ついに日本上陸!2020年は超・話題のブランド「ミニマルワークス」が席巻する予感【アウトドア通信.529】

2020/01/06 更新

アウトドアフリークたちの間で密かに話題になっていた韓国のブランド「ミニマルワークス」が、日本のアウトドアシーンに本格参入!目をひくデザイン性と機能を兼ね備えたギアの数々は2020年話題になること間違いなし。現在予約受付中の製品ラインナップをご紹介します。


待望の本格上陸「MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)」

話題のシェルター「Vハウス」を生み出した、韓国のアウトドアブランド「MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)」が日本に本格上陸! 無駄のないデザインの機能美ギアをひっさげ、2020年のキャンプシーンを盛り上げます。


「シンプルだけど、最適化されたギアでアウトドア活動をする」というコンセプトのもと、簡単設営、コンパクトな収納サイズ、携行しやすい軽さを実現したギアの数々は必見! 現在予約受付中のアイテムをピックアップしてご紹介します。

もうすでに話題沸騰中「Vハウス M」

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

感度の高いキャンパーの間で話題になっている「Vハウス M」。シェルターは全面フルオープン、メッシュ、フルクローズが可能で、気候に合わせて快適な空間を作ることができます。
使用サイズは540×305×190cm。テーブルとチェアを6脚入れても余裕のあるゆったりサイズのため、グループキャンプのリビングスペースとしても最適。側面のパネルは、手持ちのポールを使い跳ね上げて設営することも可能です。

製品の詳細はこちら

他にはないデザインが目をひく「ジャックシェルター」シリーズ

次は、2サイズ展開の「ジャックシェルター」。中央にアーチ型ポールを1本構えることにより、圧迫感を軽減し、居住空間を最大限に活用できるようデザインされています。

4箇所の出入り口は、オープン、クローズも自由自在。止水ジッパーを採用していたりと細部にまでこだわり抜かれた、オールシーズンシェルターです。

ブラック・オリーブの男前な2色展開「ジャックシェルタープラス」

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

大きいサイズの「ジャックシェルタープラス」は、300×300×190cmサイズ。設営に必要な6本のサイドポールは、登山用スティックを代用することも可能なため、別売りとなっています。

製品の詳細はこちら

コットを使ったソロキャンプスタイルに◎「ジャックシェルターミニ」

小さいサイズの「ジャックシェルター ミニ」は、使用サイズ220×220×165cm。重量たったの1.7kgと軽量なため、手軽なソロキャンプスタイルを楽しみたい人におすすめ。

垂直に立ち上がった4隅のポールと正方形のフロアデザインにより、ギアの配置もしやすく必要十分な広々空間を作り上げています。両サイズ共に4月中旬の入荷予定です。

製品の詳細はこちら

デイキャンプに使える!「グラマーシェルター」シリーズ

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

日常的にアウトドアを楽しめるよう、どちらも重量3kg以下に設計された軽量シェルターも登場。自立式のため、時間の経過とともに移動する太陽の位置に合わせて、シェルターを気軽に移動させることができます。

7色展開の「グラマーシェルター」

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

2本のポールが一体化したかのような独自構造のポール2本で自立するため、初心者でも簡単に設営ができます。そのポップなカラーリングと裏腹に耐水圧2,000mmと土砂振りの雨にも対応できる高スペックです。

製品の詳細はこちら

4人用のリビングとして最適「グラマーシェルターDプラス」

さらに「グラマーシェルター」をサイズアップした「グラマーシェルターDプラス」も登場!  グラマーシェルターの使用サイズが300×230×150cmに対し、ひと回り大きい330×255×165cmサイズです。

製品の詳細はこちら

拡張できるオプションアイテムも豊富「モカシリーズ」

ミニマルワークスは、テントやシェルターだけに留まらない製品ラインナップが魅力! もちろんその機能美は、ファニチャー類にも活かされています。

この見た目ながら軽量!「モカロールテーブルバンブー」

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
風合いの美しいウッドロール天板のテーブルは、素材の特性上、重量が嵩んでしまうのがネック……。しかしミニマルワークスのテーブルは、その重量面もしっかりクリア!

使用サイズ600×400×360mmながら、たったの重量2.1kgと軽量に仕上げられています。

また天板の下には、メッシュ網が付いており小物ギアを収納することも。散らかりがちなテーブルの上も、スッキリと整理整頓できますね。

製品の詳細はこちら

アッシュ木採用のアップグレードモデル「モカロールテーブルプレミアム」

さらに同サイズで、天板の素材をバンブーからアッシュ木に変更したプレミアムモデルもラインナップ! どちらのモデルも複数台持ち合わせれば、スタッキングしラックのように使用することもできます。

製品の詳細はこちら

メインライトも設置できる「モカロールテーブル専用ランタンスタンド」

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

テーブルと一緒に使うことで、快適性がアップするオプションアイテムも3月末発売予定です。専用のランタンスタンドは、ポールの先端をロールテーブルのフレームに差し込むだけで簡単に設置可能!

製品の詳細はこちら

食器の吊り下げ収納に「モカロールテーブル専用ブリッジ」

さらに食器やタオルを吊り下げておくのに便利な専用ブリッジも発売予定。スマートなテーブルセッティングができ、座ったままでもギアを手に取ることができるようになり便利です。

製品の詳細はこちら

続々登場予定!ミニマルワークスから目が離せない

今回ご紹介した以外にも入荷予定のアイテムが続々! 軽さを重視するとデザインがおざなりに、デザインを重視すると重量級になってしまったりとキャンプ道具を選ぶときは条件の取捨選択の連続。

あなたが諦めかけていたスペックを満たしてくれるギアが、ミニマルワークスで見つかるかもしれませんね。

ミニマルワークス取り扱いアイテム一覧はこちら

 

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

編集部のオススメ

【こりゃ欲しいぞ!】あのコンバースから、タフなアウトドアシューズがついに登場!AD
6,000点以上のギアが集結!日本橋の人気ショップ「plywood」にキャンパーが集うワケAD
数あるポータブル電源の中で、僕らが「エナーボックス」を選んだ5つの理由AD
【メガネ派に朗報!】これ掛けたら、キャンプ場までの長距離運転がめちゃ快適になりましたAD
「絶景キャンプ」へ行くときに用意したい3つの必需品AD
キャンプギアは「バイ菌」だらけ? 消毒や除菌について、有識者に聞いてみたAD
【大御所キャンパーたちも太鼓判】コスパ抜群!ホームセンターのキャンプギア4選AD
これからアウトドアを始める方必見!お得に揃う7つの「カインズ製品」AD
7、8月はデビューのチャンス! 家族みんなが喜ぶ「おうちキャンプ」のはじめかたAD
ベクター?トラバース?いやいや、今キャンパーにオススメのSuunto (スント)はこれ!AD
刺される前に…「ブヨ」「ハチ」「アブ」対策しよう!2つの救世主グッズを使ってみたAD
ベテランキャンパーが教える「夏キャンプを成功させる5か条」とは?AD
【これは快適!!】1000W超えの“超高出力ポータブル電源”を、キャンプでフル活用してみたAD
食器も野菜も洗顔も、これ1本でOK? とにかく使えると話題の「マジックソープ」をキャンプで試してみたAD
『ゴードンミラー』からヘビーデューティーなシートカバーが発売に!パラフィン加工で水にも強いぞ!
パパママ必読!専門家に聞いた「川遊びの前に把握しておくべき危険ポイント」
こだわれば快適度5割増し!?夏のキャンプで使うべきイケてるウォータージャグ総まとめ
【しかも爆安!】ワークマンのエプロンがキャンプやアウトドアで超使えるのでレビューしてみた
『タイオン』と老舗繊維商社が共同開発!“抗ウィルス加工”マスクカバー&ダウンウェアが登場

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!