【ショップ探訪記】いま話題の「アウトドア巾着バッグ」の仕掛け人がいる『MANIKA(マニカ)』へ行ってきた

2019/11/20 更新

最近女性のファッショニスタを中心にユーザーが増えている巾着バッグ。素材やデザインは様々で、プレゼントにもピッタリと注目されています。今回は巾着バッグにアウトドア要素を取り入れたアイテムを販売する仕掛け人が運営する『MANIKA(マニカ)』に直撃!どんなアイテムでどこが人気の秘訣なのか、お話を伺うべくショップへ行ってみました。


巾着バッグがアウトドアテイストになって超話題に


日本で昔から使われている巾着。近年ではレザー素材や柄物などモダナイズされたアイテムが続々と登場し、都内では持ち歩く人を頻繁に見かけるようになりました。財布とポーチ、バッテリーと最低限のものが入り、出し入れがしやすい口が特徴だそうな。

そんなトレンドアイテムにアウトドア要素を盛り込んで発売し、イベントでは即完売になるというブランドがあります。それが今回紹介する「MANIKA(マニカ)」。直営店が高円寺にあると聞き、仕掛け人にお話を伺いました。

東高円寺の意外な場所にショップを構える


丸の内線「東高円寺駅」から徒歩約10分。正直活気があるとは言いにくい、ちょっと変わった街の住宅街にマニカの直営店「MANIKA FACTORY SHOP」はあります。


マニカは、“maniac(マニアック)”と“nanika(ナニカ)”を組み合わせた造語。


遠藤さん
マニアックというワードは単にモノに対して使いがちですが、同ブランドはモノが原動力になっているとは限らず、仕事や遊び、もしくは人との会話など“ナニカ”が原動力で起きるものと捉えています。

そのナニカを提案することでユーザーが楽しくマニアックになってくれる、そういった人のライフスタイルに寄り添えるブランドでありたいと思っています。



マニカを象徴するアイテムは?


マニカで有名なアイテムといえば、この「TAKIBI-LIGHT-SP」という焚き火台。フレームを組み立てて耐熱メッシュをかけるだけで組み立てられる手軽さが売りで、フレームの板1枚からオーナーひとりで削り出して作るハンドメイド品。

収納袋を含めて重量は700gと軽く、全体サイズは縦320×横355×奥行き330mmと2〜3人くらいが囲んで使えます。薪が落ちない安定感と燃焼効率の良さが注目を浴びて話題になったそうです。



遠藤さん
収納サイズは縦430×横60×奥行き60mmで、バックパックのサイドポケットなどにも入るサイズです。これを発売してから初回の300個が一気に完売して、今では生産受注で行っています。看板商品と言っても過言ではないですね。

ショップにはどんなものが置いているの?


マニカのショップは、自社製品とオーナーの趣味で買い付けた古着が陳列。在庫数でいうと自社製品が圧倒的に多いですが、陳列の具合からすると50対50くらいの割合。手前が自社製品コーナーで、奥が古着コーナー。



遠藤さん
昔から大の古着好きで、ここだけでなく他にもたくさんバックヤードに商品はあります。アウトドアだけでなく、ミリタリーやトラディショナルなど偏りなく置いていると思います。



ー 所々にキャンプで使えそうなものも置いていますが、それらは販売しないのでしょうか。


遠藤さん
アウトドア用品もちょくちょく入ってくるようになったので、キレイにして販売予定です。このホットサンドメーカーも、鋳物で状態もよく、焚き火に突っ込んだらホットサンドが美味しく焼けると思いますよ。




遠藤さん
たまに妻がリメイクしたものも販売しているので、すべて古着というわけではないんです。


奥さんは、マニカのオリジナル製品を作っているデザイナー(焚き火台はオーナーさんが製作)。マニカはオーナーと奥さんの二人三脚で活動しており、イベントへ出向くにも製品を販売するにも、2人で行っているんです。


次に自社商品に目を向けてみましょう。ブランド最初のアイテムはバックパック。

「BuddyNext」という登山でも使える本格的なものから始まり、現在はラインナップを減らしてこちらのタウンユースモデル「BuddyMe」のみになっています。口はラップトップを採用し、本体は耐久性のある400DPacClothのナイロンを使用。


遠藤さん
容量は15〜17Lとコンパクトなので、休日のお出かけや旅行時の簡易的なバッグとして使えます。発色のいいレッドなので女性に人気があります。



オリジナルのシャツも販売。何やら個性的なプリントが施されています。


遠藤さん
ブランド自体、ほかのブランドのようにSS(春夏)やFW(秋冬)と季節を分けて販売していないんです。自分たちが思いついたり、やりたいと思ったりしたときに新しいものを作るスタンスで行っています。




遠藤さん
このロングTは、制作意欲が沸いたタイミングが秋だったので、たまたま長袖のFW仕様になりました。今回のテーマは“違和感”で、“IWA-KAN(岩感)”という語呂合わせで岩を思わせるプリントにしました。


ー 世界観MAXなコメント。具体的にどうやってこのデザインに行き着いたのでしょうか。


遠藤さん
世の中にあるIWAKANって、他人が持っていないものが欲しいとか、他の人が持っているものと被りたくないとか、そういった願望があると思うんです。一方で、ファッションには毎年トレンドというものがあり、それに合わせて各メーカーがものを作ったり、皆さんもそれに沿うようにトレンドものを身につけていますよね。




遠藤さん
流行には沿いながらもそれだけに流されない個性を見出していく、その間に発生する“違和感”に僕たちは着目したんです。岩と岩の間(IWAKAN)にブランド名を入れています。そんな細かいところにも気付いていただけたら嬉しいなと。


哲学的というか、当たり前と思うことに疑問を持つアイデアに、とても心動かされました。

本題の「アウトドア巾着」について聞いてみた


マニカというブランドについて触れたところで、本題のアウトドア巾着に入りましょう。このアイテムはデザイナーの奥さんが発案して製作したもので、女性目線でありながら男性でも納得するクオリティの素材やディテールを盛り込んで作っているバッグです。




シリーズは3種類展開し、素材やカラーをそれぞれ変えて展開。中でも一番人気は「MOCHI-GINCHAKU-DOUBLE」。

おでんに使われる“餅巾着”のような可愛らしい見た目のバッグで、中央の持ち手でハンドバッグのように使えながら、持ち手を中に収納して口を紐で縛ると巾着にもなる2WAY仕様。



遠藤さん
バッグの両サイド(2箇所)にポケットを配置したので、商品名にダブルと入れました。秋冬はフリースを採用しまして、販売を始めたら想像以上に売れていきました。在庫も店頭にあるだけです。


ー やはりフリースは人気素材なんですね! 見た目の発色もよく可愛らしいです。


遠藤さん
売れ行きがいいのと、このモコモコ感と色味がセサミストリートのグローバーに似ていることから、セサミストリートコレクションと題して各キャラクターの色のフリース 素材を使おうかと考えています(笑)。


ー アメリカの超人気番組、セサミストリートのコレクションとなれば、大人だけでなく子供受けも良さそう! そのほかにオススメはあるのでしょうか。

出典:MANIKA

遠藤さん
同じMOCHI-GINCHAKU-DOUBLEシリーズで、MA-1の素材を使ったアイテムは特に反響が大きいですね。色味といい素材感といいうまくミリタリー感を表現できていて、最近のアウトドアイベントでこれを販売したら一瞬にして売れてしまったんです。慌ててその日の夜に追加で作って翌日に販売したのですが、またこれも見事に完売。生産が追いつかないほどです


ー これは男性でもつい買っちゃいそう……。なぜこんなに売れるのでしょうか。


遠藤さん
しっかりと分析はできていませんが、個人的には2つあると思います。1つ目はフェスやキャンプといったアウトドアブーム。フリース素材の巾着は、街中でも売れますが野外イベントでも人気があります。アウトドアというカテゴリーで自分たちのアイテムが受け入れられたのは大きいなと。


ー アウトドアというカテゴリーにマニカの製品がマッチしたということですね。もう1つはなんでしょうか。



遠藤さん
今回ロンTのコンセプトである“違和感”に通じるところがあるのではと思っています。巾着は昔ながらの古いタイプもあれば、各社が販売する量産したタイプもありますが、他の人と被りたくないという気持ちを持つ人って少なからずいますよね。そんな違和感の中で個性あるものを見つけたとき、ビビッとくる瞬間があるはずなんです。その感覚に、マニカのアイテムがうまく当たっているのではないでしょうか。


全体の販売数量までは公表できないとのことですが、主力のバックパックを超える売れ筋商品になっていることもあり、その感想は確かなのかもしれないですね。

ショップのオープンは土日がメイン。最近は水曜もオープン


マニカの製品を一度でも見てみたい! そんな人は、ぜひ直営店へ行ってみましょう。平日はオーナーも奥さんも製作や外出が多いため、営業は土日が中心。たまにイベントで土日を閉めたり、水曜日に開けたりと自由なスタイル。

詳しい情報は公式インスタグラムにて情報を発信。新作の発表や新たに再入荷したアイテムの速報もそちらで発信しているとのことなので、ぜひチェックしてみてください。

ショップ情報

【MANIKA FACTORY SHOP】
●住所:東京都杉並区和田3-8-1
​●営業日:水曜(16:00〜22:00)、​土曜、日曜、祝日営業(12:00〜19:00)
●問い合わせ先:info.manika0513@gmail.com
オンラインショップはこちら
公式インスタグラムはこちら

小川 迪裕の記事はこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
小川 迪裕

フリーランスライター・編集者。WEBや雑誌の執筆を主な活動とし、タブロイドやイベント冊子の製作も担当。最近はもっぱらキャンプとウイスキーに夢中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!