足回りで差をつけろ!クルマのリフトアップ事情を調査【プロに聞いてみた】

2019/09/10 更新

キャンプに似合う車の定番といえば 4WD。ノーマルのままでもオフロードの走破性は抜群ですが、ごついタイヤに変えたり車体をリフトアップすることで一層のアウトドア感を演出できます。でもお金がかかりそうだし、車検を通せるのかも疑問。そこでリフトアップ初心者のために、その道のプロの方にお話を伺ってきました。


アイキャッチ画僧提供:ロードハウス

キャンプの相棒、もっとアウトドアライクにしたくない?

提供:ロードハウス
オートキャンプを楽しんでいる人たちの愛車と言えば、SUVやワゴンタイプの4WDが人気。

ノーマルのままでもスタイリッシュで快適な乗り心地を楽しめますが、よりアウトドアっぽさを演出するのであれば、車体のリフトアップがおすすめです。

提供:ロードハウス
写真は「ランドクルーザー プラド150」をベースに、それぞれ6インチ(左)と2インチ(右)のリフトアップを施したモデル。

ワイルドさが増してカッコよくなったのはもちろん、車高が上がったことで岩場や段差を気にせずに走ることができるんです。

実際のリフトアップ例を見てみよう

まずはいかにカッコよく変化するかを把握するため、デモカーによるリフトアップパターンをチェックしてみましょう。

三菱 デリカD:5

提供:ロードハウス
7インチ(175mm)リフトアップしたデリカ。ここまで上げると、運転席からの見晴らしは4トントラック並みになるとか。構造変更車検を通しているので、この状態で車検もクリアできるというから驚きです。

スバル フォレスター

提供:ロードハウス
こちらのフォレスターは、1インチ(25mm)のリフトアップ。小径ホイールに変え、タイヤを全地形に対応するオールテレーンタイヤにすることで、足回りのマッチョさがアップ!

トヨタ ランドクルーザー プラド150

提供:ロードハウス
2インチ(50mm)リフトアップした、ランドクルーザー プラド150。ブラックのオーバーフェンダーやルーフキャリアと相まって、男らしいルックスに仕上がっています。

といったように、車高を上げるだけで見た目の印象がガラリと変わるリフトアップ。無骨なオートキャンパーには魅力的なカスタムですが、やり方や費用など実際のところはどうなのでしょうか。気になる点をプロに伺いました。


リフトアップって実際どうなの? 専門店に聞いてみた

撮影:筆者
今回お話を伺ったのは、埼玉県越谷市にある「ロードハウス」。創業30年を超える老舗のカスタムショップで、4WDをメインにリフトアップを行っています。

ジェネラルマネージャーの高橋肇さんは、リフトアップしたデリカD:5が愛車。普段から釣りやキャンプ・スノーボードとアウトドアライフを満喫されています。

アウトドアを楽しむ上で、リフトアップすることのメリット・方法や費用など、気になることを伺いました。

リフトアップのメリット1:見た目がワイルドで、カッコよくなる

撮影:筆者

リフトアップして一番最初に感じられるのが、どこへでも行けちゃうんじゃないかと思わせるワクワク感です。

と高橋さん。写真左は筆者のノーマルフォレスターで、右側が5インチ(125mm)リフトアップしたフォレスター。タイヤやホイールも変えているせいか、足回りの印象はノーマルと比べると段違い。

撮影:筆者
下から見上げると、タイヤ上部の隙間がよくわかります。

1インチアップでも十分にカスタマイズを実感できますが、5インチ上げることで見た目も乗り心地も、リフトアップの醍醐味が味わえます。

リフトアップのメリット2:オフロード走行が楽になる

提供:ロードハウス

リフトアップすることで外径の大きなタイヤが装着でき、地上高が上がります。これによって岩場や段差があっても車体をこする心配が少なくなります。

河原の岩場や林道などのオフロード、オートキャンプ場でたまに遭遇するハードな環境でも、リフトアップしていれば安心感が全然違ってきます。

これなら車でもっと色んな所に出掛けたいという気持ちにもなり、ドライバーとしてもテンションが上がりますね。

リフトアップのメリット3:アイポイントが高くなるので、渋滞時に運転しやすくなる

撮影:筆者

5インチ以上上げると、運転席からの視界も変わってきます。特に高速で渋滞しているときは、前方の視界が開けているので運転しやすいですね。

ちなみに高橋さんが乗っているデリカは、驚異の7インチ(175mm)アップ! トラックの運転席とほぼ同じ高さなので、横に大きなトラックが並んでも圧迫感を感じないとか。

カッコよく魅力的リフトアップですが、日常的に維持していく上で気になることも。車検や高さ制限などについても伺いました

気になる点1:車検って通るんですか?

撮影:筆者
ワイルドな見た目のせいか、どうやっても車検が通らなそうな印象を拭えませんでしたが、高橋さんに聞くと……。

40mm以内のリフトアップであれば、基本的には問題ありません。それ以上の高さでも、構造変更車検を受験すればクリアできます。

とのこと。とはいえ、一般の方が陸運局の検査官とやり取りするのは難しいので、40mm以上のリフトアップや車幅変更を検討する場合は、専門のカスタムショップなどに相談しましょう。

気になること2:駐車施設の高さ制限に引っかからない?

撮影:筆者
次に気になったのが、駐車場の車高制限。自走式の駐車場の場合2~2.5mが平均的な制限ラインですが、こちらに関しては?

1インチが25mmなので、5インチアップしたとしても車高は125mm上がる計算。多少のリフトアップであればほぼ問題ないのですが、ルーフキャリアを設置する場合は注意が必要です。

キャリアだけで最低200mmはあるので、リフトアップと足して300mmアップということも。入れない駐車場が増えてしまいますので、生活スタイルを考えてから設計したほうがよいでしょう。

気になること3:風の影響や四隅の視界は?

提供:ロードハウス
横風の影響を受けやすく感じるリフトアップですが、車高を上げている高橋さんの愛車「デリカD:5」は、普段から車高の高い車を運転していることもありあまり気にならないだとか。

ただ一般的には高速走行時の横風は気になると思いますので、そのような状況下では巡航速度の調整などを気をつけてください。直前直左の視界確保については、構造変更車検を通すためにもカメラを装着するなどしっかり対応しています。

また、後方視界に関してもバックカメラでフォローしています。

安全面にも細心の配慮をされているようですね。

期待が高まってきたところで、ここでプロの仕事を拝見。リフトアップは実際にどうやって行われるのか、少し見せていただきました。


リフトアップ方法と費用の相場

撮影:筆者

リフトアップに欠かせないのが、このようなスプリングパーツ。基本的にはこれをノーマルのスプリングと交換することで、車高を上げていきます。

撮影:筆者

青いスプリングが交換済みのパーツ。最近のSUVはスプリングだけで上げられるのは1インチが限界で、ボディアップマウント(4インチサイズ)というパーツと組み合わせて高さを調整していきます。

車種や年式によって対応するパーツや高さが異なるそうなので、まずは専門業者に相談すると良いでしょう。

ところで費用はどれくらいかかる?

撮影:筆者

車によってパーツが変わってくるので、一概にいくらとは言い切れません。何インチ上げるかによって変動しますし、車種によって上げられる高さの選択肢も変わってきますので。まずは一度、専門業者に相談するといいと思います。

車両や年式によってばらつきがありますが、リフトアップに必要なスプリングは4本セットで4~5万円くらいが相場だとか。これに工賃や構造変更が必要な場合は、追加コストがかかるようです。

リフトアップすれば、アウトドアライフがもっと楽しく!

提供:ロードハウス
見た目の印象がワイルドになるのはもちろん、ノーマル車だと行けない場所だって気にせず行けちゃうのがリフトアップの魅力。

アウトドアレジャーやキャンプをもっと楽しむなら、愛車のリフトアップを検討されてはいかがでしょうか?

4WDでカスタムを検討中なら「ロードハウス」へ

リフトアップに関する豊富な経験と知識を持つ「ロードハウス」なら、あなたの悩みや気になることも親身になって相談に乗ってくれます。関東近郊にお住まいの方は、ぜひ足を運んでみよう。

住所:埼玉県越谷市東越谷3-5-8
電話:048-963-7600
定休日:年中無休
営業時間:10:00~19:00

公式サイトはこちら


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
まつい ただゆき

フリーランスのエディター/ライター。8歳からキャンプをはじめ、現在は二人の子どもを連れてのファミリーキャンプに勤しむ日々。「外でも家のようにくつろぐ」をテーマに、快適でお洒落なキャンプスタイルを探求中

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!