街でもアウトドアでもイケる!大人の着回し講座【バーサライトジャケット・メンズ編】

2020/03/03 更新

一着のアウトドアウエアで3つのコーディネートパターンを見せる着回し企画始動!第一回目はモンベルの「バーサライトジャケット」(メンズ編)。軽量・高機能の定番アウターを使って、人気スタイリストがシーン・テーマ別の着こなしを披露します!


アイキャッチ・記事中画像撮影:菊池晶太

ワンアイテム着回し企画始動!


アウトドアアクティビティを楽しむなら、ウエアも機能重視で選びたいもの。でもスペックと値段はたいてい比例するし、月に数回の出番しかないのに費用対効果ってどうなの? と思ってしまう方のために、アウトドアウエアを街でも活躍させる着回し術をお届けします!

指南役はこの方 スタイリスト 佐々木智之さん

プロフィール:アウトドアファッションをコンセプトとした『GO OUT』を始め、メンズファッション誌を中心に、ブランドが手掛けるムービーのディレクション、撮影なども行う。プライベートではキャンプや登山、ハイキングといったアウトドアアクティビティにも精通する。
ハイブランドを取り入れたコーディネートもお手の物ですが、ここでは機能重視のアウトドア派にとって身近なウェアを使った、おしゃれなスタイリングのコツを教えてただきます。

佐々木さん流!コーディネートのコツ

ポイントは、色使いとギア感のバランス。ウエア自体は落ち着いたトーンでも小物や色柄でビビットなカラーをプラスすると、こなれて見えます。

また、機能素材を使ったバックパックやシューズなどを“ギア”っぽい感覚で取り入れるのも、ファッション的には面白いと思います。

そんなコツをおさえつつ、今回は定番アウトドアウエアをスタイリッシュに着こなす3つのコーディネートパターンをご紹介いただきます。

着まわすのは…モンベル「バーサライトジャケット」


極薄シェル素材を使った高機能ジャケット。平均134gという軽さに加えコンパクト性を実現し、軽装備で山遊びを楽しむウルトラライトなレインウエアとしても大いに活躍してくれる人気モデルです。

アウトドアユースなイメージが強いアイテムですが、果たしてこれを使ってどんな着回しができるのでしょうか?


まずはディテールをチェック!


高い透湿性を誇るハイテク素材採用という点をはじめ、ディテールの細やかな作り込みなど様々なポイントにおいて高評価を得ているこのジャケット。

フードにはワイヤーが仕込まれていて自在にカタチを変えることができるため、雨天時はキャップのツバのように立たせることも可能です。
フロントファスナーは止水仕様で、雨の侵入をガード。夜間光に反射するリフレクターテープが両サイドに施され、スライダー部分に使用されたオレンジのパーツはデザイン的にもアクセントとなっています。

アウトシェルには超軽量の防水透湿素材「ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー ファブリクス」を採用。スリーブ部分には高性能を後押しする「GORE®️ WINDSTOPPER®️」の表記がプリントされています。

モンベル「バーサライトジャケット」について詳細はこちら

そんな本格アウトドアウェアをどうアレンジして着こなしていくのか、さっそく3パターンの着回しスタートです!

Scene1:アウトドアテイストを挿しこんだ“キレイめタウンユーススタイル”

パーカ¥16,060/モンベル(モンベル・カスタマー・サービス Tel:06-6536-5740)、カーディガン¥19,800、パンツ¥18,700/ともにスティル バイ ハンド(スタイルデパートメント Tel:03-5784-5430)、シャツ¥31,680/レインメーカー(レインメーカー Tel:075-708-2280)、シューズ¥50,600/リーガル シュー&カンパニー(リーガル シュー&カンパニー Tel:03-5459-3135)

インナーはシャツとカーディガンですが、アウターはジャケットではなくバーサライトジャケットにしてラフな印象に。スラックス調のボトムスにレザーシューズを合わせ、モノトーンで統一しシンプルに仕上げました。

ほどよくアウトドアライクなシューズでバランスよく

シューズ¥50,600/リーガル シュー&カンパニー(リーガル シュー&カンパニー Tel:03-5459-3135)
足元は、リーガルのチロリアンシューズで玄人感を。アルプス・チロル地方で履かれていた伝統的な靴「チロリアンブーツ」をベースとしたシューズです。

本来は登山靴製法によって作られたアウトドアシューズですが、その質実剛健な作りと街履きにもフィットするデザインからからタウンユースアイテムとしても人気。そのバックボーンを知りつつ、アウトドアアイテムとのコーディネイトにさりげなく取り入れるのもポイントです。

Scene2:アウトドアな雰囲気を盛り上げる“アクティブスタイル”

パーカ¥16,060/モンベル(モンベル・カスタマー・サービス Tel:06-6536-5740)、フリース¥9,790/グリップスワニー(スワニー販売 Tel:03-3306-1411)、パンツ¥1,2100/マナスタッシュ(ビーバー渋谷店 Tel:03-5728-2288)、キャップ¥7,590/ハロコモディティ(ランチ Tel:03-5708-5718)、バックパック¥18,700/トレイルバム(ソーズカンパニー Tel:03-5724-5712)、スニーカー¥17,600/イノヴェイト(デサント トウキョウ Tel:03-6804-6332)

バーサライトジャケットに合わせてボトムスもブラックに。小物のキャップやシューズもブラックで統一しつつ、インナーはファスナーのオレンジと相性の良いややトーンの明るいネイビーを選ぶなど、重くなり過ぎないようにしています。

アイテム同士を“素材”でリンクさせる上級テク!


スタイリングのポイントは、バーサライトジャケットのブラックを基調としたコーディネートながらも、パンツとバックパックの素材を統一している点。

今シーズントレンドのスペクトラ×グリッドストップ生地採用のバックパックと、それに合わせてパンツはリップストップナイロン。ボトムスと見え方をリンクさせることで統一感もありますね。

スペクトラファイバーは米軍規格のミルスペックの基準を満たしており、強靭で軽量な素材としても有名。そんな耐久性の高い素材はヘビーに使用するアウトドアギアとして本気度を増してくれますし、ちょっとした玄人感を演出してくれるはずです。

Scene3:これからのシーズンも活用できる“冬のタウンウェアスタイル”

パーカ¥16,060/モンベル(モンベル・カスタマー・サービス Tel:06-6536-5740)、ダウンベスト¥27,500/コムフィ(ロストヒルズ Tel:03-6809-5582)、スウェット¥18,480、パンツ¥30,800/ともにユナイタス(スタディ ショールーム Tel:06-6948-6093)、バックパック¥26,400/グレゴリー(グレゴリー/サムソナイト・ジャパン Tel:0800-12-36910)、スニーカー¥29,480/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド Tel:03-6434-7418)、その他スタイリスト私物
アクティブに動くための軽量ジャケットなので、これからの季節に着るには保温性が少々不安……。でもせっかく持っているなら、通年着回したいというのも本音です!

真冬も取り入れるなら、インナーダウンで保温力を高めることが必須でしょう。ボトムスにはゆったりとしたチノやワークパンツなどをコーディネイトし、インナーはスウェットを合わせリラックス感を演出することでカジュアルな印象に。

シューズはアウトドアブーツだと重すぎてライトなトップスには不釣り合いなので、スニーカーで軽快さを表現しました。

フロントファスナーのオレンジを小物でキャッチ!


ディテール紹介でクローズアップしたフロントファスナーのオレンジは、コーディネイトのポイントにもなるのだそう。

ブラックコーデのアクセントとなるフロントファスナーのオレンジを、同色のニットキャップでさりげなくリンクさせています。細かなパーツ使いやディテールをフィーチャーすることでバランス良いカラーコーディネイトを作ってあげるのも、お洒落感を演出するのに大切なポイントです。

着回しができればファッション上級者!


フィールドではもちろん、ワードローブのひとつとしてもっと活躍してくれれば嬉しいアウトドアウエア。タウンユースのカジュアルスタイルやキレイめコーデにだって、バーサライトジャケットは相性抜群なんです。

スタイリッシュかどうかが大前提となる着回し術ですが、まずは普段のファッションに気軽にアウトドアテイストを取り入れてみましょう。アイテムはバックボーン・ディテールなどに注意しつつ選べば、徐々に着回しの感覚を掴むことができるはずです。

モンベル「バーサライトジャケット」について詳細はこちら

カメラ/菊池晶太

ヘア&メイク/高橋将氣

モデル/岩本大樹(LIGHT management)


記事を読んで「バーサライトジャケット」を使った着回しコーデに興味を持ちましたか?

回答ありがとうございます。

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

大手アパレルショップ勤務後、ファッション誌やカルチャー誌を中心に編集者としての経験を積み、現在はフリーランスで編集執筆業に勤しむ。釣り、酒、料理やクルマ、バイク、ギア系など男子の好きなモノが大好物。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!