ワクワク、ドキドキ、冒険気分!洞窟探検が楽しめるキャンプ場6選

2019/10/28 更新

キャンプの楽しみ方は人それぞれのスタイルがありますよね。今回はアクティブ派におすすめの、非日常的な洞窟探検ができる キャンプ場をご紹介。全国各地から洞窟へのアクセスが抜群のキャンプ場を集めましたよ!


アイキャッチ画像出典:龍泉洞 

キャンプで非日常探検をしてみよう!

出典:PIXTA
みなさんはキャンプをどのように過ごしていますか? アクティビティに挑戦したり、癒やしの時間をのんびり過ごしたりと、人それぞれの楽しみ方がありますよね。

そんな楽しみ方のひとつとして提案したいのが、非日常感を味わえる“洞窟探検”です。

今回は洞窟に隣接していたり、クルマですぐにアクセスできるキャンプ場を集めました! ぜひ次のキャンプでワクワク、ドキドキの探検を楽しんでみては?

もはや洞窟がメイン!?冒険気分が味わえるキャンプ場6選

①日本三大鍾乳洞のひとつがある「龍泉洞青少年旅行村」

出典:なっぷ
こちらは岩手県にある「龍泉洞(りゅうせんどう)青少年旅行村」。料金はフリーサイトの場合、大人310円、小中学生150円という嬉しい価格設定!

野球もできるグラウンドやテニスコートが併設されており、思い切り体を動かせます。

出典:龍泉洞 
キャンプ場から徒歩5分ほどの距離にある「龍泉洞」は、国の天然記念物に指定されており、日本三大鍾乳洞のひとつでもあります。世界有数と言われる透明度の高い地底湖は必見です!

また洞窟内には自然にできたハート型に見えるスポットがあるため、“恋人の聖地”とも言われています。カップルや家族、友人とハートを探してみるのも楽しそうですね。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成12
キャンプ場の詳細はこちら
「龍泉洞」の詳細はこちら

②いざ関東最長の鍾乳洞へ!「まほーばの森」

出典:なっぷ
「まほーばの森」は、群馬県にあるオートキャンプ場。スカイブリッジやアスレチックなど施設が充実しており、コテージ泊も可能。林間サイトは隣とある程度距離が離れているため、ゆったりと楽しむことができます。

キャンプ場から伸びる吊り橋を渡った先にあるのが「不二洞(ふじどう)」。こちらは関東最長の洞窟で全長約2.2km、徒歩40分かけて1周します。

坂道や階段などアップダウンが多く、滑りやすい箇所も多いのでしっかり歩ける靴で行くのがおすすめです。

住所:群馬県多野郡上野村大字勝山1169
キャンプ場の詳細はこちら
キャンプ場の予約・口コミはこちら
「不二洞」の詳細はこちら

③東京にも鍾乳洞があった!「大岳キャンプ場」

場内を川が流れる自然いっぱいの「大岳キャンプ場」は、なんと東京都! 夜には満点の星空が広がり、大自然を満喫できます。

テントや道具のレンタルサービスはないので、一通りアイテムが揃った方向きです。

キャンプ場からすぐそばにあるのが、東京都の天然記念物にも指定されている「大岳鍾乳洞」。じつはこちらの洞窟、2019年夏に約30年間閉じていた“幻のコース”が復活したのです!

所要時間は5分ほどですが、高さ60cmほどしかない難所もあり冒険好きにはたまらない洞窟ですね。

住所:東京都あきる野市養沢1587
キャンプ場の詳細はこちら
「大岳鍾乳洞」の詳細はこちら

④一年中氷に覆われている洞窟を歩ける「紅葉台キャンプ場」

 
出典:紅葉台キャンプ場 facebook
富士五湖のひとつ、西湖のほとりに位置する「紅葉台キャンプ場」。海抜900mにあり、真夏でも涼しさを感じられるほど。

カヌーの貸し出しをしているので、湖上でのんびりと癒やしの時間を満喫することができます。

キャンプ場からクルマで10分以内の距離にある「鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ)」は、ライトアップされた氷柱やつららが見所です!

ピンクやブルーなど色鮮やかに照らされた空間は、とても幻想的。洞窟内の平均気温は0〜3℃しかないため、1年中この景色を楽しむことができますよ。

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2202
キャンプ場の詳細はこちら
「鳴沢氷穴」の詳細はこちら

⑤自然のアートがいっぱいの洞窟へレッツゴー!「秋吉台家族旅行村」

出典:Instagram by @f_kazuki
大草原が広がる景勝地「秋吉台」からクルマで5分ほどの距離にある「秋吉台家族旅行村」。

サッカーやバドミントンなどの遊具を貸し出している広場や、そば打ちやピザ作り体験もできるので一日中飽きることがなさそうですね。

こちらのキャンプ場から徒歩10分ほどの距離にある「秋芳洞(あきよしどう)」には、自然が作り出したアートな世界が広がっています。

中でもお皿が積み重なったような「百枚皿」は圧巻! 大自然の神秘に心が打たれます。

出典:PIXTA
こちらも洞窟内で見ることができる「洞内富士」。天井から落ちる石灰分を含んだ雫が堆積し、5mほどの大きな山を作り出しています。まるで白い傘雲をかぶった富士山のようですね!

住所:山口県美祢市秋芳町秋吉1237-553
キャンプ場の詳細はこちら
「秋芳洞」の詳細はこちら

⑥美しい鍾乳洞はすぐそこ!「いなづみ白山川キャンプ村」

大分県にある「いなづみ白山川(はくさんがわ)キャンプ村」には、名水百選に選ばれた清流である白山川が流れています。

キャンプ場には22mの巨大な観音様や、滝や美術館まであり、見どころが充実しているのが特徴!

キャンプ場内にあるのは、約30万年前の阿蘇山大噴火でできたと言われる「稲積水中鍾乳洞」。なんとこの洞窟、日本最長の水中鍾乳洞ということもありスキューバダイビングができるのです!

もちろん有料ではありますが道具一式レンタルができ、10歳から体験できるので、ご家族みんなでいかがでしょうか?

住所: 大分県豊後大野市三重町大字中津留300
キャンプ場の詳細はこちら
「稲積水中鍾乳洞」の詳細はこちら

次のキャンプは洞窟を冒険してみよう!

出典:PIXTA
つらら状の鍾乳石が1cm成長するのにかかる時間は、約100年と言われています。何万年、何億年という気が遠くなるほど長い時間をかけて作られた洞窟は、神秘の宝庫!

はるか昔に思いを馳せながら、冒険のようなドキドキを味わうキャンプをしてみませんか?

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Akiko

キャンプ、川、車、料理、ビールが大好き!な2児の母です。アウトドア好き旦那、釣り好き息子、冬でも泳ぎたい娘とファミリーキャンプを楽しみながら、キャンピングカー購入を計画中!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!