ポータブル電源があればやれる、10のこと

2019/10/18 更新

ポータブル電源なら今までキャンプであきらめていたこと、ドーンと叶えてくれるんです!自然を満喫しつつ文明の恩恵にもあやかりたい……。そんな欲張りな願望を上手に両立させてキャンプを楽しむ電源マスターたちの10の実例を一挙ご紹介!


アイキャッチ画像出典:Instagram by@upiko_o

自然に癒やされたいけど……文明の恩恵にもあやかりたい!

出典:Instagram by@jawscj7
自然に癒やされつつ、文明の恩恵にもあやかりたい……。そんな実に人間らしいワガママな願いを叶えてくれるのが、ポータブル電源。
出典:Instagram by@juju_ri_1978
もちろん、ブッシュクラフトよろしくとことんワイルドなキャンプを追求する楽しみも。けれどキャンプで電気が使えたらもっと広がる楽しみだってあるんです!

そこで今回は、ポータブル電源をうまく活用してキャンプを楽しむキャンパーたちの10の実例を集めてみましたよ!


ポータブル電源があればキャンプでできる10のこと

キャンプではあきらめていたことも、ドーンと叶えてくれるポータブル電源。こんなことまで?! キャンプでできちゃう10のこと、一挙ご紹介します!

その1. バッテリー切れを気にせずキャンプの夜長を楽しめる

出典:Instagram by@ginzatakinchu
出典:Instagram by@yuzunoki
秋冬のキャンプでは外が寒くなってきて、幕内で過ごす時間が長くなることも。虫の音をBGMにトランプやボードゲームに熱中するのもキャンプならではの楽しみ。

そんな時ポータブル電源があれば、LEDライトのバッテリー切れの心配もなく、思う存分盛り上がれますね。

その2. 朝起きたら焼き立てパン&ホカホカごはんが食べられる

出典:Instagram by@k_tori03
キャンプ場で焼くには難易度が高いパンも、電源さえ確保してしまえばホームベーカリーが使用可能。朝起きたらパンが焼き上がっているなんて最高じゃないですか? 夜はピザ生地作りなど活用の幅も無限大です。

また、炊飯器を使えば和食派の人は楽してごはんも食べられちゃいます。寝起きに空腹の状態でごはんが炊けるのを待つのはなかなかツライものがありますよね。ポータブル電源&炊飯ジャーの最強タッグなら、朝起きてすぐホカホカごはんにありつけます!

その3. 凍ったアイスだって好きなタイミングで食べられる

出典:Instagram by@outdoor__studio
クーラーBOXでは凍ったままの状態を維持するのに限界があるアイス。でも、ポータブル電源withポータブル冷蔵庫にかかればそんな心配はご無用! いつでも好きなタイミングで冷たいアイスが食べられますよ。

その4. 夏キャンプに必携の扇風機だって長時間稼働

出典:Instagram by@outdoor__studio
夏の最高気温が毎年更新される昨今、もはや扇風機は夏キャンプの必須ギアになりつつあります。けれど途中でバッテリーが切れしまったら、思い切りキャンプを楽しめませんよね。

ポータブル電源はそんな夏の強い味方! 扇風機も余裕の長時間稼働で快適なキャンプを約束してくれます。
 出典:Instagram by@xamm303
なかにはダイソンのエアマルチプライヤー持参のツワモノキャンパーも! キャンプでもスムーズで心地よい風を満喫したいですよね。

その5. SUPボードの空気入れだって広い場所でラクちん

出典:Intagram by@camp_b.d.lee
一般的な電動空気入れの電源コードはそこまで長くないので、SUPボードなどの大物は、膨らむにつれて車のドアが邪魔になってしまうことが。

ポータブル電源があれば、SUPボードやインフレータブルカヤックだって広い場所でスムーズに空気を入れられます。


その6. 息子とゲーム&ラジコン

任天堂 ゲーム 使用イメージ画像
出典:Nintendo
多忙でなかなか子どもと遊ぶ時間がないパパ&ママにはこんな使い方もおすすめ。キャンプに行きたいけど一緒にゲームもしたい……。ならキャンプでゲームもしちゃってもいいじゃない!

ポータブル電源があればバッテリーの心配不要、さらにモバイルルーターも持参して回線の不安を解消することも。
出典:Instagram by@mamimisawa
また、電池の消費が激しいラジコンも、充電式電池に替えてポータブル電源とセット使いすればこの通り。思う存分自然のフィールドを走らせて遊べます。

その7. 車中泊で深夜の小腹を満たすメシ作りにも(電子クッカー)

撮影:Kentos
寒い季節の車中泊キャンプでは、火を使わず車内で調理できる電子クッカーがあると助かりますよね。ポータブル電源の出力W数と電子クッカー側の消費電流がしっかり把握できていれば、車中泊の強い味方に。夜遅い時間でもエンジンをかけることなく調理ができます。

その8. 電気毛布&カーペットで冬キャンプの夜もぬくぬく

出典:Instagram by@yoshihito_tanaka_
冬キャンプだって、ポータブル電源があれば電気毛布で就寝時もぬくぬく。ストーブ非対応のテントでも、電気ストーブや電気カーペットのオール電化暖房で冬キャンプできちゃいますよ。

その9. 外せないスポーツ試合もTVでじっくり観戦

出典:Instagram by@merichan3832
キャンプの日がどうしても気になるスポーツの試合と重なってしまうことも。そんな時もポータブル電源があれば、試合延長だって気にせずライブで観戦できます!

その10. プロジェクターも長時間稼働!オールナイトで野外シアター

出典:Instagram by@maohenry
キャンプの夜にまったりと楽しむ野外シアター、映画好きにはたまりませんね。ポータブル電源ならプロジェクターだって長時間稼働OK! 森の気配に包まれてオールナイトで映画を楽しめます。

ポータブル電源が、キャンプの楽しみ方を広げてくれる!

出典:Instagram by@frede.camp365
キャンプは大好きだけど、キャンプに行くことであきらめざるを得なかったさまざまなことも……。ポータブル電源はそんなキャンプ以外のこともキャンプと一緒に叶えてくれる頼もしい味方。あなたももっと欲張りにキャンプを楽しんでみませんか?


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学2年長男、中3次男、小6長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。夫婦でトレラン目指しトレーニング中! Instagram:@tomoko_y_0216

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!