元コールマン店員も「マジでこれ良かった」とおすすめする隠れた名品6つ

2020/08/11 更新

ランタンやクーラーボックスにテントなどオールジャンルのキャンプ用品を扱う、業界最大手のブランド「コールマン」。製品ラインナップは多岐に渡り、全て把握するのは困難なほどです。そこで今回、定番どころは避けて、便利だけど意外と知られていないアイテムにスポットライトを当ててご紹介します!


アイキャッチ画像出典:Instagram by @northfoxgoo

コールマンの定番以外のアイテムに注目!

出典:Coleman
ランタンのロゴマークでおなじみの「コールマン」といえば、キャンプ用品がほとんど揃えられるほど、ラインナップが豊富です。人気アイテムも数多くあります。

でも、中には主力アイテムから比べると少し知名度が劣ってしまう地味な名品があるんです。

元スタッフが教える!こんな便利アイテムがあるんです

出典:Instagram by @coleman_japan
今回、元コールマンショップスタッフの編集部員が“少し地味だけど、超おすすめ”な6つのアイテムをご紹介。コールマン好きの方なら、持っているアイテムがあるかも? スタッフ目線で選ばれたアイテムたちを、さっそく見ていきましょう!

人気定番品と比べると知名度低め…けど知ると欲しくなるアイテム6選

①煙が漏れにくいコンパクトスモーカー

出典:Instagram by @casval_camp
お手軽に燻製が楽しめる直径約23.5cmの「コンパクトスモーカー」。名前の通り大きすぎないサイズ感ながら、網を2段設置できるので、ソロからファミリーまで使いやすいのが特徴です。
出典:Coleman
おすすめポイントは、鍋の淵に水を入れ、煙が漏れないようにする「シーリング構造」! 燻製の匂いが外に漏れにくいので、換気しながら自宅のコンロで燻製を楽しむ方も。手軽に本格的な燻製が楽しめますよ。
ITEM
コールマン コンパクトスモーカー
●サイズ:直径23.5×20(h)cm
●重量:約835g
●材質:ステンレス、他

②ゴミ箱や小物入れとして活躍する、ポップアップボックス

出典:Instagram by @himawari2363
直径30cmの使いやすいサイズで自立もしてくれる「ポップアップボックス」は、多用途で活躍するアイテムです。定番の使い方はゴミ箱としてですが、他にも薪を入れたり、自宅ではランドリーボックスやおもちゃ入れにも。
出典:Coleman
畳むと、厚さ約9cmほどに収まるため、持ち運びが楽々。他にも、テーブルなどのフレームにポップアップボックスを固定するベルクロテープや、ボックス内にビニール袋を留めるためのクリップなど、痒いところに手が届く工夫がたくさんあります!
ITEM
コールマン ポップアップボックス
●サイズ:直径約30×36(h)cm
●収納サイズ:直径約30×9(h)cm
●重量:約500g
●素材:本体/ポリエステル、PVC

このバケツ自体が自立するので、キャンプで使用中の長いモノ、火吹き棒やトングなどを一時的に置いておくのにとても重宝しています。バイクで行くことが多いので、コンパクトに畳めるのもいいです。


③コーヒー好き必見!繰り返し使えるステンレスドリッパー

出典:Coleman
インスタントも悪くないけど、やっぱりドリップコーヒーが好き! という方に試してもらいたいのが、こちらの「パルテノンコーヒードリッパー」。ペーパーフィルター不要のエコな一品です。ステンレスがむき出しのスタイリッシュな見た目も◎。

出典:Coleman
使い方はとっても簡単。ステンレスフィルターの上に豆を入れ、穴の開いた上蓋をかぶせたらお湯を注ぐだけ。

穴から均等にお湯が落ちるので、ムラなくドリップできる優れものです。コーヒー豆は、細かすぎてメッシュから落ちてしまわないように中挽き〜粗挽きがおすすめですよ。

ITEM
コールマン パルテノンコーヒードリッパー
●サイズ:約9.5(直径)×7(h)cm
●重量:約150g
●材質:ステンレス

淹れ方の工夫で味も変わるのでしょうけれど、薄めが好みでしたら何も考えず、パッケージの記載通りに粉を入れて穴あき皿のせて、だーっとお湯を注ぐだけで済むのですからおすすめです。


④雨の撤収時に役立つ、大容量の防水バッグ

出典:Instagram by @u.g.f
こちらも隠れた名品「アウトドアドライバッグ」。開け閉めは、くるくるロールアップするだけの簡単仕様です。Lサイズは直径約40cm×高さ95cm、Mサイズは直径約28cm×高さ61cm。

出典:Coleman
活躍するシチェーションは、雨の日の撤収! 防滴仕様なので、濡れたテントやタープをひとまず丸めて入れておけば、車内がびしょびしょになることもなく、撤収が楽々。

Lサイズなら、大型のテントでも収まります。焚き火の匂いがついた衣類も、このバッグに入れれば臭いをシャットアウトしてくれますよ。

出典:Instagram by @daipanda0517
こんなナイスな使い方を発見! トヨトミの「レインボーストーブ」がアウトドアドライバッグにちょうどぴったりサイズなんです! アイディア次第で、他にもいろいろな使い方ができそうですね。

ITEM
コールマン アウトドアドライバッグ L
●使用時サイズ:約φ40×95 (h)cm
●収納時サイズ:約35×20cm
●容量:約110L
●重量:約770g
●材質:PVC

コールマンの大型スクリーンタープ(タフスクリーンタープ400)も簡単に収納できました!
濡れる心配がある時には必需品ですね。濡れていても素早く収納できますし、車内も濡れずに済みます。



ITEM
コールマン アウトドアドライバッグ M
●使用時サイズ:約φ28×61(h)cm
●収納時サイズ:約25×15.5cm
●容量:約35L
●重量:約390g
●材質:PVC

2枚目です。行きは薪を入れ、帰りは濡れた物や汚れ物を収納。使いやすい大きさで使用頻度高いです。



⑤夏でも快適に過ごせるポップアップテント

出典:Coleman
「クイックアップドーム」は、名前の通りポップアップ式でとにかく設営が簡単。広げるだけで自立するので、あとはペグを打って、フライシートを被せたら完成。テント設営に自信のない方、面倒くさがりな方でもOK!
出典:Coleman
「ダークルームテクノロジー」を採用しており、光を90%以上ブロック。昼間でもテント内を暗く保てます。夏キャンプなど朝日が眩しくて早起きしてしまう方におすすめです。くれぐれも寝坊にはご注意を!
出典:Coleman
収納は8の字にねじって畳むだけ、直径60cm×高さ6cmほどに収まります。バイクで運ぶにはちょっと大きいですが、車なら全く問題のないサイズ感。1人用と2人用の2サイズ展開です。

ITEM
コールマン) クイックアップドーム/S+
●インナーサイズ:約210×120×100(h)cm
●収納時サイズ:約φ60×6cm
●重量:約3.5kg
●耐水圧:約3000mm(フロア:約1500mm)
●定員:1人用

設営すごい簡単です。一回予習しましたがすぐに設営できました。撤収も簡単。ソロであれば充分な広さです。子供と二人でキャンプに行き一緒に入って余裕でした。



ITEM
コールマン クイックアップドーム/W+
●インナーサイズ:約210×180×110(h)cm
●収納時サイズ:約φ68×6cm
●重量:約3.9kg
●耐水圧:約3000mm(フロア:約1500mm)
●定員:2人用

通常、炎天下の中で、テント内は外気よりかなり上昇しますが、このテントは外気温より低くなります。設営も簡単です。




⑥いざというときのために!アウトドアワゴンのレインカバー

出典:Coleman
愛用している方も多い、コールマンの「アウトドアワゴン」。すごく便利だけれど、雨が降ってしまうと中身もずぶ濡れに……。そんなときは、この専用のレインカバーを被せましょう! 濡れから守るだけでなく、荷物の目隠しもしてくれるおすすめのアイテムです。

ITEM
コールマン アウトドアワゴンレインカバー
●サイズ:H36×cmW97×cmD50cm
●重量:約0.2kg
●素材:ポリエステル
●耐水圧:2,000mm

雨の日はもちろん、目隠しにもなるのでいつも本体と一緒に持ち歩いています。


名品だらけのコールマン!愛用中のギアはありましたか?

出典:Instagram by @coleman_japan
定番商品の影に隠れてはいるものの、名品と呼ぶにふさわしい機能性をもったアイテムたち。購入を迷っているアイテムがあった方もいるのでは? 今回ご紹介したのは、元スタッフとして自信をもっておすすめしたいものばかりなので、ぜひ一度、手にとってみてくださいね!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


紹介されたアイテム

コールマン コンパクトスモーカー
コールマン ポップアップボックス
コールマン パルテノンコーヒードリッパー
コールマン アウトドアドライバッグ L
コールマン アウトドアドライバッグ M
コールマン) クイックアップドーム/S+
コールマン クイックアップドーム/W+
コールマン アウトドアワゴンレインカバー
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

» コールマンの高価買取なら買うトドア

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!