最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
シートゥーサミット

妙高・野尻湖で行われた「シートゥーサミット」体験記!〜海からあの山頂を目指して〜

AD for Outdoor

モンベルと地方自治体が協力し、アウトドアアクティビティを使いながら自然の魅力や地方の良さを満喫できる大会が全国各地で行われています。それが「シートゥーサミット」。今回は7月に開催された妙高・野尻湖大会にライターが出場してきました。その実体験や良さをたっぷりと紹介します!

目次

モンベル×地方自治体が主催するスポーツイベントに参加してきた

シーカヤック

近年ではキャンプと一緒にシーカヤックやMTBなどをする人が増えており、アウトドアアクティビティが少しずつ知名度をあげています。皆さんは最近、アクティビティをやっていますか?

サイクリング

今回紹介するのは、カヤック、サイクリング、そして登山の人気アクティビティを“1日でまとめて”体験できるスポーツイベントについて。それが「シートゥーサミット」です。今回はCAMP HACKライター(筆者)が実際にこのイベントに参加し、参加してみた感想や魅力をお伝えします。

その前に「シートゥーサミット」とは?

シートゥーサミット

シートゥーサミットは、モンベルと自治体が取り組む環境スポーツイベント。カヤック、自転車、登山の3種のアクティビティを通して、海、陸、山の各自然の営みや地方の魅力を肌で感じることができます。

毎年全国で行われており、今年は全13回も開催。2019年からは北海道・オホーツクと岡山・備前が加わり、さらに盛り上がりをみせています。

シートゥーサミット

今回筆者が参加したのは、7月20日(土)から7月21日(日)にかけて行われた「妙高・野尻湖大会」。長野県・信濃町にある野尻湖からスタートして、新潟県・妙高市にある頸城三山の最高峰・火打山の頂上を目指します。火打山の山頂から眺める妙高戸隠連山国立公園は非常に絶景!

妙高戸隠連山国立公園

ちなみに、本大会は海から山頂までの総距離は約34km、標高差がなんと1,808m! 13会場のうち、もっとも「難易度が高い」イベントとのこと……。

1 / 4ページ