最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

あの人気キャンプ場を完全攻略!【赤城山オートキャンプ場】(2ページ目)

2021/11/15 更新

「赤城山オートキャンプ場」に到着!

赤城山オートキャンプ場 看板

東京方面から北関東道・駒形ICを降りて、赤城山がそびえる景色のなかクルマを走らせること30分ほど。写真の看板が目印の「赤城山オートキャンプ場」に到着しました!

公共交通機関を利用する場合でも、上毛電鉄・大胡駅からふるさとバス(電話予約制)に乗り、赤城神社で下車して徒歩3分ほどとアクセス良好です。「風の駅やげんじ」(クルマで約5分)や「Aコープみやぎ店」(クルマで約10分)などお店が近くにあるので食材の買い出しは困りません。

管理棟

道路に面した敷地の入口すぐに煙突がついた管理棟があるので、まずはここでチェックイン。ちなみに写真右側にあるのがシャワー室、左側にあるのがバーベキュー場兼イベントフロアです。

チェックイン

チェックインはテントサイトが13〜17時、バンガロー・トレーラーが14〜17時。チェックアウトはテントサイトが9〜12時、バンガロー・トレーラーが9〜11時です。支払いは各種カード対応、QRコード決済のPayPayも導入されていました。

テント設営

受付を済ませたらさっそくテント設営。場内すべてのサイト環境は砂利です。固めの地質なので、鍛造ペグなど屈強なペグが向いています。プラスチックペグでも刺さりはしますが、抜くときに割れてしまうかもしれないのでおすすめはしません。

また、全サイト直火禁止なので焚き火台は必須! では、設営が一段落したので、場内をまわって人気のサイトをチェックしましょう!

キャンプ場の中の人に、直接おすすめサイトを聞いてみた

赤城山オートキャンプ場 エリア案内図

キャンプサイトは大きくグリーンエリア、ブルーエリア、イエローエリアに分かれています。

※このエリア区分は近々変更になる予定。詳しくはキャンプ場にお問い合わせください

マップの詳細

テントサイトが45箇所、バンガロー・トレーラーハウス18棟(一部マップには掲載なし)。オーナーの小堀さんから「キャンパーに人気のサイト」「じつはおすすめな小堀さんイチオシサイト」を教えてもらったので、場所が分かりやすいように上記マップのエリアごとに紹介します。

キャンパーに人気のサイトはココだ!

キャンパーに人気のサイト① 初心者も過ごしやすい平地のブルーエリア

平地のブルーエリア

初心者キャンパーに人気なのはブルーエリア(B1〜9・T1〜4)。キャンプ場入り口からほど近く、クルマの乗り入れが楽チン。ブルーエリアは他サイトよりもキレイに平地に整備されていてテントの設営も楽々。

平地だと幕内でも過ごしやすく、とくに就寝時は寝やすい! サニタリーもほど近く、管理棟まで歩いて1分程度で行けるのも安心できます! 使い勝手・過ごしやすさを優先するならブルーエリアがおすすめです。

ちなみに写真の人物がオーナーの小堀さん。とても親切に場内を案内してくれました。

キャンパーに人気のサイト② 子どもと一緒に泊まるならプレイサイト

プレイサイト

ターザンロープやブランコ、秘密基地など遊具が豊富な赤城山オートキャンプ場。そんな子どもの遊び場とトイレ、炊事場の目の前に位置するのがプレイサイト(GP1〜3)。ファミリーに大人気です。

写真左に見える三角屋根が炊事場、右の小屋がトイレです。徒歩30秒くらいで行けちゃいます。ターザンロープやブランコで遊ぶ子どもをサイトから見ていられるのもいいですね。子ども連れには嬉しい環境がそろっています。

キャンパーに人気のサイト③ ハンモックにぴったりの木がある広々サイト

広々サイト

グループキャンプで人気なのがイエローエリアのF4です。3〜4家族が幕を張れる広いスペースに加えて、ハンモックを吊るすのにちょうどいい木があるんです。テントを複数張って、わいわいとBBQをして、ハンモックに揺られる子どももいて……といった、にぎやかなグループキャンプができます。

隣のサイトとは段違いになっているので、程よい距離感が保たれているのもポイント。電源なしなので中級者以上に人気です。

小堀さんイチ推しの穴場サイトはココだ!

小堀さんイチオシサイト① 空の抜け抜群!星を楽しむならオープンサイト

オープンサイト

場内で唯一木々に囲まれていないのがブルーエリアの01〜04。ひとつのサイトで2家族入れるスペース&区切りもなく、通称オープンサイトと呼ばれている開放的な空間です。

ここの魅力はなんといっても抜群の空の抜け感。青空の下でキャンプが楽しめるのはもちろん、夜になると満天の星が一面に! 焚き火をしながら星空観察をしたい方はオープンサイトへ! 流星群の日はココに泊まりたいですね。

小堀さんイチオシサイト② 三方を木々に囲まれたプライベート感あるサイト

もっとも高台にある広々サイト

F3は場内でもっとも高台にある、3家族が入れる広々サイト。奥まったところにあり、三方木々に囲まれているためプライベート感を味わうにはうってつけの環境です。

電源がなく、サニタリーやトイレから少し離れているので、中級から上級者向け。森の中でひっそりと本格キャンプをしたいならココです。大自然を感じながらのんびりとした時間を過ごせます。

小堀さんイチオシサイト③ 冬は絶景広がり夏は木陰で涼しい!季節で顔を変えるサイト

おすすめのG5、G6、GN1、GN2サイト

マップ上のG5、G6、GN1、GN2のサイトは通年場内を見ているスタッフならではのおすすめスポット。場内では比較的高い場所にあります。そのため落葉する冬シーズンは木々の間から山々が見え、夕陽と朝日はまさに絶景。

今回筆者が宿泊したのはG6サイトで、夕陽に染められる山々をボーッと眺める時間は最高でした。さらに、夏は生い茂る緑に囲まれ、木陰ができるので涼しく過ごせるのだとか。季節ごとに楽しみ方が変わるサイトです。

レギュラーシーズンはキャンプサイト料金がお得

レギュラーシーズンは1グループ用サイト電源ありが5,500円、電源なしが5,000円(大人2名、クルマ1台)と一律の設定。オンシーズンやハイシーズンだとサイトの広さで価格が変わりますが、レギュラーシーズンならお得に広いサイトが使えます!

※F1〜4、01〜04、T1〜4は複数家族用のサイトのため上記価格ではありません

利用してみて分かった!赤城山オートキャンプ場のさらなる魅力

調理をする男性

キャンプサイトだけでも魅力的ですが、実際に利用してみると、ほかにも心惹かれることが盛りだくさん! 一挙に紹介しましょう。

2 / 3ページ