CAMP HACK[キャンプハック]


【開封レビュー】コンパクトLEDライトの新定番!?「FORE_(フォア)」の実力を検証

0


ディテールをチェック!

いざ開封!

FORE_LED LIGHT
製品を取り出しましょう。まるでインテリア小物や雑貨のような、おしゃれなパッケージですね。早くも気分がいいです。

FORE_LED LIGHT
すべて取り出しました。内容物は本体、カラビナ、USBケーブル、説明書。

FORE_LED LIGHT
手との比較で、本体のサイズ感をご確認ください。スティック型で、非常に持ち運びやすい形状。サコッシュやポーチに無理なく入れておくことができるでしょう。サイズは約Φ36×143mm、重量は約135g。

随所に見られる気配り

FORE_LED LIGHT
本体上部にはハンガーが。使用時に何かに引っ掛けてもいいし、カラビナを通せばパラコードに設置したり、バックパックに吊るして持ち運ぶこともできます。

FORE_LED LIGHT
おしゃれ感のあるカラビナが付属。こう見えてプラスチック製ではなく、チタンが採用されています。「チタン」という響きだけで、とてもありがたい付属品に思えてきました。

FORE_LED LIGHT
ボディには転がり防止のエッジが。こうした細かい気配りがあるかどうかで、ギアの使い心地は大きく変わってくるもの。さきほどのカラビナの素材といい、FORE_というブランド、只者ではないかもしれません。

底面に充電&給電ポート

FORE_LED LIGHT
底面の蓋を外すと、充電ポート&給電ポートが現れました。MicroUSBポートで充電を、USBポートで給電を行います。電池は容量2,600mAhのリチウムイオンバッテリー(パナソニック製)、約500回充電することができます。

FORE_LED LIGHT
付属のUSBケーブルがこちら。充電したいガジェットがUSB Type-CやLightningに対応する場合は、変換アダプタやケーブルを別に用意する必要があります。

明るさは3段階

FORE_LED LIGHT
実際に点灯させてみましょう。スイッチはボディ上部の中央にあるラバー部分。ここを押すことでON/OFFと明るさの調整を行うことができます。

FORE_LED LIGHT
1度だけ押すと、一番暗いモードで点灯。明るさは10ルーメン、この状態ならバッテリーは約60時間保ちます。

FORE_LED LIGHT
もう1度押すと、中くらいの明るさに。明るさは30ルーメンで、持続時間は約26時間。

FORE_LED LIGHT
3度プッシュすると、最大の光量となります。100ルーメンの明るさで、約8時間の連続点灯が可能。

しかしこうして順に段階を追うと、明るさの違いがわかりにくいもの。ライト手前のテーブル面に注目して、もう一度見返してみてください。

FORE_LED LIGHT
4度目のプッシュで消灯。しかし消灯させるために必ずしも最大光量を通過する必要はなく、どの明るさの状態でも、長押しすれば消灯となります。

ちなみに消灯時にはバッテリーの残量インジケータが数秒間、点灯します。フル充電の状態なら4つ、写真はバッテリー残量が半分ほどであることを示しています。

FORE_ LED Light Small

●サイズ:約36mm × 143mm
●質量:約135g
●点灯時間:弱(10ルーメン) 約60時間 中(30ルーメン) 約26時間 強(100ルーメン) 約8時間
●使用電池:専用リチウムイオン充電電池(3.7V 2,600mAh)
●充電時間約6時間 (5V, 1Aアダプター使用時)
●充電回数:約500回
●防水性能: IP68準拠


実際にキャンプで使ってみた

FORE_LED LIGHT
いじり回した段階で、もうすでに気に入っている当製品ですが、実際にキャンプに持って行って使ってみました。IP68準拠という防塵・防水性能、そして使い勝手をレポートします。

関連記事