【これで安心】雪中キャンプに行くなら必読!5つのお助けノウハウ

冬キャンプには行ったことがあるけど、まだ「雪中」に挑戦したことはない、というキャンパーも多いのではないでしょうか?実は、安全に楽しく過ごすために、押さえておくべきポイントはそれほど多くはありません。5つのシーンを想定して雪中キャンプのノウハウをご紹介します!


    事前に雪の中をイメージしよう!


    キャンパーのみなさん、今年は雪中キャンプに挑戦しませんか。雪が積もった、非日常の世界を体験できるのが、雪中キャンプの大きな魅力。キャンプが心底好きな人しか来ないのでキャンプサイトも静かで虫もいません。

    白銀の世界にはいつものキャンプと違う楽しいことがたくさん待っています。でも、キャンプサイトへ向かう道中はもちろん、到着後も戸惑うことが多々あるはずです。

    ブリザック
    ガスカートリッジが着火しにくい、寒くて眠れない、道中で凍結した道路にヒヤッとすることも……。雪中キャンプを楽しむには、暖かい寝袋やスタッドレスタイヤなど信頼できる道具が不可欠です。

    でも、ただ揃えるだけでは不十分。雪中キャンプならではのノウハウを覚えましょう。

    5つの困ったシーンで活躍するノウハウ


    それでは、雪中キャンプで起こりうる「どうしよう……」という困ったシーン別に、心がけておきたい5つのノウハウをご紹介します!

    ①設営時「ペグが効かない!」


    キャンプサイトに到着し、テントの設営場所を決めたら、雪を均等に踏み固めましょう。そのままテントを張ると人間の重みで雪に凹凸ができ、寝心地が良くありません。

    当たり前ですが、テントの設営にはペグが欠かせません。ペグが地面に刺さればいいのですが、積雪量によりペグが効きにくい場合も。


    そんな時は普段よりも、長いペグを用意するのがベスト。それでも地面に刺さらない場合は、2本のペグが十文字になるようにロープで縛り、雪の中に埋めると良いでしょう。

    ②ご飯を食べる時「ガスが点かない!」


    テントを設営して一段落。「さてコーヒーでも飲もうか」と思い、カートリッジ式のガスストーブを用意したものの、なかなか着火しないなんてことも。外気温が低いとガスが気化しにくくなります。


    雪中キャンプには寒冷地用のガスカートリッジが必須。各メーカーから寒冷地仕様が出ています。これさえあれば、温かい食事にもありつけます。

    ③就寝時「寒くて寝られない……!」


    楽しい食事と焚火の時間を終えて、いざ就寝。ここで寝具の防寒対策を怠ると、悪夢を見るはめになります。「厚いエアマットがあるから大丈夫!」などと侮ってもいけません。

    断熱材を使っていないタイプのエアマットは内部の空気自体が冷やされてしまうので、底冷え対策としては不十分。寝られない夜を過ごすことになります。

    コットやインフレータブルマット、断熱材入りのエアマットなどがあれば、底冷え対策は万全。もちろん寝袋は厳冬期用のマミー型を用意しましょう。3シーズン用シュラフを2枚重ねにする手もあります。

    さらに、ゴアテックスのシュラフカバーを使えば、寝袋の結露を防ぎつつ防寒効果も期待できますよ。

    ④朝起きて「あれ?ファスナーが開かない!」


    夜を乗り越えたら、気持ちの良い朝が待っています。ただ、ここで注意したいのは凍結の問題。起床時にテントのファスナーが凍結して開かなくなることもあるので、事前にファスナーに潤滑油やロウを塗っておくと安心です。


    また凍結するのは、ファスナーだけではありません。冬キャンプの冷たい雪風を防ぐスカートも凍結しやすい箇所。設営時にスカートをテントの内側に折り込むことが重要です。

    もちろん、スカートを外に出してその上に雪を被せれば風でめくれる心配はありません。ただし撤収時に凍結してしまい、掘り起こすのが手間になるので、内側に入れて隙間を雪で埋めるという方法がおすすめですよ。

    ⑤帰りの運転中「やばい滑ってしまった!」


    撤収も終えて後は自宅に帰るのみ。ですがキャンプを楽しんだ後は気がゆるみがち。思わぬところでスリップしてしまう可能性もあります。事前に滑りやすい道路状況を把握することが大事です。

    アイスバーン(凍結)、雪の凹凸がある轍(わだち)……。降ったばかりの新雪もけっして安心ではありません。橋や日陰、トンネルの出入り口も凍結しやすいので気をつけましょう。


    また、どれだけ運転テクニックに自信があってもノーマルタイヤでは氷雪路は乗り切れません。安全ドライブを確保するために、スタッドレスタイヤは必須アイテム。

    中でもおすすめが、ブリヂストンの「ブリザック」です。

    「ブリザック」は装着率No.1!


    ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザック」は、雪国で18年連続して装着率No.1。最新モデルの「ブリザックVRX2」は、機能が大幅に向上しました。


    今回の取材では、その実力を実際に体験。キャンプ場までの曲がりくねった氷雪上の山道でも、しっかりと路面をグリップし急なコーナリングでも思った通りにハンドリングができました。

    さらに驚いたのが、雪のない高速道路でも快適な乗り心地で走行音もとても静かだったことです。

    また今回はあえて、一般的に氷雪路に弱いと言われている”後輪駆動の車”で走行しましたが、まったく不安はありませんでした。4WDでなくてもブリザックVRX2を履いていれば、安心して雪中キャンプに挑戦できます。

    もちろん雪中キャンプだけではなく、日々の生活シーンで起こりうる突然の雪や路面の凍結に備えて、早めに装着しておきたいものです。

    安全で楽しい雪中キャンプを楽しもう!


    以上、雪中キャンプでのノウハウと、おすすめのスタッドレスタイヤをご紹介しました。雪中キャンプでは、焚き火で感じる暖かさはいつも以上に身にしみますし、アクティブに白銀の世界を散策しても良いでしょう。雪ならではの楽しみ方は無限に広がります。

    そんな楽しい雪中キャンプを楽しむためにも、事前の準備をしっかりと「安全」への対策はお忘れなく!

    ブリザックの詳細はこちら

    撮影協力:フォレストパーク あだたら

    Sponsored by  株式会社ブリヂストン

    オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!