寒い冬でも身体の芯から温まるホットレシピ3選!【たけだバーベキューの“楽勝キャンプめし”#15】

2020/01/03 更新

「俺はバーベキューだけじゃない、キャンプ料理だって得意だ!」と豪語する芸人・たけだバーベキューさんに、自慢の腕をふるっていただきます。誰にでも作れる簡単キャンプ飯ながら、たけだ流アレンジが随所に光るレシピを毎月お届けします。今回は、寒い夜いに染み渡るアツアツのホットレシピ3選!カンボジア旅行記とあわせて、どうぞ!


寒い日本を脱出!真夏のカンボジアで“ボランティアバーべ”

寒い寒い寒い! 寒いぞ! テントで寝るときの防寒対策が大事な季節になりましたね。先月は冒頭でオーストラリアのことを書いたのですが、今回はカンボジアのことを。

★前回の記事はこちら

14年ぶりにカンボジアへ


今回の目的は、現地の小学校でのボランティア。カンボジアで日本の花火職人が花火を打ち上げて子供たちを喜ばせようというプロジェクトがあったのですが、そのお昼ご飯として僕がバーべキューを振舞うことになりました。

相手は子供とはいえ200人いるので、前日の買い出しからもう大変大変。勝手のわからない市場で交渉をして買い物をし、トングも網もないのでイチから全てをそろえました!

酷暑のなかバーベキュー!

そしていざ当日。学校の先生やボランティアの日本人の方と一緒に仕込みを行い、バーベキューの炉を作って火おこしをしたのですが、この時期のカンボジアは半端じゃく暑いのでめちゃくちゃハード!

こんなにもひーひー言いながらバーべキューをしたのは、初めての経験でした。


途中子供たちと触れ合う時間もあったので、僕は日本から持って行ったラグビーボールで、なんちゃってラグビーを伝授しました。言葉が通じないのでなんとなくしかわかっていないようでしたが、楽しんでくれていたので良かったです。ノーサイド!

そしてその後、200人分の鶏肉・豚肉・焼きバナナ・焼きそばを何とか焼き終えました。1年生なんかは体はまだめちゃくちゃ小さいのですがみんなペロッと食べてくれて、美味しそうな笑顔が印象的。日本風の味付けにしてみたのですが、好評で良かったです。

というのも、「少しでも癖のある味付けにしたら、子供たちは一切食べないんです」という前情報があったので内心冷や冷やでした!

その後は花火鑑賞。小学校の子供たちの「将来先生になりたいです」「警察官になりたいです」という願いとともに打ち上がる、メッセージ花火からスタート。規制のある日本では絶対に無理という近さで見られるので、日本から来た大人たちもめちゃくちゃ興奮していました。僕もその1人です。

にしても、素晴らしい経験ができました。また機会があればボランティアバーべで子供たちを笑顔にできたらなと思います!

そんなカンボジアは30度を超えるかなりの暑さでしたが、日本は寒いのなんの……。そこで今回は、寒さを吹き飛ばすホットな料理3選をお届けしましょう!


外でもじんわり身体が温まる!ホットレシピ3選

エビたっぷり彩りアヒージョ


まずはアヒージョ。簡単なので前菜感覚で作れちゃいますよ。作るときはスキレットでもシェラカップでもいいですが、今回は使い捨てできるアルミの器で作りました。

荷物が軽いし手に入れやすいので、キャンプやバーベキューのときにも便利ですよ。ちなみに、こちらのアルミの器は東洋アルミさんから近日発売予定です!

<材料>
・むきエビ 10尾
・プチトマト(赤、黄) 各5個
・マッシュルーム 4個
・アボカド 1/2個
・パセリ 適量
・鷹の爪 2本
・ニンニク 1片
・オリーブオイル 150cc
・塩 一つまみ
・バゲット 適量

<作り方>
(1)アルミの容器に、オリーブオイル・みじん切りにしたニンニク・鷹の爪を入れて火にかける。

(2)ニンニクから香りが出たら、エビ・1/4にカットしたマッシュルーム・プチトマト・角切りにしたアボカドを入れて煮込む。

(3)最後に塩で味を調えて、刻んだパセリを散らして完成。

同時にコンロでバゲットを炙って、具材を載せて食べるのがオススメ。プチトマトが熱すぎるので気を付けてください(僕はプチトマト爆弾と呼んでます)!

伊勢海老のお味噌汁


続いては味噌汁。家庭でも定番の汁物ですが、これは見た目も豪華でなんといっても温まります!

<材料>
・伊勢海老の頭 1尾分(なければエビ、またはカニでもOK)
・合わせ味噌 大さじ3
・水 600ml
・長ネギ 1/2本
・万能ネギ 適量

<作り方>
(1)鍋に水と伊勢海老を入れて火にかける(途中、伊勢海老をひっくり返すと出汁が出やすいです)。

(2)あくを取り、そこにカットした長ネギを入れ、味噌を溶く。

(3)最後にカットした万能ネギを散らして完成。

豪華な伊勢海老はなかなかのお値段なので、エビの頭やカニでも十分に美味しい出汁が出ます。甲殻類の香り高いお味噌汁で温まってみてください!

伊勢海老で作ったので具材はシンプルにしましたが、そのほか豆腐やわかめなどを入れても美味しいですよ。

土鍋ビーフシチュー


最後は視覚的にも温かさを与えてくれる、炭火と土鍋でつくるメニュー。やわらかく煮込まれたホロホロの牛肉がたまりません!

<材料>
・牛もも肉 400g
・玉ねぎ 2個
・にんじん 1本
・じゃがいも 4個
・赤ワイン 200ml
・デミグラスソース缶 1缶
・バター 20g
・水 300ml
・塩、胡椒 少々
・ケチャップ 大さじ3
・バゲット お好みで

<作り方>
(1)土鍋にバターを溶かして、大きめにカットした牛もも肉を塩胡椒で炒める。

(2)カットした玉ねぎ、にんじんを加えてさらに炒める。

(3)水と赤ワインを加えて、1時間から1時間半煮込む。そこにじゃがいもとデミグラスソース缶・ケチャップを加えて20分ほど煮込む。

(4)じゃがいもが柔らかくなったら完成。

これは煮込めば煮込むほど美味しいので、早めに仕込んでおいてキャンプの夕食に備えましょう。僕は水分が減ったら追い赤ワインで水分を足しています。

バゲットに載せて食べると格別です。こんな感じで熱々料理を楽しめるのは冬ならではだと思いますので、キャンプの寒い夜にぴったりのホットな料理をぜひ試してみてください!

ナイスバーべ!

たけだバーベキューさんの過去連載はこちら


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たけだバーベキュー

カナダアルバータ州BBQ大使時代についたニックネームは「Mr.BBQ」。お肉検定やスパイス検定を持ち、アウトドア料理の腕前はかなりのもの。狩猟免許も取得し、冬には山へ鹿狩りに。BBQだけでなくキャンプにもかなり自信アリという生粋のアウトドア芸人。http://takeda-bbq.com/

編集部のオススメ

数あるポータブル電源の中で、僕らが「エナーボックス」を選んだ5つの理由AD
ユニフレームの焚き火ギアで、ワイルド&ミニマムな焚き火を楽しんでみたAD
【メガネ派に朗報!】これ掛けたら、キャンプ場までの長距離運転がめちゃ快適になりましたAD
「絶景キャンプ」へ行くときに用意したい3つの必需品AD
キャンプギアは「バイ菌」だらけ? 消毒や除菌について、有識者に聞いてみたAD
【大御所キャンパーたちも太鼓判】コスパ抜群!ホームセンターのキャンプギア4選AD
これからアウトドアを始める方必見!お得に揃う7つの「カインズ製品」AD
7、8月はデビューのチャンス! 家族みんなが喜ぶ「おうちキャンプ」のはじめかたAD
ベクター?トラバース?いやいや、今キャンパーにオススメのSuunto (スント)はこれ!AD
刺される前に…「ブヨ」「ハチ」「アブ」対策しよう!2つの救世主グッズを使ってみたAD
ベテランキャンパーが教える「夏キャンプを成功させる5か条」とは?AD
【これは快適!!】1000W超えの“超高出力ポータブル電源”を、キャンプでフル活用してみたAD
食器も野菜も洗顔も、これ1本でOK? とにかく使えると話題の「マジックソープ」をキャンプで試してみたAD
このサイズが欲しかった!イワタニから小型こんろ「カセットフー タフまるJr.」が新登場
【ドクター監修】予防は?応急処置は?夏のキャンプで要注意な「熱中症」について知っておこう
先輩キャンパーが教えてくれた「このアイテム最高なんです!」BEST5【フードコーディネーター・三宅香菜子さん編】
【8月7日発売】美しさ際立つグレゴリーのタペストリーブロッキング第二弾が直営店限定で登場
【先着で豪華プレゼントも】ナンガの2020年秋冬モデルの先行予約の受付がスタート!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!