【キャンプでせんべろ】100円缶詰で作った「おつまみ3品」でグイ呑みタイム

2020/01/16 更新

ソロキャンプで「せんべろ」を叶えるべく、缶詰を使った簡単でコスパのいい料理にチャレンジしてみました。誰でも気軽に挑戦できる3つのメニューを作ってみましたが、果たして総額は?そして実際にべろべろになれるのか!?


記事中撮影:筆者

自分だけの酒場、オープン!


キャンプに出かける目的はさまざま。中には「キャンプには旨いお酒を飲みに来ているようなもの!」と、言い切っちゃうほどのキャンパーさんも多いのでは? 野外で飲むお酒はそれほどに魅力的です。


日帰りBBQだと運転の関係で飲めないこともありますが、キャンプであれば時間を気にすることなく自分のタイミングでグイッと飲めます。ソロキャンプならなおさら!


今回は、美味しさと価格の安さ重視の「せんべろ」にこだわってソロ晩酌をしてみたいと思います。

ちなみに、せんべろとは「1,000円でべろべろに酔えるような価格帯の酒場」の呼び方。では、せんべろ酒場のスタートです!


お酒は安くてアルコール度数の高いものをチョイス!


低コストでしっかり酔えるお酒(チューハイ)を2本選び、ここで141円×2=282円を消費しました。しっかり1,000円以内になるよう計算していきます。

では、残り718円でおつまみを3品作ります!

頼るのは、100円缶詰たち!


主軸となるのは缶詰たち。とはいえ、缶詰を開けて食べて飲んで終わりではさみしいので、ひと手間加えたワガママ趣向にしましょう。

せんべろレシピ① コーンマヨバター


1品目は失敗などあろうはずがない、コーン缶を使ってみました。


コーンは「肉のハナマサ」でプロ仕様の缶詰を購入。なんと340gもあるのに79円で入手できました! なんという良コスパ……。




マヨネーズとバターは、前回のキャンプで余っていたものを持ち込んできたので0円ですが、ここはしっかり計算して加算していきます。バターは1箱228円(1個7gのキューブタイプが8個入り)。2個使用したので57円です。

マヨネーズは50gのものなら63円で購入できますので、199円でいただけます。


水を切ってコーンをシェラカップに盛ってバターをオン! あとはじっくり火にかけるだけで出来上がりです。


火を止めてマヨネーズをかけます。最後に味のアクセントとしてブラックペッパーを振りました。

このブラックペッパーは調味料ボックスに常備しているもので、多くのキャンパーが家で持っていると想定されるので、ここは0円とさせていただきます!

せんべろレシピ② サラダチキンのカリカリ梅和え


続けて、サラダチキンを使った一品を作っていきます。


サラダチキンと言えばコンビニパウチのイメージが強いかもしれませんが、「ローソンストア100」では缶詰バージョンもあります。つまみということで、ガーリック味をチョイスしました。お値段は当然100円


缶詰のほかに使う材料は、1粒個包装タイプの「梅しば」です。1個34円を2つ購入してたったの68円

じつはこのカリカリ梅、お菓子としてだけじゃなく料理の具材としても優秀なんです。


まずは梅しばを刻んでいきます。


そして、サラダチキンと和えるだけ。本当にひと手間すぎましたね。


見栄えの役割も兼ねて、こちらもブラックペッパーをかけていきます。サラダチキンとカリカリ梅のコラボレーション、どんな味になるのでしょうか……? 味のレポートは最後にご紹介します。


せんべろレシピ③ チーズのっけガパオチキンバジル


ラスト3品目は、ガパオチキンバジル缶を使ったレシピ。そして、酒飲みの友、チーズを使っていきます!


こちらの缶詰、バジルの味付けがされた鶏そぼろがたっぷり入っていて、ナンプラーの香りが本格的。これで100円って、いなばさんおそるべしですよね。


チーズは「とろけるクッキングチーズミックス(70g)」を使用。このシェラカップ一杯分のちょうどいい量が、100円とお手ごろに入手できました。缶詰と合計して200円


ガパオをシェラカップに移して、火にかけます。


熱していくとさらにナンプラーの香りが立ち、食欲を刺激させる……!


ガパオがグツグツしてきたら、チーズを加えます。どんどん溶けて飲み込まれていくので、ありったけ追加投入していきましょう。

ナンプラーの香りが封じ込められていく代わりにチーズの香りが漂ってきますよ。


バーナーの火を止め、見栄えのために、上からガストーチでチーズを炙って完成です。

ではでは、いただきます


出来上がりを少しつまんではいました(味見です)が、改めまして酒場オープンです。


まずは失敗知らずのコーンマヨバター。安定の美味しさです。マヨネーズとブラックペッパーのおかげで、お酒が進む進む。

そして340gのコーンは食べ応えがあり、ボリュームは1位決定!


お次はサラダチキンのカリカリ梅和え。ガーリック味のおかげでこれもお酒との相性バッチリ。梅の食感も相まって、絶妙なさっぱり系おつまみに。

梅水晶の代わりにお通しで出てきても文句ない仕上がりです。


最後は、チーズのっけガパオチキンバジルをいただきます。チーズが伸びる伸びる!

ガパオの特徴的な唐辛子の辛さをチーズが中和してくれて、適度なスパイスを感じながらグイグイお酒が進む一品になりました。

せんべろレシピの合計金額

チューハイ2缶 282円
コーンマヨバター(マヨネーズとバター含む)199円
サラダチキンのカリカリ梅和え 168円
チーズのっけガパオチキンバジル 200円
合計:849円!

いい感じのソロキャンプとなりました


今回挑戦してみた、せんべろレシピ。ちょっとマヨネーズとチーズに頼りすぎな感は否めませんが、一軒目としては十分すぎる酒場となりました。

結局1,000円どころかお酒2本と3レシピで150円も余らすことになりましたので、さらにもう1本飲める計算です。3本飲めば、お酒の弱い方なら本当にべろべろでしょうね。


1,000円以内でここまで楽しめるのなら、キャンプに限らず家での晩酌でも楽しめそうです。お店に行ってみると100円缶詰もけっこう種類が豊富なので、いろいろ試してみたくなりますよ。

「せんべろ」に限らず、なにかしら自分なりのルールを定めて楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
フィグインク

浅草を所在地とする編集プロダクション。主にキャンプ・アウトドア関連の出版物の編集・制作を行う。また、料理や健康など生活実用ジャンルの本も多く手掛ける。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!