驚きの1万円以下!「ハイランダー」からTC素材のテント&タープが見参【アウトドア通信.425】

2019/08/07 更新

ハイランダーからこの夏、TC素材製の3〜4人用テント「アルネス」と、おなじくTC素材を使ったタープが販売開始。さらにエアーフレーム2ルームテント「ROOMY」の小型版「ミーニィ」も追加され、ハイランダーのラインナップがますます充実しました!


ついにTCモデルが…!ハイランダーから3つの新製品が登場

シックで良質な見た目ながら、お財布にやさしい低価格を実現するハイランダーから、TC素材のテント&タープが登場!

出典:OUTDOOR BASE 写真は既存モデルの「ROOMY」
さらに今年1月に発売を開始し、瞬く間にヒット商品となったエアーフレームテント「ROOMY」の新サイズも仲間入り。ますます目が離せないハイランダーの3つの新作をご紹介します。

インナーテントも標準装備!「TCテント アルネス」

こちらが新作のTC素材テント。クラシカルな雰囲気のA型フレームを採用したテントで、本体生地にはナチュラルな風合いが味わえるTC(ポリエステルとコットンの混紡)素材を使用。

撥水加工を施されているのでしっかり水分をはじいてくれます。

コットンテントには前室が付かないものが多いですが、この「アルネス」はテントの前後にスペースを確保。ここで靴の脱ぎ履きができるので、雨の日でもストレスなく出入りができそうです。

インナーサイズは、200×190×135cmと3人での使用に丁度いい大きさです。

「TCテント アルネス」の詳細についてはこちら

アンダー1万円!流石のコスパ「TC タープ トラピゾイド」

先ほどのテントと同素材のタープ「TC タープ トラピゾイド」も登場。テント連結させれば、外と中を快適に往き来できる空間を生み出すことができます。

写真のようにテントとポールをセットで使うと、ポール1本でタープが張れるので設営がよりスマートに!

もちろんタープ単体で張ることも可能です。ポールは付属しないのですが、9,980円(税込)という低価格に争奪戦必至の予感です。

「TC タープ トラピゾイド」の詳細についてはこちら

初心者でも簡単設営できるエアフレーム構造「エアートンネル ミーニィ」

そしてもうひとつご紹介するのは、ドーム型2ルームテント「ROOMY」のミニ版となる「ミーニィ」。

本体サイズは495×310×195cm、インナーサイズは280×230×175cmと3~4人での使用に丁度いいサイズです。

空気で膨らませるエアーフレームシステムはそのままに、使用生地やカラー、縫製方法など、全体的に作りがアップデートされました。

設営方法が簡単なのも嬉しいポイント。付属の専用ポンプを使いバルブから空気を入れ、しっかり膨らませたら隅をペグダウンすれば完成です。

ミニ版ながらも、エアフレームの形状が広い空間を確保。リビングの側面が大型メッシュパネルになっているほか、本体もインナーテントも大きく開くので風通し抜群で夏場でも快適に過ごせます。

「エアートンネル ミーニィ」についての詳細はこちら

今回ご紹介したテントはどちらも5万円前後。ハイランダーではこの他にもイスやローテーブルなどをお求めやすい価格で販売しています。これからキャンプをはじめるという初心者キャンパーさんは是非、ハイランダーのアイテムでシックにサイトを統一してみては?

ハイランダーのテント・タープ特設ページはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!