CAMP HACK[キャンプハック]


【グッドデザイン賞2019】数あるアイテムから選ばれた13のアウトドア用品 | 2ページ目

0


2.

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」

 

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」 「ステンレスキッチンテーブル」は、天板の高さ調節が可能。またIGTフレームのシリーズに連結・拡張ができたりと、キャンプでのキッチンレイアウトの幅を広げてくれます。

さらに上段の天板を取り外し、トップのバーを起こせばハンガーラックとしても使用できるという個性的な機能も! インテリアとしても活用できる優れものです。

スノーピーク ステンレスキッチンテーブル

●サイズ:1,175×545×1,100(h)mm
●重量:16kg
●収納サイズ:1,200×515×120(h)mm
●セット内容:右フレーム、左フレーム、上フレーム、下フレーム、コネクションピース(オス)×8、コネクションピース(メス)×8、テーブルトップ×2
● 材質:フレーム/ステンレス・ポリエチレン・ポリアセタール、天板/ステンレス

【受賞理由】

キャンプでの厨房を支えるラック式テーブルは、組み立て式に伴うがたつきの問題が多かった。このテーブルは、支点を減らしたA型の構造で、がたつきを解消している。

さらに、ハンガーラックとして、服を掛けるなどTPOに対応した使い方が可能な点が優れている。外観は、シンプルでオーバーデザインがなく好感が持てる。(引用:GOOD DESIGN AWARD

3. スノーピーク「ヘキサイーズ1」

スノーピーク「ヘキサイーズ1」 タープとテントが一体化したようなデザインの「ヘキサイーズ1」は、日中快適に過ごすのに必要十分なサイズの前室を確保したモデル。収納サイズは62×19×23cmと携行性の良さも魅力です。

スノーピーク ヘキサイーズ1

●重量:5.2kg
●収納サイズ:62×19×23(h)cm
●フライシート:210Dポリエステルオックス、耐水圧3000mmミニマム

【受賞理由】

ソロキャンパーの新しいニーズを的確に捉えた製品企画とそれを美しい意匠で表現した外観が高い評価を集めた。これまでのテント以上に快適性を求め、またフライシートがタープとしても使えるなど利便性・拡張性がデザインされたことで、新しいソロキャンプのイメージを切り開いていく商品になるのではないかと思われる。(引用:GOOD DESIGN AWARD


4. スノーピーク「TAKIBIタープ“オクタ”」

スノーピーク「TAKIBIタープ“オクタ”」 “タープの下で焚き火ができる”という夢のような機能を有した製品も合わせて受賞! 変形八角形のタープは、難燃性のインナールーフを備え、2重の幕構造により遮光性と断熱性も良好です。

スノーピーク TAKIBIタープ“オクタ”

●重量:8.9kg
●収納サイズ:キャリーバッグサイズ:83×25×26(h)cm
●セット内容:タープ本体、インナールーフ、自在付ロープ(二又用10m×2、二又用7m×2、3m×4、2m×4)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
●材質:タープ本体/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナールーフ/ポリエステル・コットン混紡
●対応人数:6~8名

【受賞理由】

難燃性の高いインナールーフを採用することでタープの下で焚火をすることができる。それによってキャンプや、アウトドアにまつわる状況や行動が確実に変わり、選択肢が増える。その点をまず評価したい。

タープ本体は撥水加工がされており、雨を防ぐ本来の機能を果たしながら、幕を二重にするというシンプルな行為で、遮光性や断熱性も従来のタープより向上している。本体は焚火をすることを想定しているため面積が広く、結果として複数の人数で快適に過ごすことができる。(引用:GOOD DESIGN AWARD

スノーピークは、サービスの取組みを含め全8点でグッドデザイン賞を受賞! その他の受賞アイテムに関しては、こちらをチェックしてくださいね。

5. テンマクデザイン×ウィンナーウェル「ウッドストーブ」

テンマクデザイン×ウィンナーウェル「ウッドストーブ」 一般的に収納サイズが嵩む薪ストーブですが、この「ウッドストーブ」は煙突を全て本体に収納できるコンパクト設計! おまけに脚はワンタッチ開閉できたりと扱いやすい点もメリットです。

【受賞理由】

ニーズに応える適切な製品企画と豊かなアウトドアシーンを想起させるデザインが高く評価された。細部まで丁寧に使い勝手が設計されており、また経年変化が楽しめる素材選定と外観形状も素晴らしい。ユーザーの使用状況を深く観察した痕跡が製品に表れている。(引用:GOOD DESIGN AWARD

製品の詳細はこちら

6. トヨトミ「レインボーぐるんPa・RB-G250」

トヨトミ「レインボーぐるんPa・RB-G250」 キャンパーに絶大なる人気を誇るトヨトミの石油ストーブからは、SDGsに取り組み廃乾電池を出さない設計に仕上げた新作「レインボーぐるんPa・RB-G250」が受賞しています。

トヨトミ レインボーぐるんPa・RB-G250

●サイズ:H474.5×W388×D388
●質量 :6.2kg
●カラー:ホワイト(W)

【受賞理由】

暖房機能に加えて40W相当の照明もとれることから、キャンプでも室内でも幅広く愛用者を持つ石油ストーブ「レインボー」シリーズに、手回し点火機能が追加されたモデルである。メーカーは震災を契機にして手回し点火機能の開発に至ったといい、乾電池やライター不要の石油ストーブを実現、そのラインアップを増やしている。

防災や環境といった困難な課題に貢献しつづけるメーカーのあり方に評価が集まった。(引用:GOOD DESIGN AWARD

7. N9「ルーメナー2」

ルーメナー
撮影:編集部
1500ルーメンの大光量LEDライトとして新たなムーブメントを作りだした「ルーメナー2」。スタンドとしても使える磁石フックや、カメラの三脚に取り付けられるネジ穴があったりと、設置のしやすさにも配慮されています。

N9 ルーメナー2

●重量:280g
●サイズ:129mm×75mm×22.7mm
●重量:280g
●明るさ:100〜1500Lumen
●連続点灯時間:約8〜100時間
●充電時間:約5時間(5V 2.4A充電アダプターの場合)

【受賞理由】

特に機能面において製品を構成する諸要素に対して、それぞれしっかりと追求がなされ、開発されている点を評価した。LEDランタンとしての単純な明るさや点灯時間の長さはもちろん、小型化と軽量化による携帯性、防水や耐衝撃などの堅牢性、また、多様な用途に対しても考慮がされているため、利便性も非常に高い。

充電器としても使用が可能で、災害時には重宝することだろう。警察や科捜研の機材として採用されていることも納得できる。(引用:GOOD DESIGN AWARD

関連記事