CAMP HACK[キャンプハック]


焚き火LOVEな先輩キャンパー3人が教える!これがオレの三種の神器 | 2ページ目

0


【三種の神器 其の一】サンゾクマウンテンのデルタス

サンゾクマウンテンのデルタス
提供:38explore
3年前に購入して以来、焚き火の時に欠かさず使っているというのがサンゾクマウンテンの「デルタス」(購入時価格:4万円前後)。アイアン素材でできた三角形の天板3枚と、長さの違う脚計18本がセットになった同ブランドの人気モデルです。

コンパクトにまとまるので積載に優しく、アイディア次第で用途は無限大です! 焚き火まわりで使うサイドテーブルとして、熱々のケトルや薪を置いたりするのはもちろん、シーズニングを行えばグリルとしても使えます。

先日は車がスタックしたときに助けられました(笑)。使い方はご想像にお任せします……。

「デルタス」について詳細はこちら

【三種の神器 其の二】アイアンクラフトのアイアンプレート

アイアンクラフトのアイアンプレート
提供:38explore
焚き火調理の相棒として挙げてくれたのが、アイアンクラフトの「アイアンプレート」(購入時価格:1万8000円)。鍛造製法で作られた鉄のフライパンはスキレットよりも薄くて軽く、強いのが特徴。

熱伝導性が良く冷めにくいので、一気に加熱をするステーキや水気を出したくない食材の調理に適しています。

焚き火で熱々にして、ごっついステーキ肉をドン! 両面を短時間で焼き上げたら、焚き火から外してそのまま放置します。すると、安い肉でも激ウマに変身してくれるんです。

「アイアンプレート」について詳細はこちら

【三種の神器 其の三】38exploreのA38grate

38exploreのA38grate
提供:@38explore
3つめは今秋にリリースしたばかりの、38exploreとアシモクラフトのコラボレーションで誕生した「A38grate」(販売価格:1万6000円)。

小さなサイドテーブルとしてはもちろん、ウッド部分を外せばバーナースタンドに、スチールの天板部分は焚き火台の五徳としても使える一石三鳥なアイディア商品です。

「こういうのがあったらいいな!」という思いをカタチにした商品です。これが完成してからは、キャンプに持ち込む焚き火道具が減りました。ソロキャンパーには特にオススメしたいアイテムです。

「A38grate」について問い合わせはこちら

オレの三種の神器~OUTDOOR SHOP DECEMBER 菊地大二郎さんの場合~

菊地大二郎さん
撮影:比留間保裕
続いての先輩は、山形発の人気アウトドアショップ「OUTDOOR SHOP DECEMBER(以下、DECEMBER)」のオーナー・菊地大二郎さん。アウトドア好きが高じて東京から山形へ移住し、現在はショップ運営の傍ら、狩猟やキャンプといった趣味を謳歌されています。

ご自身のブランド「ダイス」も人気で、いずれも菊地さんの“欲しい”をカタチにしたもの。そんなこだわり派の菊地さんの必携アイテムがこちらです。

【三種の神器 其の一】スノーピークの焚火台M

スノーピークの焚火台M
提供:OUTDOOR SHOP DECEMBER
10年以上前に購入したスノーピークの「焚火台M」(購入時価格:1万2000円前後)は、いまでもキャンプの現役選手。当時は焚き火台という商品自体が少なく、限られた選択肢から選んだというのが購入経緯だそうです。

コンパクトに折りたためるので、気軽に持っていけるんです。Mは大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズ。シンプルなデザインで頑丈。ラフに扱ってもなんともないところが気に入っています。

スノーピーク 焚火台 M

●サイズ:350×350×248mm
●収納サイズ:450×515×32mm
●重量:3.5kg

【三種の神器 其の二】ダイスのギア&ログキャリー Mサイズ

ダイスのギア&ログキャリー Mサイズ
提供:OUTDOOR SHOP DECEMBER
2つめは6年前から愛用しているダイスの「ギア&ログキャリー Mサイズ」(販売価格:1万1900円)。

ダイスはDECEMBERのオリジナルブランドで、このキャリーは菊地さんがアウトドアでの“運ぶ”にこだわって製作した逸品。持ち手部分には削り出しの楢(なら)を使うなど、シンプルながらディテールにこだわって作られています。

ボックス型のシンプルなデザインで、薪を運ぶという行為を忠実にこなしてくれます。布製で軽量でありながら自立するので、運搬だけでなくストッカーとしても機能してくれます。

「ギア&ログキャリー」について詳細はこちら

関連記事