コレ太鼓判!8ブランドの広報担当さんに聞いた「この秋イチ推しの新作ギア」

2019/10/28 更新

天候の安定しない日が続いた9月も終わり、いよいよ10月。秋らしい気候にになってきた今チェックしておきたいイチ押し新作ギアをアウトドアブランドの広報さんに聞いてみました。秋キャンプへの準備はOK?お買い物の参考にぜひチェックしてみてくださいね。


秋キャンプの準備を始めよう!

出典:PIXTA
長い夏が終わり、やっと気温が落ち着いてきた今日この頃。秋本番に向けて、新しいギアの購入を検討している方も多いのでは?

そこで秋キャンプを満喫するべくアウトドアブランドの広報さんに、2019年に発売を開始した新作アイテムの中から「この秋のイチ押しギア」を聞いてみました!

提供:DOD
8ブランドによる回答の中には、寒い季節のキャンプに欠かせない焚き火台から小物収納ケースまでじつに様々! ギアのおすすめポイントを買い物の参考にしてみてくださいね。

では早速イチ押しを教えてもらいましょう。まず最初はコールマンから!

1. コールマンの秋イチ押し新作ギア

大内さん
コールマン ジャパンの大内です。秋のイチ押しはこちら!

3つのレイヤーを組み合わせてオールシーズン対応「マルチレイヤースリーピングバッグ」

出典:コールマン
大内さん
日中は暖かく過ごしやすい秋ですが、朝晩はぐっと冷え込み気温が一ケタになることもあります。秋はあたたかい寝袋を持っていきましょう。とはいえ、寝袋をいくつも所有したくないものです。

おすすめの「マルチレイヤースリーピングバッグ」は、アウトレイヤー、ミッドレイヤー、フリースの3レイヤーを組み合わせて、快適温度-5℃から12℃までオールシーズン対応できます。


提供:コールマン
大内さん
季節によっては、寒がりな人にはアウトレイヤーで、暑がりな人にはミッドレイヤーにフリースを入れたりと、これ1つで家族や友人とシェアもできます。


提供:コールマン
大内さん
アウトレイヤーのファスナーを合わせることで簡単に連結できる点もおすすめポイント! 連結させると横幅が約180cmとなり、広々としながらお子様と離れず家族一緒に、快適に寝ることができます。


季節やキャンプ場の標高によって気温の変化する日本において、寝袋選びはじつに難題。そんな悩みを解決するアイデア製品として誕生したのがマルチレイヤースリーピングバッグです。

オールシーズン対応モデルながら1万円台前半という価格は、秋冬キャンプの強い味方となってくれそうですね。

製品の詳細はこちら

ITEM
コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ
●使用時サイズ:約 90×200cm
●収納時サイ:約52×29×38cm
●重量:4.9kg
●材質:表地/ポリエステル 裏地/ポリエステル 中綿/ポリエステル



2. ユニフレームの秋イチ押し新作ギア

ダッチ三兄弟
ユニフレームの広報部長ダッチ三兄弟です。秋のイチ押しはこちら!

ソロキャンプに打ってつけ、新サイズ登場「薪グリルsolo」

 

提供:ユニフレーム
ダッチ三兄弟
ユニフレームの定番アイテム「薪グリル」からNEWサイズが今年7月登場! 薪グリルsoloは折り畳み式のコンパクト収納が可能になった、ミニかまど。ソロキャンプに持って行きやすいサイズです。


提供:ユニフレーム
ダッチ三兄弟
「薪グリル」を小さくした見た目ですが、分散耐荷重は約10kgと見た目以上の力持ち! 羽釜もピッタリフィットするし三男(ダッチオーブン8インチ)を乗せることもできるので、調理も楽しめます。


提供:ユニフレーム
ダッチ三兄弟
かまど・ゴトク・ロストルとたった3つのパーツを組み合わせるだけの簡単シンプル設計の魅力が、キャンプ好きな人に伝わると嬉しいです。

小さいけれど頑丈なのはもちろんゴトクの高さ調節も3段階できるので、料理の幅を広げてくれます。


同じく今年発売の「ユニ鉄」や「ユニセラ鉄板」をオプションで使用することもでき、しっかり調理を楽しめるデザインです。

今なら初回限定でミニトングが付いてくるそうなので、気になる方はお早めに。(無くなり次第終了。店舗によって在庫状況が変動します。)

製品の詳細はこちら

ITEM
ユニフレーム 薪グリルsolo
●サイズ:H18.5cm×W21cm×D21cm
●素材:ステンレス鋼



3. ogawaの秋イチ押し新作ギア

大木さん
キャンパルジャパンの大木です。ogawa秋のイチ押しはこちら!

直営店限定のNEWアイテム「ペグバッグ」

提供:ogawa
大木さん
テントの設営に欠かすことのできない、ペグやハンマーの収納バッグ。スタイリッシュなデザインながら、沢山のペグをコンパクトに収納することができます。

提供:ogawa
大木さん
大きく開く開口部は、ペグやハンマーが出し入れし易く使いやすさを追求。内ポケットには、張り綱や自在も収納できます。

提供:ogawa
大木さん
底部は完全防水素材のPVCを使用。外側にサイドポケットがあり、テントの設営作業の際一時的な収納にも重宝します。


秋にマッチする落ち着いたカラーリングのペグバッグは、底面に鋲が付いており、バッグを地面に置いても汚れづらい設計です。

その他にも同カラーの収納ケースやクーラートートバッグが新たにラインナップしています。全て直営店限定モデルなので、気になる方はogawaの公式ページをチェックしてくださいね。

製品の詳細はこちら

4. スノーピークの秋イチ押し新作ギア

小野さん
スノーピークの小野です。秋のイチ押しはこちら!

ビギナーにおすすめしたい実力派「エントリー2ルーム エルフィールド」

提供:スノーピーク
小野さん
全方向にウォールを持ち、外からの風や雨、冷気の侵入を防げる「エントリー2ルーム エルフィールド」が秋使用に最適です。

大型のメッシュパネルによって、あらゆる天候に対応。生地の劣化を軽減するルーフシートが標準装備というのもポイントです!


提供:スノーピーク
小野さん
就寝用のインナールームを取り外せば大人数を収容できる大型シェルターに変身し、グループキャンプでも活躍します。

リビングスペース部分にはスカートは備わっているので、外気の侵入を軽減し、寒い季節も快適ですよ。


提供:スノーピーク
小野さん
シンプルな構造で設営しやすく、エントリーキャンパーにとって必要十分な機能を備えていながら、お求めやすい価格です!

大判のメッシュパネルを備え天井の高いリビングスペースは、開放感があり個人的にもお気に入りのポイントです。


リビングとベッドルームの設営が一度で済むエルフィールド。年間を通してキャンプを楽しむエントリー層が増えるよう手の届きやすい価格を実現しており、発売後から人気が留まるところを知らないモデルです。

製品の詳細はこちら

ITEM
スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド
●サイズ:【フレーム】A6061(直径16×14.5mm)
●キャリーバッ グサイズ:(約)83×30×34cm
●重量:15.5kg
●対応人数:4名

5. SOTOの秋イチ押し新作ギア

坂口さん
SOTOの坂口です。秋のイチ押しはこちら!

分離型のCB缶バーナー「FUSION(フュージョン)」

提供:SOTO
坂口さん
秋といえば、食欲の秋! 美味しい秋の味覚の調理に欠かせないのが“火”です。カセットガス(CB缶)を燃料とするFUSIONは、点火ボタンと火力調整用のツマミをバーナーヘッドから離すことによって、安心・安全に扱うことができます。


提供:SOTO
坂口さん
ボンベの冷えからくる火力の低下を抑えるためにレギュレーターを搭載。外気温が低くなるこれからの時期、また連続使用時にも安定した火力を発揮し、ストレスなく料理を楽しむことができますよ。


提供:SOTO
坂口さん
4本ゴトクで滑り止め加工を施し、調理時も安定感抜群! 小型クッカーはもちろん、大鍋にも対応できるので、ソロキャンパーからご家族・友人と行く大人数でのキャンプと、幅広いシーンでお使い頂けます。


SOTO2019年新作として話題をかっさらったFUSION。CB缶を採用した分離型バーナーは珍しく、これまで数々の名品バーナーを生み出してきたSOTOの技術が集結したモデルです。

製品の詳細はこちら

ITEM
SOTO レギュレーターストーブFUSION ST-330
●外形寸法:幅410×奥行120×高さ90mm(使用時・本体のみ)
●ゴトク径:165mm
●重量:250g



6. ロゴスの秋イチ押し新作ギア

根岸さん
ロゴスの根岸です。ロゴスの秋のイチ押しはこちら!

今だけの秋限定モデル「PANELスクリーンドゥーブル XL AI-LIMITED」

提供:ロゴス
根岸さん
ロゴスの定番商品の2ルームテントにこの秋限定カラーが登場! フライシートが厚手になり、生地の強度もUP。大型リビングルームと寝室が兼備されていることで家族5人でもゆったり過ごせます。


提供:ロゴス
根岸さん
筋交いのフレームのデザインであるロゴス独自のPANEL SYSTEMも搭載! ポール2本で支えることができ、居住空間を広く取ることができるので快適に過ごすことができます。


提供:ロゴス
根岸さん
秋キャンプに最適な落ち着いたカラーリングと優れた機能性がポイントです。他にもこちらのシリーズでは、クーラーBOXやマットなども展開しており合わせてのコーディネートもおすすめですよ。


車とのリンクや雨だまり防止の効果が得られるPANEL SYSTEMを採用したロゴスの大定番モデルが秋カラーに! 他と被りにくい2ルームテントをお探しの方は、この期間しか手に入れることができない限定カラーを選ぶというのもひとつの手ですね。

製品の詳細はこちら
2019年秋冬限定製品一覧はこちら
ITEM
ロゴス PANELスクリーンドゥーブル XL AI-LIMITED
●総重量 : 約19.3kg
●組み立てサイズ : (約)幅300×奥行520×高さ205cm
●インナーサイズ : (約)幅270×奥行270×高さ170cm
●収納サイズ : (約)幅68×奥行28×高さ28cm

7. DODの秋イチ押し新作ギア

棚村さん
DODの棚村です。秋のイチ押しはこちら!

この形はまさに!「ビートルくん」

提供:DOD
棚村さん
DODから久しぶりに新しい焚き火台がでました! 名前の通りビートル(カブトムシ)のような形の新しい焚き火台です。

ビートル感を演出する角部分「ビートルハンガー」は、鍋などを吊るすことができます。焚き火を使ってお湯を沸かしたり、お米を炊いたり楽しみ方は様々!


提供:DOD
棚村さん
炉の部分は直径50cmの大判サイズなので、一般的な薪であれば切らずにそのまま置くことができます。寒い日にもガンガン薪を燃やすことができる心強さが魅力です。


提供:DOD
棚村さん
DODの人気製品「テキーラテーブル」に付属のフックで焚き火台本体を吊り下げて使用することもできますよ。

フライングビートルくん……これは画期的ですよね! 初めての焚き火台としても、テキーラテーブルを愛用している方もぜひビートルくんを囲んでの秋冬キャンプをお楽しみください。


個性的な機能をもったビートルくんは、2019年10月26日・27日に開催されるDOD主催イベント「DOD HOLIDAY! in NARA UMAMI」にて初お披露目されるそう。実際に焚き火のデモンストレーションも行われるそうなので、気になる方は会場に足を運んでみては?

製品の詳細はこちら
イベントの詳細はこちら
ITEM
DOD ビートルくん
●サイズ:(約)W62×D62×H92cm
●収納サイズ:(約)直径52×H8cm
●重量(付属品含む):(約)4.8kg
●静止耐荷重:本体20kg、ハンガーポール3kg
●材質:スチール

8. MURACOの秋イチ押し新作ギア

松本さん
MURACOの松本です。秋のイチ押しはこちら!

エントランスフラップが風よけに◎「ZIZ 5P」

提供:MURACO
松本さん
日が暮れると気候や場所によって冷え込むことが多くなってきますが、「ZIZ 5P」は、今までのMURACOテントにはなかったスノースカートを全周囲に備え、埃や冷気の侵入を防ぎ高い保温性能を誇ります。


提供:MURACO
松本さん
4方向全てからエントリー可能なフラップに加え、付属のフラップポールを使用して様々なアレンジが可能です。特に縦方向のエントランスフラップには、ダブルレイヤー構造の大きなタープが格納され秋冬は冷たい風除けに最適!

提供:MURACO
松本さん
秋の夜キャンプには、気の合う仲間やご家族と「ZIZ 5P」の広大なリビングスペースでくつろぐことができますよ。また、インナーテントを付けずにシェルターとしても使用できるので是非、大人数でのキャンプにご使用頂きたいモデルです。


MURACO初となる2ルームテントとして満を持して発売された「ZIZ 5P」。エントランスフラップは、開放感がありながらもしっかり風除けとして機能してくれるので、秋キャンプに打ってつけ。

ファミリーキャンパーによるレビュー記事を参考にしてみてくださいね!

製品の詳細はこちら
ITEM
MURACO ZIZ 5P
●総重量:17kg(テントフライシート、インナーテント、フレームポール全4本、フラップポール2本、グランドシート1枚、ペグ、テンショナー、ロープ、スタッフサック)
●収納時サイズ:w73 d34 h22cm
●素材生地:フライシート68D210T ポリエステルリップストップ、撥水UVコーティング、耐水PUコーティング、耐水圧2,000mm
●ポール: メインフレームポールφ14.5mm・フラップポールφ19mm
楽天

機能も見た目もアップデート!新作ギアで快適キャンプを楽しもう

撮影:秋葉実
移りゆく季節と上手に付き合いながら、肌で自然を感じキャンプを楽しみたいもの。これからますます寒さが厳しくなる秋に向けて、新作ギアを取り入れながら快適にキャンプを満喫してくださいね。


紹介されたアイテム

コールマン マルチレイヤースリーピングバ…
ユニフレーム 薪グリルsolo
サイトを見る
スノーピーク エントリー2ルーム エルフ…
SOTO レギュレーターストーブFUSI…
ロゴス PANELスクリーンドゥーブル…
DOD ビートルくん
MURACO ZIZ 5P
サイトを見る

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!