CAMP HACK[キャンプハック]


ソリッドステーク徹底解剖!snowpeak発の最強ペグ! | 2ページ目

0


使用後はしっかりメンテナンス!

他のギアと同様、ソリッドステークもメンテナンスは欠かせません。難しいことはしませんので、長くしっかり使うためにも、そのひと手間を惜しまないでください!
叩いて直す
ソリッドステーク スノーピーク出典:snowpeak
曲がってしまっても、そこで終わりではありません。石の上などでハンマーで叩いて直します。
汚れを落とす
ソリッドステーク スノーピーク出典:snowpeak
しっかり務めてくれた証である土や草などの汚れは落とします。特に水気はしっかり拭き取ります。
次回に向けてまとめて収納
ソリッドステーク スノーピーク出典:snowpeak
なくしがちですが、ないと困るペグやハンマー類。整理して1か所にまとめておくといいでしょう。

サビ防止のためには利用後にしっかり土を落として乾かすというメンテナンスが必要ですね。
出典:山とカメラと飯盒と

まずはサビをサンドペーパーでザザッと落とします。
そして倉庫に眠っていたラッカースプレー(たぶん200円位の安物です)を使ってみましょう。
表裏にシュシュッとスプレー。たったこれだけですが、新品のように生まれ変わりましたね。
出典:ハル ユメ Diary

曲がったソリッドステークはこうやって片方に石ころでも当てて本体を少し浮かし、足で踏んづけて元に戻しましょう。簡単に曲がります。
出典:九州キャンパーズ倶楽部

4種の『ソリッドステーク』と便利アイテムもご紹介!

snowpeakのペグ、ソリッドステークは燕三条に伝わる鍛造製法で製作。消耗品と思われているペグの概念を変えた、最強のペグの数々をご紹介します!
ソリッドステーク | オンラインストア | スノーピーク * snowpeak出典:snowpeak
いかなる状況、ギアに対応する4種類!

ソリッドステーク スノーピーク出典:snowpeak

キャンプサイトの様々なコンディションに対応できるように、4つの長さに分かれたラインナップを展開しており、キャンパーのニーズを満たす『ソリッドステーク』をご紹介します!
・ソリッドステーク20

snow peak ソリッドステーク20 6点セット

一番短い20ですが、確実にテントやタープを固定します。固い地面でも安全。


・ソリッドステーク30

snow peak ソリッドステーク30 6本セット

汎用性が高く、使いやすい30。困った時の救世主!多めにそろえておくと安心です。


・ソリッドステーク40

snow peak ソリッドステーク40

固い地面、柔らかい地面にも、抜けにくく深く刺さります。


・ソリッドステーク50

snow peak ソリッドステーク 50

最も長い50に、強風の日の大型タープはおまかせ。しっかり固定します。


最初から全部のペグを「ソリッドステーク」にするのが大変であれば、メインの箇所を「ソリッドステーク」で打つだけでもOKです。サイズは30から揃えていくのが使い方の幅が広がるのでいいですよ~
出典:snowpeak店長ブログ

・ペグハンマーPRO.C

snow peak ペグハンマーPRO.C

ペグ設営時に必需アイテムの”ペグハンマー”。スノーピーク独自のこだわりを見せるハンマーは、打ち込みやすさ、叩きやすさの両方を兼ね備えています。また、ヘッド部にフックが付いているので、ペグに引っ掛ければ撤収作業が簡単に行えます。


実際に使ってみると、重量、バランス、共に申し分なくハンドルの刻みが巧く機能してます。力のロスが少なく、ペグを叩いた時の感触は絶妙で他にハンマーでは味わえない使い心地です。(出典:amazon

関連記事