令和生まれの新ブランド「ANOBA」からマルチコンテナ登場【アウトドア通信.477】

2019/10/10 更新

新生アウトドアブランドの新作アイテム5種類に注目。今回ご紹介するのは、ドカっと車に積めて、道具の出し入れもカンタンなうえ、自然の風景にもよく調和する新作ギアコンテナです。各2色展開でナチュラルなサイトや、男前なミリタリーテイストなサイトにもマッチしてくれますよ。


新ブランド「ANOBA」から5種類のギアコンテナがデビュー


2019年の7月に誕生したアウトドアブランド「ANOBA(アノバ)」から、キャンプで使う小物アイテムの収納を一手に引き受けてくれるギアコンテナが新登場となりました。

アノバってどんなブランド?


アノバは、大阪を拠点に家庭用品やペット用品を製造、加工する「ユーザー株式会社」が新たに立ち上げたアウトドアブランド。ちなみに「ANOBA」というブランド名は、「もうひとつの居場所」という意味のAnother Baceを縮めた造語です。

普段の生活から離れ、あえて不便を嗜み、心の柔軟性を取り戻すための道具を作る。これが、アノバが掲げた設計理念なんだそうです。それではアイテムを紹介していきますね。

全5種類のソフトコンテナに収納はお任せ

ペグ、ハンマー、ロープはこれひとつに「マルチギアボックスS」


横幅42cmの小型の収納ボックス。長めの鋳鉄ペグやハンマーをまとめて携行することができます。フラップ裏のメッシュポケットにはロープや自在を収納でき便利!

【マルチギアボックスS】
価格:4,600円(税別)
サイズ:42×16×14.5cm
カラー:カモ、コヨーテ

燃料系、バーナー類はお任せを「マルチギアボックスM」


CB缶のサイズに高さを合わせた収納ボックス。CB缶であれば最大12缶収納可能で、1泊程度のキャンプであれば、写真のように燃料系&バーナー系アイテムの持ち運びもこれ1つでまかなえそうです。

【マルチギアボックスM】
価格:4,980円(税別)
サイズ:24×35×22cm
カラー:カモ、コヨーテ

2泊以上のキャンプでもこれなら安心「マルチギアボックスL」


OD缶が2段重ねて入るサイズ設計で最大12缶まで収納可能。ホワイトガソリンの4L缶も立てた状態でスッポリ入る大きさです。

好きな位置に設定できる仕切りが2枚付属しているので、運搬時に中に入れたものが動くのを軽減してくれます。

【マルチギアボックスL】
価格:5,500円(税別)
サイズ:24×35×29.5cm
カラー:カモ、コヨーテ

中身が一目瞭然!棚みたいに使えるコンテナ「マルチギアコンテナ」


高さは30cmと低め設計だけど横幅は60cmとワイドなうえ、仕切り板と中敷き付きなので、食器、燃料、照明系アイテムなど、なんでもポイポイ入れられる「マルチ」という言葉がぴったりな収納ケース。


フタの内側はメッシュポケットになっているので、予備のマントルなどを入れておくのに便利です。

【マルチギアコンテナ】
価格:7,980円(税別)
サイズ:60×38×30cm
カラー:カモ、コヨーテ

分厚い生地のフカフカな「マルチギアトート」


普段使いにも便利な大容量のトートバック。クッション材入りなので、大事なアイテムを入れるのに最適。傷がつきやすいステンレス製のウォータージャグや、ランタンを車載するときなどに重宝しそうです。

【マルチギアトート】
価格:3,500円(税別)
サイズ:62×21×42cm
カラー:カモ、コヨーテ

アノバからは今後、新商品が続々と発売される予定です。ぜひチェックしてみてください。

アノバの公式ページはこちら

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!