アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!

あなた色に染めてください。新時代テーブル「ANYBLE(エニブル)」って?(3ページ目)

2022/08/08 更新

ベーシックな1枚板スタイル

ベーシックな1枚板スタイル

提供:Victory Camp

フレームの幅に合わせた1枚の天板を用意した基本のテーブル。60×60cm以内の天板であれば、フレームを付けたまま専用収納バッグにしまって持ち運びが可能です。

天板2枚で張り出しスタイル

天板2枚の張り出しスタイル

提供:Victory Camp
2枚の天板の端だけを固定して真ん中に空間をつくり、そこに焚き火台などを置けます。張り出した天板部分は、板の素材や厚さによって耐荷重性は変わるので、負荷を考慮して使用しましょう。

耐熱天板でそのまま料理が楽しめるスタイル

耐熱天板スタイル

提供:Victory Camp

天板に耐熱性のあるものを使えば、焚き火などの火元を気にせずにタフに使用できます。

真ん中に焚き火台やBBQグリルも置ける

提供:Victory Camp

先ほどの張り出しスタイルで真ん中に焚き火台やBBQグリルを置けば、調理と食事をひとつのテーブルでできちゃいます。

コンロ埋め込みスタイル

コンロ埋め込みスタイル

提供:Victory Camp

天板の長さをコンロの形に合わせて加工し、コンロのフチが引っかかるようにすればコンロ一体型のテーブルにできます。1〜2人で利用するときに便利ですね。

L字天板で変形可能なスタイル

L字天板スタイル

提供:Victory Camp

一見ただの長方形の天板に見えますが、じつはL字の天板を2枚組み合わせているんです。短い辺と長い辺を2:3の割合で加工することで、さまざまな形のテーブルに変形が可能になります。

さまざまな形のテーブルに変形可能

提供:Victory Camp
たとえば、真ん中に穴が空くように正方形にくっつければ、囲炉裏のようなスタイルにできます。より広くテーブルが使えるので、グループキャンプで囲うように使うと便利!
横長のユニークなスタイル
提供:Victory Camp
L字の短い辺同士をくっつけて固定すれば、横長のユニークなスタイルに。ただし、飛び出ている天板部分は耐荷重性が低いため、軽いものを置くようにしましょう。

枝を使ったブッシュクラフトスタイルに挑戦!

直径が2cm以下の枝

直径が2cm以下のまっすぐな枝を切り揃え、ブッシュクラフト的なテーブルに挑戦してみました。

枝の片側にフレームを入れる様子

片側をフレームに入れます。真ん中のほうに太めの枝を、端に細めの枝を置くようにして、フレームが固定しやすいようにします。

もう片方にもフレームを入れて固定する様子

もう片方のフレームをつけて完了。一応固定はできたのですが、多少のガタつきは出てしまいました。ですが、ものを置くことは十分可能! 太さを合わせるのが大変なので、枝の挟む部分をナイフで削り調整すれば、より均等に枝を固定できそうです。

まだまだ使い方はあなた次第!

ビクトリーキャンプのロゴ

キャンプテーブルも、さまざまなモデルが登場していますが、このエニブルはフレームだけという革新的なアイデアでしたね。今回紹介した以外にもまだまだ使い方は無限大なので、読んでいて「こういう使い方もできそう!」と思った方は、ぜひあなたの手で新たなオリジナルテーブルを組み立ててみてください!

執筆:髙橋敦

エニブルの詳細はこちら

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

3 / 3ページ