【これは死活問題】夏のいや〜なニオイを防ぐアンダーウェア4種

2019/08/11 更新

アウトドアレジャーが盛り上がる夏!今回はアグレッシブに遊ぶときこそ着用してもらいたい、おすすめの アンダーウェア4種類をご紹介します。汗染みやニオイ、服が体にまとわりつく不快な感じに悩まされていた方、必見です!


アイキャッチ画像撮影:小川 迪裕

楽しい楽しい夏!でも暑すぎる問題……

撮影:編集部
アウトドアが盛り上がる夏真っ只中! キャンプを楽しんでいる読者の方も多いのではないでしょうか?

ただこの時期は蒸し暑く、テントの設営をするだけでも滝のように汗が吹き出す……そんな辛い時期でもあります。

もしかして臭い!?汗のニオイが気になる

出典:PIXTA
汗をかくと気になる“ニオイ”ですが、そもそもなぜ臭くなってしまうのでしょうか?

その理由は、肌表面で汗が皮脂やアカなどと混じり合い、これを細菌が分解することでニオイ物質が発生するから。

におわないための対策ってあるの?

撮影:小川 迪裕
におわせない対策のひとつが、汗をすぐ蒸発させる”速乾素材”の服を着ること。そこでおすすめしたいのが速乾素材のアンダーウェアです。

アンダーウェアは肌表面の汗を素早く処理するのはもちろん、普段のファッションにも取り入れやすくオシャレさんにもおすすめ! 今回はタウンユースやアウトドアユースにおすすめの4種類を紹介します。

①【コスパNo.1】ユニクロ「エアリズム シームレス」

出典:ユニクロ
アンダーウェアを紹介する上で避けて通れない代表選手といえば「エアリズム」ですね。中でも「エアリズム シームレス」は通気性に優れ、肌に触れると冷たく感じる生地のため、夏でも着心地バツグン!

速乾性はアウトドアメーカーのアンダーウェアに比べると劣りますが、日常で使うには申し分のないスペックです。

出典:ユニクロ
今回おすすめしたいのは、裾や襟、袖に縫い目がない「エアリズムシームレスVネックT」。縫い目がないことで、Tシャツなどを上から着用してもインナーラインが目立ちません。

カラーは黒や白などがありますが、白シャツを着用しても透けないベージュが人気です。機能もデザインも使いやすいこちらの一着、なんと約1,000円で買えてしまう驚きのコスパ……ユニクロ恐るべし。

詳細はこちら

②【通気性No.1】モンベル「ジオライン クールメッシュ」

撮影:小川 迪裕
速乾性の高い生地「ジオライン」をメッシュにすることで、さらに通気性と速乾性をアップさせた「ジオライン クールメッシュ」。

生地の目が粗く、肌が透けるのでインナー専用です。肌表面の汗を素早く吸水・拡散させるため、べたつきやすい夏でも常にドライでいられます。

撮影:小川 迪裕
「ジオライン クールメッシュTシャツ」はニオイの原因になるバクテリアを減らす防臭効果と、アウトドアで活躍する速乾性を兼ね備えながら、約2,500円。これは良心的な価格!

キャンプでも積極的に使いたい方、汗っかきでニオイが気になっている方、アウトドアスペックを体験してみたい方におすすめです。

詳細はこちら

③【肌のサラッと感No.1】ノースフェイス「ドライクルー」

「ドライクルー」は裏地(肌面)は水分を含まない素材、表地は吸水速乾性に優れた素材を使用。

つまり吸水するのは表地のみなので、肌表面には一切汗を残さずサラッとした状態を維持します。
「ショートスリーブドライクルー」は丈が長めに作られているので、かがんでも背中がはだける心配はありません。通気性はモンベルの「ジオライン クールメッシュ」程は高くない分、春秋など肌寒い季節でも使いやすい一着です。

価格は約5,000円。先に紹介した2種類に比べると少々値は張りますが、夏以外も活躍すると思えばお得かも?
ITEM
ノースフェイス ショートスリーブ ドライクルー
●素材:ポリエステル85%、ポリプロピレン15%
●原産国:日本

④【消臭力No.1】MXP「ファインドライ」

出典:GOLDWIN
MXP「ファインドライ」の特徴は何といっても消臭機能! お風呂に入れない宇宙飛行士のために開発された素材「マキシフレッシュ®プラス」を使用。

その効果は強力で、ニオイの原因であるバクテリアを減らすのはもちろん、既に発生したニオイをカットし、加齢臭もカバーするほどだとか!

出典:GOLDWIN Blog
「ファインドライ ショートスリーブポケットクルー」は少し厚みのある生地で、ツルっとした肌ざわりなので着心地がいいのも特徴。

今回紹介した中では唯一胸ポケットが付いており、単体で着用してもさまになる一着です。汗のニオイが気になる……という方は是非お試しを。
ITEM
MXP ファインドライ ショートスリーブポケットクルー
●カラー:W(ホワイト)、K(ブラック)、N(ネイビー)
●サイズ: <S>:160〜170cm、<M>身長:165〜175cm、<L>身長:170〜1800cm、<XL>身長:175〜185cm
●素材:レーヨン56%、ポリエステル28%、指定外繊維(マキシフレッシュ)9%、ポリウレタン7%

夏を快適に乗り越えるにはアンダーウェアがカギ

出典:GOLDWIN Blog
4種類のアンダーウェアはいかがでしたでしょうか? 今回、紹介した以外にもさまざまな特徴を持った一着があるので、自分に合ったものを選んでサラッと快適に過ごしましょう!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!