ニューヒーロー見参!これからの必携アイテム「ブランケット」に注目株が登場

日進月歩の進化を続けるアウトドアイクイップメントの中でも、なぜか特段の進化を遂げてこなかった稀有な存在、ブランケット。そんな良くも悪くもクラシックなアイテムに、ついにモダンファンクショナルなアプローチを施したサンフランシスコ生まれのハイスペックブランケットブランド「ランプル」が、今季日本本格始動!早速その魅力を紐解きました。


    スクエアタイプのブランケットは、豊富なカラバリでコーディネイトが楽しくなる!

    ORIGINAL PUFFY BLANKET/HORIZONS
    保温性や撥水性など、その優れた機能性もさることながら、色柄バリエーションの豊富さは「ランプル」の大きな魅力。

    中でもテキスタイルデザインの完成度は特筆モノ。エスニックからクラシックまで、さまざまなテキスタイルパターンで、アウトドア好きのハートを力強くグリップします。そのツボを突いた佇まいは、秋冬キャンプコーディネイトの主役の座を担うことも可能。


    ファッションアイテムとして「纏える」ことにも重きを置く「ランプル」。長辺中ほどには小ぶりなフック&ループを配し、煩わしいズリ落ちを解消。マントのように羽織れる設計に。


    すべてのテキスタイルモデルの裏面は、シンプルな単色仕様。気分やコーディネイトによって使い分けができる、便利なリバーシブルデザインが作用されています。ちらりと見える柄面が洒落感高し。



    VANTASY
    JAMBOREE
    WOODLAND CAMO
    R100
    DEEP WATER
    こちらはよりシンプルな単色モデル。あくまでプレーンなルックスながら、エッジパイピングとステッチを配色にする辺りが計算高い。

    見慣れた直線的なキルティングとは一線を画す、等高線さながらに波打つ有機的なキルティングパターンもポイント。ちなみにモデルは身長182cm。大柄男性が纏ってもまだ余裕を残す、132cm×190cmの大判サイズに。


    高精度な耐久撥水加工により、雨粒だってご覧のとおりの弾きっぷり。ちょっとした雨天時ならレインウェア代わりにも着用し続けられるという点は、ブランケットとしては極めて斬新かつ大きなアドバンテージ。

    ボディマテリアルには20Dナイロンを採用。軽量薄手仕立てながら、リップストップ仕様で引き裂き強度にも優れています。また防汚性も高く、泥汚れくらいはサッとひと拭きで除去可能。


    収納に便利なスタッフサックも付属。さらに巾着式の入り口付近にはカラビナも配備。「ザックに括り付けたいのにコンプレッションが埋まっちゃった!」なんてときも、これさえあれば万事解決。かゆいところに手が届く細かな気配りは、アップカマーブランドならでは。

    気配りと言えば、環境への配慮も。リサイクル資源を100%使用しており、ブランケット1枚に少なくとも60個の廃棄されたプラスチックボトルを高品質のポリエステル糸に再生したものから作られているんだとか。
    左_ARMY GREEN、右_BURGUNDY/CARDIFF
    ORIGINAL PUFFY BLANKET詳細はこちら

    あんな使い方やこんな使い方も、もちろん可能!


    132cm×190cmの大判サイズは、2人で同時に使用しても余裕あり。プラス子供ひとりくらい入っても問題なく使えそうです。


    就寝時、まさにブランケットとしてシュラフにかぶせても、ご覧のとおりのあり余りよう。これならどんなに寝返りを打ってもはだけることはないでしょう。またシュラフ全体をグルっと巻き込むラップスタイルも可能。通常のブランケットよりも遥かに保温性が高いので、厳冬期にも必ず重宝するはず。

    これからの肌寒くなる季節には、ポンチョモデルでヌクヌク!

    ALL NEW PUFFY PONCHO
    ざくっと羽織って雨を凌ぐポンチョ本来の機能とスタイルはそのままに、150gの3D中空ポリエステルインサレーションを充填。たっぷり空気を含むその繊維形状で、ダウンさながらの保温性を実現しています。

    シェルジャケットの上からでも着用できるその姿は、昨今のアウトドア業界でも大いに見直されている、今が旬な「ハンテン」スタイルにも通ずるところあり。まるで羽根布団を着ているかの様なヌクヌクあったかデザインで、秋冬キャンプで手放せなくなること確実です。


    フロントにはビッグサイズのパッチポケットを配置。収納力抜群の大型フラップポケットとカンガルーポケットの2WAY仕様で、キャンプ中にかさばる身の回り品を一括収納。

    ハンドウォーマーとしても機能するので、かじかむ手先もポカポカです。


    さらにポケットフラップの付け根部分には、コンシールファスナー仕様のミニポケットもあり。本来的にはボトルホルダーとしてのディテールワークながら、見失いがちなスマートフォンの専有部屋としても大いに役立つこと請け合いです。


    サイドには大きく切り開かれたスリットをレイアウト。スナップボタンを閉めればより高い保温性を確保しつつ、開放すれば動作性が向上。ニュアンスのある表情は、ファッションデザインとしても高い効果を発揮しています。


    フロントポケットにボディが丸ごと収納できるパッカブルデザインで、携帯性も◎。肉厚かつ柔らかな触感で、収納時はクッションや枕に早変わり。


    ボディマテリアルは耐久撥水加工を施した20Dのリップストップナイロンを採用。家庭用洗濯機での洗い、さらには乾燥機の使用も可能というイージーケアも嬉しい限り。

    写真のブラック、リアツリーカモの他、ネイビー×レッド、ブラックベース×クリスタルウォッシュのカラーバリエーションもあり。

    ALL NEW PUFFY PONCHO詳細はこちら

    こんな遊び心ある小物もラインナップ!

    THE BEER BLANKET
    インサレーションシュラフの技術力を応用した、こんなボトル用ブランケットもリリースあり。ネオプレーン素材が普通のいわゆるクージーとは一線を画すポップかつウォーミーなデザインで、テーブルをポップに彩ります。


    本体に取り付けられた小袋に、ボディ全体が畳んでしまえるパッカブル仕様。ご覧のとおり手のひらサイズに収まるコンパクト収納で、持ち歩きにも便利です。

    THE BEER BLANKET詳細はこちら

    温まるだけじゃない、デザインも秀逸な「ランプル」


    いかがでしたか? サンフランシスコ生まれのブランケットブランド、「ランプル」。水にも汚れにも引き裂きにも強く、極めて軽く温かで、かつファッションイクイップメントとしてのポテンシャルも高水準。色柄バリエーションも豊富に揃い、その選択肢も幅広い。

    そんな良いこと尽くめの新星ブランドの登場は、これまでウール一辺倒だったブランケットというカテゴリーにおいて、まさにビッグニュース! この秋以降、これまでのブランケット界の勢力図が変わるかもしれません。

    ORIGINAL PUFFY BLANKET詳細はこちら

    ALL NEW PUFFY PONCHO詳細はこちら

    THE BEER BLANKET詳細はこちら

     

    Sponsored by 株式会社スタンレーインターナショナル

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!