妙高・野尻湖で行われた「シートゥーサミット」体験記!〜海からあの山頂を目指して〜

モンベルと地方自治体が協力し、アウトドアアクティビティを使いながら自然の魅力や地方の良さを満喫できる大会が全国各地で行われています。それが「シートゥーサミット」。今回は7月に開催された妙高・野尻湖大会にライターが出場してきました。その実体験や良さをたっぷりと紹介します!


    モンベル×地方自治体が主催するスポーツイベントに参加してきた


    近年ではキャンプと一緒にシーカヤックやMTBなどをする人が増えており、アウトドアアクティビティが少しずつ知名度をあげています。皆さんは最近、アクティビティをやっていますか?


    今回紹介するのは、カヤック、サイクリング、そして登山の人気アクティビティを“1日でまとめて”体験できるスポーツイベントについて。それが「シートゥーサミット」です。今回はCAMP HACKライター(筆者)が実際にこのイベントに参加し、参加してみた感想や魅力をお伝えします。

    その前に「シートゥーサミット」とは?


    シートゥーサミットは、モンベルと自治体が取り組む環境スポーツイベント。カヤック、自転車、登山の3種のアクティビティを通して、海、陸、山の各自然の営みや地方の魅力を肌で感じることができます。

    毎年全国で行われており、今年は全13回も開催。2019年からは北海道・オホーツクと岡山・備前が加わり、さらに盛り上がりをみせています。

    今回筆者が参加したのは、7月20日(土)から7月21日(日)にかけて行われた「妙高・野尻湖大会」。長野県・信濃町にある野尻湖からスタートして、新潟県・妙高市にある頸城三山の最高峰・火打山の頂上を目指します。火打山の山頂から眺める妙高戸隠連山国立公園は非常に絶景!


    ちなみに、本大会は海から山頂までの総距離は約34km、標高差がなんと1,808m! 13会場のうち、もっとも「難易度が高い」イベントとのこと……。


    シートゥーサミット本番!果たしてライターは完走できたのか…


    大会は梅雨時期に行われたため、開催3日前でも雨予報。当日はどうなることかと思いきや、フタを開けたら雨は降らず! 無事に大会が開催されました。


    集合は朝4:50。寝ぼけ眼で会場入りした筆者は、カヤックと自転車の調整をして準備万端! スタート前は余裕綽々な顔ですが、その後壮絶な道のりを進むことになるとは想像していませんでした……。

    【種目①:カヤック】波が強い野尻湖を3kmほど周回


    選手宣誓を終え、朝5:00にスタート。筆者は2番目のスタートです。シートゥーサミットは競争ではないため、最初にフィニッシュした人が優勝というものではありません。

    各選手もしくはチームにはカードが手渡されます。各種目の入れ替わり地点でこのカードを機械に通し、何時にどこを通過したかが記録されます。各通過時間を集計し、後日にこの結果を見られるようになっているんです。


    最初の種目であるカヤックは、野尻湖の中央にある琵琶島を1周して、開会式があった場所まで戻ってきます。思った以上に波があり、何度かしぶきが身体にあたる場面が! でも、漕いで火照った体にあたる水温がちょうどよく、湖は底が見えるほど美しくて気持ちよかったです。

    カヤック部門はペットを同伴可能。ワンちゃんも気持ち良さそうに乗っていました

    合計3kmほどの距離を無事に終えた筆者。すでにこの時点でヘトヘト(笑)。ちなみに、カヤックのゴールに到着するまでに3組ほどに抜かされました。

    シートゥーサミットには「シートゥーサミッター」と呼ばれる常連がいて、全大会に出場する強者が存在! ファンがつくほどの人を虜にする大会ということなんですね。

    【種目②:カヤック】野尻湖から峠を越えて笹ヶ峰キャンプ場へ


    カヤックの次は自転車。今回はモンベルのハイラインバイク「シャイデックシリーズ」をレンタル。アルミフレームで軽量化を実現し、ドロップハンドルを採用したモデルがあるなど本格的なヒルクライムでも使える頼もしいアイテムです。


    ルートは23mほど。野尻湖から新潟県に入って中継地点の杉野沢五叉路に行き、そこから幾多の蛇行を抜けて妙高市にある笹ヶ峰キャンプ場へ向かいます。

    この日は日差しがなく涼しい気候。途中には畑の道を抜ける場面もあり、その土地の農業風景を見ることもできました。


    難関は杉野沢五叉路から笹ヶ峰に向かう途中の峠。県道39号をずっと進みますが、8つくらいの蛇行を抜ける必要があり、これまた坂はどこも急! 途中で休憩を挟みながらゆっくりと進み、23kmの道を2時間ほどかけて進みました。

    大会では休憩地点があり、水やスポーツドリンクのほか、地元で採れた果物なども食べられます
    妙高名物のコロッとした丸い「絹ごしとうふ」もいただきました

    余談ですが、脚に自信がない人向けにe-BIKE(イーバイク)のレンタルもありました。今回はパナソニックの自転車が用意され、乗っていた人はとても気持ち良さそうに走っていた印象。傾斜が激しいリアルなフィールドで使えるのは貴重な体験ですね!


    【種目③:登山】笹ヶ峰から高谷池ヒュッテを通って火打山へ


    最後の種目は登山。フィニッシュである火打山は妙高戸隠連山国立公園内にあり、近年では外国人観光客も増えて人気が集まっているスポットと言われています。

    序盤は整備された登山道をひたすら歩行
    道の途中には小さな花が咲いていて、多種多様な形状や色が印象的
    なんとお子さんと一緒に参加するグループの姿が! 楽しみながら山頂を目指す姿にほっこりしました

    中継地点ではありませんが、火打山へ行く途中に「高谷池ヒュッテ」という市営の山小屋があります。テント泊や食事付きの宿泊ができるほか、カップラーメンや弁当などの食事もあり、お酒も飲めちゃう素敵な場所。

    ひとまず、筆者はここで休憩。トイレは維持管理費に充てる目的で1回100円の有料。ゴミは持ち帰りで、ドリンクなどを購入した場合は下山して捨てる必要があります。ここでは行動食とドリンクをとって鋭気を養いました。落ち着いたところで、いざ山頂へ!

    天狗ノ庭と呼ばれる小さい池で「逆さ火打山」を発見!

    後半は溶けきれていない雪の上を歩いたりと、ここでしか味わえないことを体験。ぬかるみも多く、転びそうな場面もありヒヤヒヤしましたが、順調に山頂へ近づいていきます。そして……。


    無事にフィニッシュしました! 最初のカヤックをスタートしたのが朝5時で、山頂に着いたのは昼13時頃。約8時間におよぶロングルートを制覇することができました。



    富士山(写真中央)がひょっこりと登場
    新潟の佐渡島も見ることができましたよ

    頂上では360度パノラマで大自然を見渡すことができます。今回は雲が多めだったため見られない山もありましたが、ここでの眺めは格別とのこと。シートゥーサミット参加者のほか、一般の登山者や外国人観光客もいて賑わっていました。

    無事ゴールすると、「FINISHER」と書かれた完走証明書がもらえます

    大会が終わったら、閉会式に加えて恒例の抽選会が行われました。シートゥーサミットが開催される地域の特産物や名物、モンベルの商品など豪華商品がお土産として持ち帰れるので、毎回大盛り上がり! 筆者は地元・妙高市の日本酒をいただきました。

    環境シンポジウムもイベントに欠かせないコンテンツ


    シートゥーサミットは本大会の他にも、前日に「環境シンポジウム」というコンテンツを用意。毎回異なるゲストを招いて、環境に関する基調講演やミュージシャンによるライブなどが行われます。


    今回は、環境省大臣官房審議官の鳥居敏男氏から森川里海プロジェクトに関する紹介と、シンガーソングライターの河口恭吾氏による生ライブが行われました。そのほかにゴミ拾いやウェルカムパーティーなど様々な催しもあり、海・陸・山をひとつなぎで行くだけでなく、こういったコンテンツも行われるのがシートゥーサミットの良さですよ!

    残り8大会!シートゥーサミットに参加してみよう


    今回の妙高・野尻湖大会は、13大会中5大会目。次は8月24日(土)・25日(日)の大雪・旭岳大会と、8月31日(土)・9月1日(日)の鳥海山大会が近づいています。

    「アウトドアアクティビティをひと通りやってみたい!」「本格的なフィールドでギアを使ってみたい」という人は、ぜひシートゥーサミットに出場してみませんか?

    「シートゥーサミット」の詳細はこちらをチェック

    撮影:逢坂聡

    編集・執筆:小川迪裕

    Sponsored by 妙高・野尻湖SEA TO SUMMIT実行委員会

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!