都会派アウトドアブランドのケルティがこの秋、本格アウターをリリース!【アウトドア通信.498】

2019/11/11 更新

1952年、南カリフォルニアで始まった「ケルティ」。バックパックの始祖とも評され、ブランド誕生から60年以上たった今も多くの人に愛されています。そのケルティが本格的にアウトドアウェアシーンに参入します。今回は秋冬の最新アイテムをご紹介!


アイキャッチ・記事中撮影:編集部

ケルティ、今秋から本格的なアパレル展開をスタート!


三角形の親しみやすいロゴと、タウンユース向けバックパックが日本でも人気の都会派アウトドアブランド「KELTY(ケルティ)」。創始者であるディック・ケルティ生誕100周年の今年、本格的なアウトドアウェアがリリースされました!

シンプルかつ機能的、キャンプでも活躍してくれる2つの新作アウターをご紹介します。

ヘビロテ必至!2つの個性派アウター

気分でチョイス!あったか中綿入り「リバーシブルブルゾン」


日に日に寒さが増してきた今日この頃。アウターを選ぶのが楽しみな季節になってきましたね。そこで今季オススメなのが使い勝手抜群な「リバーシブルブルゾン」です。

ネイビー、ブラック、ベージュの3色展開の中から、今回はキャンパー好みな2色使いのベージュモデルを掘り下げていきます。


表地カラーはベージュ、裏地はオリーブと両A面なブルゾン。暗くなりがちな秋冬のファッションですが、明るめのベージュなので着回しの幅を広げてくれます。ゴム入りの袖口と裾は風の侵入も軽減してくれますよ。


一方、裏地はキルティング加工に。中綿に高機能素材「サーモライト」が採用されており、暖かさを維持してくれます。


ベージュ面は胸元に、オリーブ面には左腕にロゴがワンポイントで配されており、バックパックに慣れ親しんだ人はついつい手を伸ばしてしまうデザインです。その日の気分で着回しを楽しんでみてはいかがでしょうか?

製品の詳細はこちら

パッカブル収納時がお馴染みのあの形「パッカブルブルゾン」


みなさん、この形を街で目にしたことありませんか? そうケルティの定番バックパック。

でも実はこれ、マウンテンパーカーのパッカブル収納時の形なのです! 気になる全貌を見てみましょう。


背中に大きくロゴを配した、5色展開のパッカブルブルゾン。ちょっとした雨にも対応できるナイロン素材を採用しています。


高めの襟はドローコードで絞ることも可能。シンプルでありながら多くの人に愛されるケルティのバックパックに通ずるデザインです。

パッカブル状態にしたい場合は、左裾の内側部分のファスナー付きポケットに畳んで収納するだけ! 携行性にも優れたアウターをぜひチェックしてみてくださいね。

製品の詳細はこちら

この他にもケルティのアウターラインは、これから続々と発表される予定です。続報を心待ちにしましょう。

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!