ソロキャン、バイカー、ファミリーなんでも来い!ロゴスの豊富な新作テントに注目【アウトドア通信.537】

2020/03/10 更新

2020年春の新作として「3ルームテント」という新たなスタイルを打ち出してきたロゴス。しかしロゴスからは他にもまだまだ新作のテントが登場していますよ。今回は、そんなロゴスのテントの中でも落ち着いたカラーリングが魅力的な3型をピックアップ!


アイキャッチ画像撮影:編集部

ロゴスのテントはあなたのニーズにしっかり応えてくれます

撮影:編集部
毎年、数多くの新商品を発表するアウトドア総合ブランド「LOGOS(ロゴス)」。2020年の新作は、従来の2ルームテントのパネルをポールで持ち上げ、第3の部屋を作り出す「3ルームテント」が目玉でしたが、じつはこの他にもまだまだ注目の新作テントがあるんです。

今回はそんな気になるロゴスの新作テントのなかから、落ち着いたカラーリングのモデルをピックアップしてご紹介します。

ほぼワンタッチで組み立てできるソロ用テント

出典:ロゴス
まずご紹介するのは、軽量でコンパクト、しかも超スピーディーに組み立てができるソロテント。フレームと生地が一体化しているのでパーツを紛失する心配もありません。

出典:ロゴス
組み立て時間の目安はなんと驚きの約3分。それを可能にしているのが、このQ-TOPシステムフレームです。

フレームの基点となる部分を押し込むだけで、折り畳まれたフレームがロックされる仕組みになっているので、誰でも簡単に設営ができます。

出典:ロゴス
低く流れるようなフォルムで耐風性にも優れながら、独特のフレーム構造により高い居住性も確保。小さいスペースながら、靴の着脱をするのに便利な前室スペースも備えています。

ITEM
LOGOS neos Q-TOP リバイバルSOLO DOME-BJ
●総重量:(約)3.3kg
●サイズ:(約)幅230×奥行160×高さ90cm
●インナーサイズ:(約)幅210×奥行80×高さ65cm
●収納サイズ:(約)幅51×奥行19×高さ19cm

バイクも入る!?広々した前室のソロ用テント

出典:ロゴス
続いてご紹介するこちらは、一人用テントでありながら前面に大きくポールを張り出すことで広い前室を確保したツーリングキャンプに最適なテントです。前室の床面積はなんとインナーテント部分の約2倍。

この広さ、もはやソロキャンプ用の2ルームテントと言ってもいいかもしれません。

出典:ロゴス
さらに、別売りのポールを使用してフロントを跳ね上げればスペースは拡大。リビングスペースとしてチェアやテーブルを置くのはもちろん、バイクや自転車の駐輪スペースとして活躍します。

ITEM
ロゴス neos ツーリングドゥーブル・SOLO-BJ
●総重量:(約)4.1kg
●サイズ:(約)幅210×奥行290×高さ123cm
●インナーサイズ:(約)幅210×奥行100×高さ115cm
●収納サイズ:(約)幅65×奥行16×高さ16cm

ワンポールテントと連結可能なタープをセットで賢く!

出典:ロゴス
ロゴスの定番ともいえるワンポールのティピー型テントに、連結可能なタープが付属したお得なセットアイテムが登場しました。タープを連結させることで、前室のないティピー型テントの弱点を克服しています。

テントのサイズは、350×300×180cmと家族6人で過ごせるほどの広さ。

出典:ロゴス
テントとタープは簡単に連結できるようデザインされており、傾斜がかかるように設計されているので耐風性にも優れています。また、写真のように別売りのキャノピーポールを使用すれば、タープ単体で使用することも可能です。

ITEM
ロゴス Trad Tepeeタープ350-BJ
●総重量:(約)9.2kg
●テントサイズ:(約)幅350×奥行300×高さ180cm
●タープサイズ:(約)幅570×奥行440×高さ260cm
●収納サイズ:(約)幅67×奥行23×高さ23cm


ソロからファミリーまで、様々なスタイルに対応できるテントをご紹介しました。気になるモデルはありましたか? ロゴス公式サイトでは、その他2020年の新製品ラインナップがチェックできますよ。気になるアイテムを探してみてはいかがでしょう。

ロゴスの公式サイトはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

紹介されたアイテム

LOGOS neos Q-TOP リバイ…
サイトを見る
ロゴス neos ツーリングドゥーブル・…
サイトを見る
ロゴス Trad Tepeeタープ350…
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!