最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

あなたの家の「タンスの肥やし」も復活!?アウトドアジャケット着回しテク〜男性編〜(2ページ目)

THE NORTH FACEのジャケット


スタイリスト金田
おっ! 良いですね。ダウンの裏地が付いているんですね。

島田
そうなんですよ。コレ取り外しもできて、幅広いシーズン使えるので重宝していました。

そんなお気に入りが、なぜタンスの肥やしに?

THE NORTH FACEのジャケット

 


島田
とても気に入っていて毎シーズン、毎日のように着用していたんですけど、ボクのコーディネイトがブラックのパンツと合わせるワンパターンになり飽きてしまって……

スタイリスト金田
いつも同じでシンプルに収まり過ぎてしまうことが悩みの種になってしまったんですね。

ズバリ!着こなしのテク教えます

タンスの肥やしになった理由が判明したところで、早速アウトドアとタウンでのコーディネイトをテーマ別にスタイリングもらいました。的確なアドバイスも参考にしてみては?

アウトドアスタイル

THE NORTH FACEのジャケット
キャップ¥5,900/キャル オー ライン(ユナイト ナイン TEL03-5464-9976)、フリ ースベスト¥16,200/マウンテンハードウェア(コロンビアスポーツウェアジャパン TEL0120-193-803)、シャツ¥13,000/ホグロフス(アシックスジャパン株式会社 ホグロフス事業部 TEL03-6369-8885)、パンツ¥23,000/ノイク(にしのや TEL036434-0983)、ブーツ¥21,000/ダハシュタイン(LBC株式会社 TEL045-507-8707)

シンプルなジャケットには、パンツにアクセントをつけることでコーディネイトを中和!


スタイリスト金田
シンプルになりがちということで、パンツにアクセントをつけました。ポケットの多いカーゴパンツは収納力も高くアウトドアシチュエーションにおいてとても便利!

THE NORTH FACEのジャケット


スタイリスト金田
腰回りにゆとりを持たせながらも、裾にかけてややテーパードが掛かっているので全体的にスッキリと見えるのもポイントですね。


スタイリスト金田
足元は、ハイカットのアウトドアブーツではなく、キャンプやハイキング程度であればローカットのシューズで充分です。ただ急な雨にも配慮してゴアテックスを採用しているものを選ぶと安心です。

島田
このパンツの色がとにかく新鮮! イメージがガラリと変わりますね。

カーゴパンツはダボっとしたシルエットのイメージがありましたが、このパンツは足元がスッキリとしていて見映えも良いし、動きやすいです。

タウンスタイル

THE NORTH FACEのジャケット

ニット¥38,000、パンツ¥23,800/レミ レリーフ(ユナイト ナイン TEL03-5464-9976)、ハイネックカットソー¥28,000/イールプロダクツ(イールプロダクツ中目黒 TEL03-6303-0284)、シューズ¥21,800/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド TEL0800-700-6159)

素材感とインナーのカラーで遊べば、ブラックのセットアップでも都会的なコーディネイトに。


スタイリスト金田
何にでもコーディネイトしやすいブラックのパンツはとても便利! ですが、確かにシンプルなデザインのジャケットなので全身が真っ黒になり過ぎてしまうのが気になりますよね。

そんな時は同じブラックのパンツでも素材を変えてみるのも良いでしょう!

コーデュロイパンツ


スタイリスト金田
コーデュロイは光の当たり方や角度によって同じ黒でも異なる表情を見せてくれますし、また季節感を演出するのにとても便利です。

ハイテクなナイロンジャケットにオーセンティックなコーデュロイをコーディネイトするアンバランス感もタウンユースならではですね。

THE NORTH FACEのジャケット


スタイリスト金田
アウトドアスタイルでは、フリースやダウンといった高機能な素材をメインにコーディネイトすることが多いですよね。

タウンユース感を演出したい気分のときは、ウールやコットンなど天然素材をメインに着用することで一気にアウトドア感を和らげることができます。

 


島田
どうしてもメインとなるアウトドアジャケットに引っ張られてしまい、機能素材でコーディネイトしてしまいたくなるのですが、あくまでもタウンユースとして着用するのであれば確かに納得です。

上手に着こなしを変え、タンスの肥やしを撲滅!

THE NORTH FACEのジャケット
シンプルすぎてマンネリコーデになってしまい肥やし化してしまったという島田さん。コーディネイトのメインはもちろんアウトドアジャケットですが、その主役を立たせるための脇役たちの存在もとても重要です。

素材、色、シルエットなどに変化を持たせることで再びワードローブのスタメンとなってくれれば、ジャケットにとっても本望でしょう。そして忘れてはいけないのが、アウトドアジャケットとはいえ、タウンユースでも活躍できるということ。

家を一歩出てしまえば、そこはアウトドア。機能性の高さも充分に発揮できるはずです。一度は気に入って購入したものだからこそ、肥やしにせず、もっと愛情を注いであげましょう!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

2 / 2ページ