CAMP HACK[キャンプハック]


【100均チャレンジ】これでもう飛ばされない燃やされない!ヘリノックスチェアを守る便利グッズが作れました | 2ページ目

0


作り方① チェアアンカー【ベルトタイプ】

構造は至ってシンプル

ベルトアンカー2本
左側の“輪”を面ファスナー(ベルクロ)でチェアに取り付け、右のロープでペグダウンする仕組み。長さ調節や着脱もバックルでカンタンにできますよ。

材料はたったこれだけ!

ベルトアンカー材料
PPテープ:108円(セリア)、面ファスナー:108円(セリア)、ロープ、バックル:108円(ダイソー)
使うのは、幅2.5cmのポリプロピレンテープ(以下PPテープ)または布製のかばんテープ、幅2.5cmの面ファスナー(縫製タイプ)、適当なロープ、2.5cm幅のプラスチックバックル。

ミシンがあれば早いですが、縫う箇所が少ないので手縫いでも大丈夫。

材料をカットする

テープのカット寸法図
チェアワンをはじめ、ヘリノックスのほぼ全種のチェアに取り付け可能なサイズです。

テープと面ファスナーをカット
まずは本体用テープ50cm×1本、バックル用テープ6cm×1本、面ファスナー5cm×1セット、ロープ30cm×1本を切り出しましょう。

ほつれ止めの処理

テープの端を焼く
PPテープの切り口がほつれないよう、ライターで溶かします。

布テープはボンドで

布テープのボンドでほつれ止め
布テープの場合はボンドで固めてください。

PPテープと面ファスナーを縫い付ける

テープの端を縫う
PPテープを1.5cm折り返し、間に面ファスナー(ループ面・柔らかい方)を5mmほど重ねて挟みます。

テープの端、縫い終わり
わかりやすいよう、白い糸を使用しています
ぐるっと四角く縫い付けてください。

中間の面ファスナーを縫い付ける 最初の面ファスナーの端から20cmのところに、対になる面ファスナー(フック面・硬い方)を置き、周囲を四角く縫い付けましょう。

端を折り返して縫う
最後は1.5cm折り返し、縫い留めてください。

PPテープを雄バックルに通す

バックルにベルトを通す
雄バックルにテープを通し、本体部分の出来上がり。

雌バックルとPPベルトを縫う

バックルに短いテープを通す
雌バックルに、6cmに切ったPPテープを差して……

バックルとベルトを縫い付ける
2つに折って端を縫い止めます。

ペグ用のロープを取り付ける

ロープを炙る
30cmに切ったロープの切り口をライターで炙り、ほつれ止めをしておきます。

ロープを結ぶ
ロープをPPテープの間に通し、結んで輪を作ったら、結び目をテープの中に押し込んで隠しましょう。

完成!

ベルトアンカー完成
バックルをはめたら完成。バックル部分のテープの引き加減で長さを調節します。

取り付けてみた

ベルトアンカー完成、ヘリノックス・チェアワン チェアアンカーをヘリノックスのチェアワンに取り付けました。ペグを打ち込めばもうどこにも飛んで行きません! チェアゼロ、ビーチチェア等の低いチェアは、ベルトを引いて短くすればしっかり固定できます。

十字フレームでも大丈夫!

ベルトアンカー、LLBeanのチェア “輪”の部分に余裕を持たせてあるので、フレームが十字型のチェアにも取り付けられます。回転タイプのスウィベルチェア等に付ける場合は、座面が回るよう緩めに調整してみてください。

次は、アクセサリーにもなるオシャレなチェアアンカーの作り方です。

関連記事