CAMP HACK[キャンプハック]


プリムスのど定番「153ウルトラバーナー」がやっぱり買い?他の候補と比較! | 3ページ目

0


キャンプにも使える!分離型バーナーもチェック

これまでは、ガスカートリッジにゴトク部分を直接接続するモデルをご紹介しましたが、今度はガスカートリッジとゴトクをホースで繋ぐ、分離型バーナーをご紹介します。

ウルトラ・スパイダーストーブⅡ

ウルトラ・スパイダー・ストーブⅡ 153ウルトラバーナーと同じX字型ゴトクで、防風性能をアップ! ゴトクと脚部を一体化させたことで、低重心による安定感があります。広口のクッカーやフライパンを使った調理も安心して出来るので、シングルバーナーに比べると料理のレパートリーが増えそうですね。
【スペック】
●出力:3.6kW/3,000kcal/h(250Tガス使用時)
●ガス消費量:210g/h
●燃焼時間:約65分(IP-250ガス使用時)
●ゴトク径:大168mm/小118mm
●収納サイズ:9.3×10.0×3.5cm
●本体重量:167g

エクスプレス・スパイダーストーブⅡ

エクスプレス・スパイダーストーブⅡ 重心が低く、ゴトクも大きめに作られているエクスプレス・スパイダーストーブⅡ。バーナーヘッドの周りに巡らせたプレヒートパイプが、燃料の気化を促進してくれるので、高山や寒冷地での使用を考えている方におススメです。

●出力:3.6kW/3,000kcal/h(250Tガス使用時)
●ガス消費量:210g/h
●燃焼時間:約65分(IP-250ガス使用時)
●ゴトク径:大168mm/小118mm
●収納サイズ:9.3×10.0×3.5cm
●本体重量:167g


分離型バーナーを選ぶメリットは?

分離型バーナーの特徴として、ゴトク部分を大きくし低重心化することで、より安定性を高めています。また、2口のゴトクにガスを分配することもできるので、使い方の幅がシングルよりも広がるでしょう。

また、ガス缶爆発の危険性があるため、シングルバーナーでは使用ができない鋳鉄製品も、分離型であればOK。安定感の高いバーナーで調理を楽しみたい方におススメです。
▼分離型バーナーについて詳しく知りたい方はこちら!

ガスカートリッジについて

イワタニガスカートリッジ プリムスのガスカートリッジは、キャンプでアウトドアで使用されるブタンガスを主燃料とし、プロパンガスなどがブレンドされて作られています。

使用するガスカートリッジは、ガス比率の違いで異なってきます。例えば、「春・夏用のノーマルガス。気温の下がる冬期は、ガスの気化効率をあげて使いやすくするため、オールシーズン用のハイパワーガス」というように、目的や使用シーンによって最適なカートリッジを変える必要があるのです。

消費期限について

イワタニ・プリムス なんと、ガスカートリッジには消費期限が設定されていません。

そもそも、ガス自体は劣化しないもの。しかしカートリッジ缶の腐食、バルブ部分に使用されているOリング(ガス漏れ防止用のゴム)の劣化など、容器に影響があると、結果的にガス漏れを招いてしまう恐れがあります。

火災を未然防止するために早めに使い切るのが得策です。イワタニ・プリムスの公式HPでも、以下のように案内されていますので参考にしましょう。

ガスカートリッジは必ずキャップをして保管し、3~5年を目安に早めに使い切っていただくことをお勧めいたします。(出典:プリムス

他社のカートリッジは使用してもいいの?

スノーピーク 基本的に、他メーカーのガスカートリッジの使用は禁止されています。同じに見えるバルブ形状でも、微妙なサイズに違いがあり、ガス漏れによる火災のリスクが高まるからです。

他メーカーのガスカートリッジの使用は、あくまで自己責任の範囲でと考えた方がよさそうです。

プリムス ハイパワーガス(大)

●成分:ブタンガス約75%、プロパンガス約25%



プリムス ハイパワーガス(小)

●成分:ブタンガス約75%、プロパンガス約25%



プリムス ノーマルガス(大)

●成分:ブタンガス(ノルマンブタン約65%、イソブタン約33%、他)



プリムス ノーマルガス(小)

●成分:ブタンガス(ノルマンブタン約65%、イソブタン約33%、他)


お手入れ方法・メンテナンスは?

イワタニ・プリムス ガスバーナーには、消耗部品であるOリングと呼ばれるゴムパッキンが使用されています。このゴムパッキンはゴム製のため、消耗品の扱いです。

Oリングが劣化したガス器具は、漏れ出したガスに引火して、火災事故のリスクが高まります。1~2年に一度を目安に交換するのがオススメ!

修理は購入したお店で依頼しよう

イワタニ・プリムス ゴムパッキンの交換と合わせて、各部の点検をメーカーに依頼するのが製品を長く使う秘訣です。購入したお店で受け付けてくれるので、一度相談してみては?

関連記事