【いい時代になった…】夏キャンプの強い味方「ルーメナー扇風機」体験レポート

2019/07/31 更新

夏こそキャンプを楽しみたいけど、うだるような暑さや湿気は正直ツラい…。それならコードレス扇風機、使ってみませんか?注目はキャンパーに絶大な支持を集める、ルーメナーのコードレスファン。キャンプでの使用感を挟みつつ、詳細をレビューします!


アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

キャンプにも扇風機が欲しい季節です

出典:PIXTA
夏はキャンプが盛り上がりますが、場所や人によっては暑さが厳しい季節。

筆者も週末にキャンプを控えたある日、オフィスで天気予報をチェックしているとなかなかに暑い予感……。


どうやらついに、コレの出番がやってきました! コレというのは、ルーメナーの扇風機。

最近キャンパーのインスタグラムなどでもよく見かける、コードレスファンです。


これがすこぶる快適で、社内オフィスでは一人一台のレベルで愛用されているほど! 夏になったらキャンプで使おうと、時を待っていたんです。

そういえばしっかりと機能を知らなかったので、説明書も引っ張り出しいざキャンプへ。

果たして屋外ではどれだけの威力を発揮してくれるのか? 実際にレビューしてきました!


キャンプ場到着。予想通りの蒸し暑さ……


場所は千葉県のキャンプ場。林間サイトではあるもののそこは7月下旬、蒸し暑さは半端なく設営中も「暑い暑い」の連発です。


「やっぱり持ってきて良かった~!」と、扇風機を取り出します。今回は2グループでのキャンプだったため、隣席の同僚からも一台借りてきちゃいましたよ!

汗だくで設営を終え、さっそく涼むべく使ってみました。

ルーメナーの扇風機をキャンプ場で使用レビュー

どこへでも持ち運べて、軽い

まずはコードレス扇風機ならではの携行性からチェック。重さはたった460g、子供でも片手でひょいっと持ち歩ける軽さです。

サイズは165×268×131mm、どこへ置いても邪魔にならないサイズです。


そのうえコードレスなので、置き場所をフレキシブルに変えられるのはとても便利。汗だくの子供たちも、涼みながらおやつタイムができました。


裏面はゴム製。滑り止めが4点ついていて、倒れにくいよう工夫されています。

風量は4段階

扇風機に求められる最大の機能は「風力」ですよね。ルーメナー扇風機の風量は4段階調節、1~4までの違いを検証してみました。

【風量1:フワァ~~】


最小モードですが、そよ風という表現では物足りないほど強く感じます。遠目に置けば就寝時にちょうど良さそうな風力です。

【風量2:ブ~~~ン】


写真の通り1と大差はないものの若干強く、一般的な扇風機で言うところの「弱」と「中」の間という感じです。

【風量3:シャアアア~~!】


3から、かなり強めに。自宅で使う扇風機の「強モード」くらいでしょうか。

【風量4:ボワーーーーーーー!!!】


MAXモードの4は、ビシバシの強風! ドライヤーなら間違いなくターボモードです。間近で当たると、屋外でもさすがに寒すぎました。

出典:MAKUAKE
ルーメナーの強みともいえるこのパワフルな風、その秘密は前ガードにあります。30度の傾斜線構造になっていて、一般的な扇風機よりも直進的で強い風を送り出すのだとか。

でも、音は静か

3のモードで二台同時に使いましたが、音はまったく気にならず。団らんを邪魔しませんでした。

これも採用されているDCモーターによる効果で、一般的な扇風機に使われるACモーターより静かという特徴が。高値ですが、長時間使えるというメリットも兼ねられています。

首振り機能はないが、角度調整は可能

角度は45度の範囲内であれば無段階で上下に動かせます。左が最も上、右が最も下の状態。

と、ここまでは「初代ルーメナー」にも搭載されている機能。じつは今回使用したルーメナーは二代目で、初代からアップデートされた点が2つあるんです!


これは嬉しい!タイマー機能つき

リモデルに搭載された新機能のうちひとつが、タイマー機能。作動中に電源ボタンを5秒間1回長押しすると、1時間の設定。

2回で3時間、さらに3回でタイマー機能がオフされます。

電池残量がわかる

もうひとつは、電池残量の確認ができるようになったこと。充電式ということで、これはありがたい機能です! 作動中に電源ボタンを2秒間押すとLED表示ランプが一度点滅し、残量を目盛りで知らせてくれます。

さらに風量1のライトが点滅すると、バッテリー残量が10%未満になっているサインです。

充電はUSB式


内蔵バッテリーの容量は4,000mAhで、4時間で充電完了。フル充電の状態で風量1であれば最大20時間、風量4なら4時間連続で使えます。


今回はフル充電で持って行き、チェックインした昼過ぎから夜通し使っても翌朝まだ電池が残っていました。

一泊二日のキャンプなら、充分持つ電池量を実感しましたよ!

キャンプだけ、涼むだけじゃない!こんな使い方もできる

サーキュレーターとして


前述の通り強風を送り出すルーメナー扇風機。テント内で熱気がこもらないよう、空気を循環させるサーキュレーターとしても役立ちました。

これは夏に限らず通年使えそうな予感!


暑い中では一苦労の料理も、扇風機があれば楽勝でした。


バンタイプの車なので、エアコンの風が後列に届きにくいことも。扇風機で冷房効率アップです。


そして家でも大活躍。すぐ汗だくになる子供が独占しがちな隙を狙って、メイク時に洗面でも使っています!
ITEM
ルーメナー コードレス扇風機 2019年モデル
●サイズ:165×268×131mm
●重量:460g
●入力:DC5Vー1.2A(Max)
●出力:5W
●Li-Ionバッテリー内蔵(4000mAh)
●使用時間:約4時間(Min)〜20時間(Max)
●充電時間:約4時間

ちなみに、持ち歩き用のハンディタイプもある


ルーメナーの扇風機には、より傾向性の高いハンディタイプもあります。スタンドも付いているので、立てて使うこともできますよ。


こちらも同じく、風量は4段階で調整可能。より顔の近くで風を感じられて、これは涼しい~!


こちらもUSB充電式。スタンドが充電器としての役割も担っているので、シンプルで使いやすいですね。

この手のタイプは、Francfranc(フランフラン)をはじめ各ブランドから発売していますが、既にルーメナーのランタンを使っている方ならぜひこちらを検討してみては?
ITEM
ルーメナー ポータブルUSBファン
●サイズ:106×207×36mm
●重量:165g
●充電時間:3時間
●動作時間:3〜14時間(ファンの速度による)
●入力:DC5Vー1A(Max)
●出力:4W
●Li-Ionバッテリー内蔵(2500mAh)
●バッテリー容量:2500mAh

一家に一台、ルーメナーの扇風機を!

オフィスで、自宅で、日頃からその便利さは感じていましたが、キャンプでの使用が最も存在意義を実感しました。軽くてコードレスで電池容量もタフとあって、この夏は手放せないアイテムの予感です。

色々なシーンで使えるので、一台あって損は無し。ルーメナーの扇風機、間違いなくキャンパーにおすすめです!

撮影協力/LUMENA


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。8歳と6歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!