【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【コーヒー好き必見】手回しで簡単焙煎!ボックス型ロースターをDIY

1

CAMP HACK×DIYer(s)連携記事企画!ライフスタイルメディ「DIYer(s)」で紹介されたDIY方法をCAMP HACKでご紹介します。コーヒー豆を自分の手で焙煎したいと思っていた方必見!ローコストで難しいテクニックは不要。アルミ板を材料にした焙煎器の作り方をダイジェストでご紹介します!

DIYer(s)


CAMP HACK × DIYer(s)

DIYer(s) ロゴ

この記事は、ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で掲載されたDIY方法をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

コーヒーが好きだと、豆の種類や淹れ方にこだわりたくなりますよね。今回は、ホームセンターで資材一式を揃えられる、ハンドル付きのボックス型ロースターの作り方を紹介します。

たった3,500円で作れてしまうDIY焙煎機!

DIY焙煎機
生豆を炒る加熱作業において必要なロースターは手動式や電動式など、種類は色々ですが、やはり市販の物だと2〜5万円は下らない……。でも、ホームセンターの資材を使ってDIYすれば、たった3,500円で自作できちゃうんです!

素材はアルミプレートがメインなので、安価で加工しやすいのが嬉しいポイント。また既製品のドラムロースターは口が小さく、じょうごなどで豆を入れる必要がありますが、本作はフタがはずれるので焙煎する豆の出し入れも簡単!

焙煎の際はハンドルで本体を回転させコーヒー豆をかくはんしますが、丸型のドラムと違い、角のついているボックス型だと本体にかくはんする用の羽は不要。使用する工具も特殊なものは必要ないので、DIYビギナーでもすぐにチャレンジできます!

用意するもの

道具

DIY焙煎機 使用する道具 左から逆時計回り
・ディスクグラインダー(金属切断用ディスク)
・ノコギリ
・金切りバサミ
・ラジオペンチ
・ペンチ
・金ヤスリ(#150)
・丸キリ
・プラスドライバー
・ドライバードリル(4mm径、5mm径ドリルビット)
・定規
・六角レンチ(M5)
・両口スパナ(8×10mm)

材料

・アルミパンチングプレート(0.5mm厚 /幅225×長さ300mm)
・アルミ板(1.0mm厚/150mm角)2枚
・アルミ板(0.5mm厚/150mm角)2枚
・長ネジ(M5/長さ285mm)4本
・ナット(M3)12個
・フランジナット(M5)23個
・トラス小ねじ(M3/長さ10mm)12個
・ワッシャー(M6/22mm)4枚
・ばね座金(M5)2個
・六角穴つきボルト (M5/長さ25mm) 2本
・ワッシャー(M5)
・なべ小ねじ(M5/長さ40mm)
・スペーサー(M6/長さ60mm)
・木パイプ(穴径7mm、長さ適宜)
・Ω(オーム)型金具
・Z型ステー

関連記事