CAMP HACK[キャンプハック]


ユニフレーム ユニ鉄

それは反則ですよユニフレームさん!おいしいとこ取りのハーフ&ハーフ鉄板「ユニ鉄」が素晴らしい

0

ユニフレームから発売された新作鉄板「ユニ鉄」を使ってみました!平らなフラット面と凸凹のリブ面がコンビになった、焼き面を選べるありがたい二刀流仕様。色んなアウトドアブランドから鉄板が発売されていますが、これは真打登場か……!?

山畑 理絵


記事中画像撮影:筆者

いま“テッパン業界”がアツい!

出典:Instagram by @safsni
「ヨコザワテッパン」や「男前グリルプレート」、「大人の鉄板」など、各方面からキャンプに使える“テッパン”が続々と登場し、今まさにテッパン界に新しい風が吹いています。

出典:オークス
そんなテッパンブームを追いかけるように登場したのがこちら。“かなり使える”とウワサなので、使い勝手やスペックなど、実際に使用した筆者が詳しくご紹介していきます。

その名は「ユニ鉄」

2019年に発売された「ユニ鉄」。その名からわかるように、バーベキュー用品に強いユニフレームが生み出したグリル鉄板です。

まずはお肉を焼く前に、「ユニ鉄」のスペックと特長をチェックしていきましょう。

「ユニ鉄」はどこがスゴい? スペックと特長


お肉を焼く前に、基本的なスペックと、“ユニ鉄のここがイイ!”なポイントを整理しておきます。

まずはスペックから


■商品名/ユニ鉄
重量/約1.45kg
サイズ/約200×200×17mm
材質/ダクタイル鋳鉄(FCD)※強度や延性をよりよく改良した鋳鉄のこと
原産国/日本


ユニフレームは新潟県燕三条にあるアウトドアメーカーです。周知のとおり、燕三条は金属加工産業のさかんな街として世界的に知られている場所。

この「ユニ鉄」ももちろん、メイド・イン・ジャパンの鋳鉄アイテムです。

「ユニ鉄」のここがイイ① 油が落ちない、フチの立ち上がり


「ユニ鉄」最大の特長であり、強みは、鉄板をぐるっと囲むフチの立ち上がり。このフチの立ち上がりがあることで、熱源に油が落ちず、炎や煙があがりにくい仕様になっています。

フチから漏れない範囲ならば、水分のある料理にも対応。鉄板レシピの幅を広げてくれます。

「ユニ鉄」のここがイイ② リブ面とフラット面がある


焼き面は、リブとフラットが一体型になり、焼くものに合わせて選べる仕組み。

お肉はリブ面で焼くと、余分な脂が落ちてよりおいしくなりますし、野菜はフラット面で、短時間でしっかり焼くことができます。

「ユニ鉄」のここがイイ③ 適度なサイズ感


大きすぎず、小さすぎず、分離式シングルバーナーに乗せたときにいい塩梅のサイズ感も大きなポイント。購入したステーキ肉がリブ面にちょうどおさまりました。

少人数でパパッとBBQを楽しみたいとき、河原やベランダでソロBBQを堪能したいときにピッタリなサイズ感です。

「ユニ鉄」のここがイイ④ ゴトクからズレにくい


鉄板の裏側には複数の突起が付いているので、ゴトクからズレにくい工夫もさすが!

「ユニ鉄」のここがイイ⑤ ハンドルでしっかり固定できる


ユニフレームが以前から販売している「ウェ~ブ焼網ハンドル」が使える仕様になっているので、装着することで安定して持ち上げることができます。

ハンドルは、穴に上から挿し込むだけ。焼網の取り外しにも使えるので、BBQ時のお助けアイテムですね。

【検証】お肉を焼いてみた


スペックうんぬんが分かっても、実際に使ってみないことにはその製品の良し悪しって分からないもの。ということで、実際にお肉と野菜を焼いていきます。さて、仕上がりやいかに!?

焼くときは、分離型のシングルバーナーなどで


繰り返しになりますが、「ユニ鉄」は鋳鉄製品。焼くときは、輻射熱でボンベが過熱されないよう、「分離型のシングルバーナー」や「焚き火台」などを使いましょう。

まずはリブ面でステーキを焼いてみる


では早速、ステーキを焼いていきます。お肉は常温に戻し、あらかじめ塩コショウをふってあります。

温まったユニ鉄にお肉を乗せると、1分もかからないうちに、徐々に火が通っていくのが分かります。

関連記事