ゴツい収納ボックスだけじゃダメ、絶対!JETMINMINの収納バッグがキャンパーを狙い撃ち

2019/11/13 更新

キャンプでの収納ボックスって無骨なものに偏りがち。そこで取り入れたいのが「JETMINMIN(ジェットミンミン)」の収納バッグたち。シンプルで洗練されたアイテムは、キャンプサイトでも普段の生活に取り入れてもお洒落な雰囲気を演出してくれます。知る人ぞ知るJETMINMINについてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:instagram by @jetminmin

キャンパー好みなデザインに一目惚れ「JETMINMIN」

出典:instagram by @jetminmin
キャンプ用品の収納には何を使っていますか? 無骨でカッコいいハードな収納ボックスも良いけれど、使わないときにはコンパクトにしまえて場所を取らない収納バックもおすすめです。

収納バッグであれば、車への積載時にデッドスペースにぎゅっと押し込めるのもメリットですよね。

出典:instagram by @holisticcaravan
今回はそんな収納バッグを作り出すブランドの中でも、知る人ぞ知る「JETMINMIN(ジェットミンミン)」をご紹介します。シンプルで洗練されたデザインかつ、ミリタリーカラーな製品の数々が魅力的! 今のうちに押さえておきたい収納バッグをチェックしましょう。

JETMINMINってこんなブランド

JETMINMIN外観
出典:JETMINMIN
静岡県浜松発のトートバッグブランド「JETMINMIN」。不要になった軍用品や廃棄品を活用し、一つ一つ丁寧に手作業でバッグを生み出しています。

受注生産のためストラップの長さ変更ができる!

JETMINMIN
出典:楽天市場
バッグは、ハンドメイドということもあり基本的に受注生産方式。そのため注文時にバッグのストラップをお好みの長さに変更できたりと、オリジナリティ溢れる製品作りが行われています。

カラー展開豊富!サイトの差し色にもなるデザイン

出典:instagram by @setagaya_100
さらにモデルによって、全9色のカラー展開があったりと選択肢の幅広さも魅力の一つ! カラーによって様々な顔を持つバッグたちは、使い方次第で統一感を持たせたり、差し色になったり、サイトをおしゃれに演出してくれますよ。

それでは数あるアイテムの中から、2つの定番シリーズアイテムをご紹介します。

9つの豊富なラインナップ「DART!」シリーズ

JETMINMINロゴ
出典:JETMINMIN
「DART!」シリーズは、所謂ブルーシートと同素材のターピーシートから作られたバッグ。つまりは、水や汚れがついてもさっと拭き取れるので、キャンプ場や雨の日でも汚れを気にせずガシガシ使えるということ!

特徴①ちょっと防水仕様

出典:JETMINMIN
ターピーシートは、工事現場での養生や災害時の雨よけなどに使われるほど頑丈で、水や汚れに強くお手入れしやすい素材です。またバッグは、底部分に縫い目がこないようマチが設けられているので、地面に直置きしても安心。

しかしそんな工夫がされている一方で、どうしても側面の縫い目から水の侵入を完全にカットできないということから、JETMINMINのバッグは、“ちょっと防水”と謳われています。正直にスペックを表現してくれるあたり、かなり好感を持てますね。

特徴②用途によって選べる、9つの製品ラインナップ

出典:JETMINMIN
「DART!」シリーズだけで見ても、7サイズ展開のトートバッグ、ボックスポーチ、2wayトート合わせて9つのラインナップ。

特徴③トートバッグは、ゴム紐付きでコンパクトに携行できる!

出典:JETMINMIN 画像はSHORTサイズ
トートバッグ上部中央にはボタンとゴム紐がついているので、口を留めておけば中身が飛び出すこともありません。また使用しない時は、ご覧の通り畳んでゴム紐で留めればコンパクトにまとまります。カバンに忍ばせておけば、エコバッグやサブバッグとして使用しても便利ですね。

「DART!」シリーズの特徴をご紹介してきましたが、ここからは、キャンプ向きな3モデルをご紹介します。

小物ギアをポンポン収納できる「DART!WIDE」

JETMINMIN
出典:instagram by @jetminmin
「DART!WIDE」は、サイズ44×20×33cmに加え、間口63cmとギアをポイポイ詰め込める大型トートバッグ。車に積載する時に散らかりがちな家族分のシュラフも纏めて持ち運べます。

製品の詳細はこちら

テントも小物もぜ〜んぶ一緒に詰め込むなら特大「DART!SUPERWIDE」

出典:JETMINMIN
「DART!SUPERWIDE」は横巾なんと約1メートル。68×30×45cmの超ビッグサイズなので、テントやタープ、マットなど一切合切収納できます。撤収時に雨が降ってきたとしても、これなら安心ですね。

製品の詳細はこちら

シューズケースとしても使える「DART!BOX」

出典:instagram by @backstage.selectshop
こちらは「DART!」シリーズのボックスポーチ。シューズ入れにはもちろん、温泉に立ち寄る際の衣服入れとしても便利です。

製品の詳細はこちら

続いては、テント素材を使った「FOLLOW」シリーズをご紹介します。


普段使いバッグとしても◎テント素材を使った新シリーズ「FOLLOW」

出典:instagram by @setagaya_100
次は、テント屋さんから供給を受けたビニールテント地で制作している「FOLLOW」シリーズをご紹介。「DART!」シリーズに比べると、ハリ感のある素材でタウンユースとしても取り入れやすいデザインです。

素材は、トラックの幌(ほろ)や店舗のオーニングに使われるほど耐久性にも優れています。こちらも“ちょっと防水”仕様で、5サイズ、6色展開のトートバッグが販売。

シリーズ最大サイズ「FOLLOW-63」

出典:JETMINMIN
5サイズの中でも一番大容量でキャンプ用品の持ち運びに打ってつけな「FOLLOW-63」。間口が63cmと幅広く、マチも26cmあるので、ランタンなどを立てたまま持ち運ぶこともできます。

製品の詳細はこちら

タウンユースにもピクニックにも!洗練されたデザイン「FOLLOW-48」

JETMINMIN
出典:funkadelic
このサイズ感、お弁当とポットを入れてちょっとしたピクニックに出かけたくなりますね。キャンプシーンではテーブルウエアなどちょっとした小物の収納にもちょうど良いサイズ感です。

製品の詳細はこちら

【番外編】UFO

出典:JETMINMIN
「FOLLOW」シリーズと同素材を採用したUFO型バッグもラインナップ! インテリアとしてお部屋の片隅に置いても絵になるデザインです。

出典:JETMINMIN
しっかりと自立し形状を保つものの、幅広のトートバッグとしても使用できます。間口が直径32cmと広いため、キャンプシーンでも活躍! マット類やタオル、着替えなどを入れて置いておいても良さそうですね。

製品の詳細はこちら

キャンプ収納は、変幻自在かつスタイリッシュなJETMINMINの収納バッグで!

JETMINMIN
出典:instagram by @jetminmin
キャンプにもタウンユースにも、また部屋に置いてもインテリア馴染みもする万能なJETMINMINの収納バッグ。カラーや形によってテイストががらりと変わるので、色違いで使い分けても楽しいですね。狭いスペースにも積載できる便利な収納バッグを車に乗せて、キャンプへ行きませんか?

この記事が気に入った、あなたにオススメの3記事


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
eri

9歳と6歳の子どもを持つママライター。 生き物をこよなく愛する息子の欲求を満たすため、クワガタ採りや魚釣りが出来るキャンプ場を中心に出没。若い頃は超インドア派だったが、今では自然のすばらしさに魅せられています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!