CAMP HACK[キャンプハック]


タープとペグは森暮らしの日用品【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第3章#2】

0


白樺の枝をポール代わりに

タープ
ポール代わりにしているのは、白樺の枝。白樺は枝分かれがいくつもあるので、高さ調整をしたりフック代わりに物を掛けたりと非常に便利です。

金属製よりも自然に溶け込みますしね。
タープ その下の原木置き場にも、DDタープ(4×4)を。 このタープはループの数が多いので、張り方も自由自在。所構わずシート代わりに使ってきた事もあり、かなり色褪せてしまいました……。
タープ 薪 一段下の敷地にはグリップスワニー × ネイタルデザインのFPタープ。 炎天下では熱中症になりやすいので、タープ下で薪割り作業をしています。

火まわりにはとりわけタフな難燃タープをチョイス

タープ
薪割りをしていると木っ端や虫食いの木などが出てくるので、その場で燃やして処分してしまいます。

近くで焚き火をしてもそこはグリップスワニー、難燃素材のファイヤーシールドのおかげで安心して張っていられます。

タープ
サブポールにも白樺を使い、枝にガイロープを引っ掛けて高さを調整しています。

簡易的にどこにでも張れるタープはとても重宝していますが、先日の台風10号の時はさすがに張りっぱなしでは不安でした。
タープ
台風10号に備えた時の様子がこちら。下の敷地のタープは撤去し、軒下のタープは外壁に固定して強風に備えました。

森暮らしならではのタープとペグの選び方

タープ 私がタープ選びに重点を置いているのは、グロメットとループ部分の強度です。 形も素材も様々なタープ、選び方は利用シーンや人数によって違いますし、耐水圧や遮光性などの機能を優先する方もいるでしょう。ですが日常的に使う私の場合は、いかに耐久性があるかが重要です。

テンションをかけたり風の影響を受けやすいループがどのように補強されているかが気になるところです。
次に、私が愛用しているペグをご紹介します。

愛用ペグは約50本

ペグ
我が家は中央アルプスの麓にあるので、石も多く砂も多い。異常に固い地面もあれば、海辺のような砂地もあります。

そんな様々な状態の地面には、サイズが豊富で頑丈な鋳造ペグが一番です。
ペグ 左から、エリッゼ 鋳造ペグ18cmと28cm、スノーピーク ソリッドステーク30、 キャンピングムーン ステンレス鋼R-40、キャプテンスタッグ 鋳造ソリッドペグ500…… と、18~50cmまでで50本ほど揃えています。

森暮らしではタープやテント以外にも、作業用の杭としての出番も多いですね。

ペグ
常設のタープには地中に埋まったままのペグもあり、錆の発生も酷くなりました。 今回初めてステンレス鋼を購入したので、しばらく様子を見たいと思っています。

ペグ 切り株
ペグ以外には、深く根を張った植木の切り株なども利用しています。 たまにつまずいたりして邪魔と言えば邪魔ですが……。

環境が整っていないので、何をするにもキャンプのような暮らし。そんな野外での過ごし方を、次回もご紹介できればと思います。
写風人の過去の連載はこちら

写風人

1955年生まれ。長野県駒ケ根市在住のプロカメラマン。薪ストーブを中心とした火のある生活を愉しみつつ、ダッチオーヴン料理や薪ストーブクッキングなどの講座も行う。かねてより念願であった森暮らしを実現。薪ストーブと焚き火三昧の日々を愉しんでいる。Instagramは@syahoo_jin

関連記事