CAMPHACK

先輩キャンパーが教えてくれた「このアイテム最高なんです!」BEST5【UPI OUTDOOR鎌倉店・照沼栄里さん編】

0

先輩キャンパーに愛用しているキャンプアイテムを教えてもらう当連載。第4回目ゲストは、神奈川県鎌倉市にある「UPI OUTDOOR鎌倉」のショップスタップとして働く照沼栄里さん。水辺から山の中、ときには海外まで場所を問わずにキャンプに出かけている照沼さんが愛用するアイテムとは?

山畑 理絵

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

今回アイテムを紹介してくれる、「UPI OUTDOOR鎌倉」の照沼栄里さん

UPI OUTDOOR鎌倉 照沼栄里さん 先輩キャンパーに愛用のキャンプアイテムを教えてもらう当連載も第4回目。ゲストは、鎌倉市にある「UPI OUTDOOR鎌倉」でストアマネージャーを務める照沼栄里(てるぬまえり)さん。

アウトドアが日常の中にある、北米や北欧のスカンジナビア地域のアウトドアカルチャーを発信することをテーマにしており、キャンプのみならず、いざというときにも役立つ選りすぐりのアイテムがずらり。
UPI OUTDOOR鎌倉 20歳からはじめたという照沼さんのキャンプ歴は、今年で9年。当初はたびたびキャンプインフェスに足を運び、「あれもあると便利なんだ!」と、見よう見まねでギアを買い揃えていったそう。

経験を重ねていくうちに、演出された空間から、ありのままの自然を楽しむキャンプスタイルへと変化していったんだとか。
キャンプ 夜
提供:sho.suichu-ka.com

今では理想のキャンプ地を求めて、飛行機で北海道や海外に行くなど行動範囲が広がってきました。身軽に移動できる小型のキャリーバッグと、35Lのバックパックがキャンプの定番スタイルです。

なるべく持ち運べるギアで、シンプルな作りのものを選んでいます。それに、まだマイカーを持っていないので、必要であれば現地でレンタカーを借りるか、友人のクルマに相乗りしていますね。

UPI OUTDOOR鎌倉 照沼さん そんなフットワークの軽い照沼さんが、“キャンプに最低限必要”として選んだ愛用アイテムとは? 荷物を軽くコンパクトにしたい人、マイカーを持っていないキャンパーさんは特に必見です!

関連記事