒がらずに後片付けをしてテントの中に仕舞いましょう。夜露や風はオープンタープの下でも安心はできません。とくに刃物や自重が軽いものは必ず収納しておきましょう。

出典:PIXTA
軽量のチェアは外に出したままにしておくと、風で飛ばされてしまうかもしれませんのでご注意を。

③寝る「直前」にシュラフを出す


ダウンシュラフは、羽毛の「かさ」が保温力になるので、羽毛を広げる時間を作ることが必要。せっかくのシュラフも、コンプレッションバックから出してすぐだと、ぺちゃんこで保温力が半減してしまいます。


夜、就寝前にあわててダウンシュラフを広げてもすぐにはなかなか膨らんでくれないんです。そのまま寝袋に入って寝てしまうと体重がかかり、なおのこと羽毛が広がらず、一晩中寒い思いをすることになりかねません……。


テントを設営したら、すぐにシュラフを寝床に広げておくことを忘れずに。可能であれば昼間のうちに干しておくと湿気も飛び、ふんわりと「かさ」が出て、寝心地が快適に!


オートキャンプの際、クルマの荷室に余裕があるときは、ダウンシュラフを圧縮せずに大き目の袋に収納してみましょう。こうすればダウンも比較的つぶれずにすみます。

オレゴニアンキャンパー メッシュキャリーオール スーパーサイズ

●サイズ:幅60、高さ50、マチ25cm



関連記事