使うほど味わいも増す!新作「hobo」の焚き火プロダクトはタフな魅力が満載【アウトドア通信.436】

2019/08/07 更新

hobo×TRUCK FURNITUREによるコラボ焚き火アイテムが登場!オリーブグリーンを基調にしたアイテムの数々は、素材・デザインにこだわり抜いた経年変化を楽しめるものばかりです。


オトコ心をくすぐる6つの新作武骨ギアをピックアップ


外遊び好き御用達の人気ブランド、「hobo(ホーボー)」が、大阪の家具ブランド「TRUCK FURNITURE(トラックファニチャー)」とタッグを組んで提案する、焚き火プロダクト“TAKIBI BAR”の第2弾が3年ぶりに登場しました。

どのアイテムもオトコ心を刺激する無骨な佇まいで、経年変化も楽しめるものばかりです。

焚き火の雰囲気が劇的にアップするチェア&テーブル

家族や友人たちと焚き火を囲む穏やかな時間は、やっぱり雰囲気にもこだわりたい。そこでまずは、焚き火サイトを魅力的に演出してくれるファニチャーから紹介していきます。

Waterproof Leather Folding Chair


イギリス軍のローバーチェアをベースにしたロースタイルのフォールディングチェア。座面と背もたれに採用されたカウレザーはウォータープルーフ仕様なので野外でも安心して使えます。


折りたたむと脚部分が持ち手になるため、気軽に持ち運びも可能。しかも収納状態でも自立するためクルマにも積み込みやすいという嬉しいポイントも。座り心地だけでなく、使い勝手の良さまで考慮された逸品です。

【Waterproof Leather Folding Chair】
●価格:59,000円(税抜)
●素材:Cow Leather (Body), Cotton 100% (Lining), Aluminum,Wood (Parts)
●カラー:OLIVE
●サイズ:W55×H64×D60×SH21cm

Wood Folding Low Table


ローチェアとセットで使いたいのが、武骨なデザインのこちらのローテーブル。ローチェアに座ったときに自然にグラスを置けるよう、高さ29.5cmに設定されています。


天板に使われているのは、上質なナラ無垢材。美しい木目は使い込むほど風合いが増し、この色目なら傷や汚れも味になりそう。裏側には真鍮タグもセットされています。

【Wood Folding Low Table】
●価格:38,000円(税抜)
●素材:Wood (Body), Aluminum (Parts)
●カラー:OLIVE
●サイズ:W52×H26×D29.5cm

快適に炎と付き合う、男らしい便利ツール

焚き火の火の粉から身を守りつつ、料理などを楽しめる便利なツールも用意されています。揺らめく炎を眺めて楽しむのもいいけど、もうひとアクションほしいときは、こんなグッズを活用してみては?

Paraffin Cotton Canvas Apron


厚手のパラフィンコットンキャンバス地のエプロンは、焚き火の近く作業するとき、大切なウエアを火の粉から守ってくれます。しかも胸と腰のポケットは、底マチ付きなので機能的。さらに、椅子に座っても邪魔にならない丈まで考慮されています。


首元には小さなナスカンもセット。カギを吊るしたり、フック付きのタオルをセットしたり、いろんな使い方ができそう。

カウレザーのストラップはウォータープルーフ仕様と、ガシガシ使えるタフな魅力を詰め込んだエプロンです。

【Paraffin Cotton Canvas Apron】
●価格:18,000円(税抜)
●素材:Cotton 100% (Body), Cow Leather (Parts)
●カラー:OLIVE
●サイズ:W70×H79cm

Backpacker’s Grill with Paraffin Cotton Canvas Case


直火にかけられるスチール製グリルは、焚き火で料理をするのに重宝するギア。付属のパラフィンコットンキャンバス地の専用ケースは、750mlのワインボトルを収納することも可能です。


実際にグリルを焚き火にセットするとご覧の通り。小型ながらフライパンが2つ置けるW15.5×H39.5×D1cmサイズなので、ポットでお湯を沸かしながら料理をすることもできます。

【Backpacker’s Grill with Paraffin Cotton Canvas Case】
●価格:13,000円(税抜)
●素材:Iron (Body), Cotton 100% (Case)
●カラー:OLIVE
●サイズ:W15.5×H39.5×D1cm

無骨なグラス&収納ケースは、焚き火料理のお供に最適

リラックスできる椅子とテーブルを用意し、グリルで簡単な焚き火料理を作ったら、雰囲気抜群のショットグラスで乾杯! そんな映画のようなシーンを再現できるキッチン小物も登場。

2 Shot Glasses with Paraffin Cotton Canvas Pouch


手に馴染むサイズ感で作られたショットグラス2個と専用ポーチのセット。マウスブローで作られたグラスは、ハンドメイドならではの趣があり、大自然の中にある焚き火サイトにもマッチしそうです。


専用ポーチは、パラフィンコットンキャンバス地。内部には共布のフラップがあり、2つのグラスの隙間に挟むことで、安全に持ち運べることができます。これは、さりげないグッドアイデア!

【2 Shot Glasses with Paraffin Cotton Canvas Pouch】
●価格:12,000円(税抜)
●素材:Glass (Body), Cotton 100% (Pouch)
●カラー:OLIVE
●サイズ:W6×H13×D5cm

Paraffin Cotton Canvas Roll Case


こちらは焚き火料理を楽しむための、カトラリーや調理器具をまとめて収納するロール式ケース。携行するときは、フラップを閉じて全体をグルグルと巻き、革紐で結える設計になっています。

※写真のキッチンルツールは商品に含まれません
シンプルながら無駄のないデザインで、いろんな調理器具に対応してくれます。見た目以上の収納力なので、家族分のカトラリーをまとめて保管しておくのもあり。

【Paraffin Cotton Canvas Roll Case】
●価格:11,000円(税抜)
●素材:Cotton 100% (Body), Cow Leather (Parts)
●カラー:OLIVE
●サイズ:W38×H32.5cm

今回紹介したプロダクトは、単体で使っても抜群の存在感を発揮してくれるけど、セットで揃えることで一層ワイルドな焚き火サイトを構築できます。しかも機能的なので見た目以上に快適。

焚き火がさらに楽しくなる新作コラボアイテムを導入してみてはいかがでしょう。全て8月リリース予定なので、hoboもしくは、TRUCK FURNITUREのサイトをチェックしてみてください!

hoboの公式WEBサイトはこちら
TRUCK FURNITUREの公式WEBサイトはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

編集部のオススメ

数あるポータブル電源の中で、僕らが「エナーボックス」を選んだ5つの理由AD
ユニフレームの焚き火ギアで、ワイルド&ミニマムな焚き火を楽しんでみたAD
【メガネ派に朗報!】これ掛けたら、キャンプ場までの長距離運転がめちゃ快適になりましたAD
「絶景キャンプ」へ行くときに用意したい3つの必需品AD
キャンプギアは「バイ菌」だらけ? 消毒や除菌について、有識者に聞いてみたAD
【大御所キャンパーたちも太鼓判】コスパ抜群!ホームセンターのキャンプギア4選AD
これからアウトドアを始める方必見!お得に揃う7つの「カインズ製品」AD
7、8月はデビューのチャンス! 家族みんなが喜ぶ「おうちキャンプ」のはじめかたAD
ベクター?トラバース?いやいや、今キャンパーにオススメのSuunto (スント)はこれ!AD
刺される前に…「ブヨ」「ハチ」「アブ」対策しよう!2つの救世主グッズを使ってみたAD
ベテランキャンパーが教える「夏キャンプを成功させる5か条」とは?AD
【これは快適!!】1000W超えの“超高出力ポータブル電源”を、キャンプでフル活用してみたAD
食器も野菜も洗顔も、これ1本でOK? とにかく使えると話題の「マジックソープ」をキャンプで試してみたAD
地面に突き刺して固定!ロゴスより新発想の一本脚「アイアンランタンポール3WAY」登場
「小川張り」って、実はワタシの造語です【SAMのCamp Tips #04】
このサイズが欲しかった!イワタニから小型こんろ「カセットフー タフまるJr.」が新登場
【ドクター監修】予防は?応急処置は?夏のキャンプで要注意な「熱中症」について知っておこう
先輩キャンパーが教えてくれた「このアイテム最高なんです!」BEST5【フードコーディネーター・三宅香菜子さん編】

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!