まだ間に合う!今から買うべきゴアテックス搭載ダウンは、この4着が狙い目【アウトドア通信.510】

2019/12/02 更新

冬のワードローブからキャンプスタイルまで、これからの季節に大活躍するアウターといえば、ダウンジャケット。しかし外遊び好きなら雨風にも強い機能的な一着を選びたいですよね。そこでゴアテックス ファブリクスを取り入れた注目のモデルを紹介します。


ゴアテックス ファブリクスを採用したダウンはキャンプに最適


ハイレベルな機能性と保温力を誇るゴアテックスファブリクス搭載ダウンジャケットですが、様々なブランドからリリースされているため、どのモデルを買えばいいか迷うことも。

やっぱり高価なアイテムなので、慎重に選びたいですよね。そこで数ある機能性ダウンから、今季狙うべき4着のモデルを紹介します。キーワードは防風性に優れた「ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー®」にあり!

「ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー®」はココが凄い


「ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー®」は、防風性に優れ、耐水性と透湿性も備えたプロダクトテクノロジー。そしてじつはキャンプとも親和性が高い素材なのです。

強風にも対応する優れた防風性を発揮

冬キャンプでは木枯らしが吹き荒れることも珍しくありません。しかし強風にも対応する優れた防風性を誇るため、真冬のテントサイトを直撃する冷たい風もシャットアウトしてくれます。

抜群の着心地と高い透湿性を実現

汗の水蒸気を排出する孔が無数に空いた革新的なメンブレンを採用しているため、ジャケットを羽織ったままテントやタープを設営しても蒸れません。しかも着心地がソフトなので、着用したままリラックスもできます。

小雨や雪程度なら余裕の耐水性を装備

極薄素材ながら小雨や雪程度なら余裕でカバーできる耐水性を実現。登山ならちょっと心配かもしれないけど、日常やキャンプならそれでも充分ですよね。しかもほとんどのアイテムの表面には耐久撥水加工も施されているから水滴も残りません。

ということで、今回は「ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー®」を搭載し、なおかつデザイン的にもプライス的にも魅力的なダウンジャケットを厳選紹介します。

THE NORTH FACE「ノベルティウインドストッパーブルックスレンジライトパーカ」


ザ・ノース・フェイスの60年代の名作ダウン、ブルックスレンジのデザインを踏襲した一着。「ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー®」に加え、中綿にはクリーンダウン®光電子®をたっぷりと封入されています。

クラシックなディテールながらテクノロジーが詰まったダウンジャケットは、オーセンティックなキャンプスタイルを演出しながらも快適な着心地が楽しめますよ。

【ノベルティウインドストッパーブルックスレンジライトパーカ】
価格:¥74.000(税抜)
アイテム詳細はこちら

mont-bell「イグニスダウン パーカ」


1000FPを誇るダウンジャケットながら、「ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー®ファブリクス」を採用することで、軽量かつ薄手の作りを実現。街でもキャンプ場でも映える、独自のキルテイングパターンも魅力です。

内側にも大きなポケットが搭載されていたり、コンパクトに収納できる専用スタッフサックも付いていたり、アウトドアシーンで活躍するギミックも満載です。

【イグニスダウン パーカ】
価格:¥33,000(税抜)
アイテム詳細はこちら

AIGLE「テルナン ジャケット」


ミリタリージャケットのN-3Bを彷彿とさせるタフなデザインながら、爽やかなミコノスカラーで仕上げた、フレンチアウトドアブランドらしい一着。脱着式フードやインナーカフなど、幅広いシーンに対応する機能性もあります。

重くなりがちな冬コーデやキャンプスタイルも、こんなライトカラーの機能美アウターがあれば、周りと差をつけることができそう。

【テルナン ジャケット】
価格:¥54,000(税抜)
アイテム詳細はこちら

WOOLRICH「リッチズ ジャスパー ダウンパーカ」


最後は、老舗ブランドのウールリッチから登場したボリューム感のあるハイエンドモデル。ほどよくレトロなデザインに、ポリエステル/ナイロンのリップストップ生地がスポーティな印象をプラスしています。

両サイドのポケットは立体的なので、見た目以上に大容量。これならグローブやヘッドライトを収納してもまだまだ余裕がありそうですね。

【リッチズ ジャスパー ダウンパーカ】
価格:¥79,000(税抜)
アイテム詳細はこちら

今回紹介したゴアテックスインフィニアム™️ウィンドストッパー®︎ファブリクス搭載ダウンは、キャンプはもちろん街着としても重宝する洗練されたモデルばかりです。冬のワードローブが決まってないなら、まだ間に合うのでテクノロジー搭載ウェアを探してみてはいかがでしょう。

ゴアテックスブランド公式サイトはこちら
ゴアテックスファブリクス搭載アウターウェアはこちら

CAMP HACKトップはこちら
CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!