初キャンプには「車中泊」がおすすめ!噂のクルマを編集部が検証!

キャンプデビューにテントは不要!?テントの代わりに必要なのは「クルマ」。つまり初心者の方には車中泊がおすすめなんです。今回は快適な車中泊を過ごすためのテクニックをご紹介しながら、話題の車種「スペーシアギア」が車中泊に向いているかどうかを検証してきましたよ!


    初めてのキャンプに車中泊はいかが?

    スペーシアギア
    キャンプを始めよう! そう思ったら最初のハードルがテント、タープなどの道具一式をそろえること。道具選びはキャンプの楽しみの一つであるものの、初めてのキャンプでいきなり全てをそろえるのは、金銭面でも手間を考えても大変です。

    そこで、これからキャンプを始める人や初心者におすすめなのが「車中泊」。なぜ車中泊がおすすめなのか、車中泊の注意点やポイント、おすすめの車種を紹介していきますよ!

    車中泊キャンプがなぜおすすめ?気をつけたい点は?

    スペーシアギア
    キャンプの基本は、食べる、寝る、遊ぶの3つ。慣れないうちはその全てに時間がかかってしまい、結局どれもうまくいかなかった……となりがち。そこで、テントを使わずにクルマで寝ることで、テントやタープ設営にかけていた時間をグッと短縮。その分、遊んだり料理をしたりする時間にあてることができます。

    また、悪天候に強いのも車中泊のメリット! ベテランキャンパーであっても風が強い時などにはテントをたたんで車中泊に切り替えることがあります。悪天候でも安心して眠れるのは、初心者には嬉しいポイント。さらに、雨や夜露で濡れたテントはしっかり乾かしてから撤収するか、帰宅してから干さないとカビが生えてしまいますが、車中泊ならその心配もありません。

    ただ、キャンプ場で車中泊する場合には、ドアの開け閉めで音が響かないようにするなどの注意も必要ですよ!

    快適な寝床を実現する3つのこと

    スペーシアギア
    車中泊を快適に楽しむためにいくつかコツがあります。3つのポイントをチェックしていきましょう!

    フラットな平面を作る

    スペーシアギア
    車中泊で快適に眠るためには、いかにフラットな面を確保してベッドメイキングするかがキーポイント。

    そのためには隙間や段差、傾斜をクッションやブランケットなどの手持ちのアイテムで埋めて、厚めのキャンプマットなどを敷きましょう。

    外から見えなくする

    スペーシアギア
    プライバシーや防犯の面から、車内が外から見えないようにする工夫が必要。窓を覆うことで、外の暑さや寒さを遮ったり、朝日のまぶしさで目が覚めるのを防いだりすることもできます。

    ただし、衣服などをカーテン代わりにするのはNG。夏でもガラスが結露する可能性があるので、朝になったらビショビショになっていたということもありますよ。

    暑さ対策をする

    スペーシアギア
    キャンプ場で車中泊する場合、エンジンは切ることがマナー。エアコンが使えない夜を過ごすため、夏は暑さ対策も考える必要があります。

    蚊帳を使って虫が入らないようにして窓を開けたり、扇風機を導入したりなど、暑さ対策をしっかりしましょう!

    「スペーシア ギア」なら理想の寝床が簡単に手に入る!?

    スペーシアギア
    実は、今、TVCMなどでも話題のスズキの軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」は車中泊にもおすすめのクルマだということ。

    実際のところどうなのかを編集部がチェックしていきますよ!

    「リラックスクッション」でほぼフラットな平面に!

    スペーシアギア
    スペーシア ギアの純正リラックスクッションは、クッション性を確保しつつ、部分的に折り重ねてシートの上に載せることで段差も埋められるアイテム。シートを倒してリラックスクッションを敷いてみたところ、見た目には気になる段差はなくなりました。

    ただ、実際に寝てみると腰の部分が少し山になっていて、頭と足に向かって低くなっているのが分かります。といっても、リラックスクッションの下にタオルなどを敷けばすぐに解決するレベルの傾斜。ちなみに、リラックスクッションは低反発マットのようなクッション性で寝心地は最高でした!

    スペーシアギア
    ベッドスペースの広さとしては、身長170センチの男性編集部員が助手席側に寝てピッタリ。身長が高い人なら足を少し曲げるか、斜めに寝ればOK。

    カップルであれば女性が運転席側、男性が助手席側なら快適に寝られそう。さらに間に小さい子どもが寝られるくらいのスペースもあるので、3人家族にもおすすめですよ!

    遮光性と通気性を備えた純正の「プライバシーシェード」!

    スペーシアギア
    遮光生地を使ったプライバシーシェードは、窓を覆うことでプライバシーを保護し、冷暖房の効率も高めるアイテム。スペーシア ギアの純正プライバシーシェードは、窓の隙間に樹脂パーツを差し込んで固定します。実際に装着してみると、純正ゆえのぴったり感が気持ちよく、これぞジャストフィット!

    外の光がほとんど入ってこないので、朝まで快適に眠ることができました! 車内で着替えをするときにも外からの視線を完全に遮ってくれるので安心感があります。

    スペーシアギア また、フロント、リアともドアガラス部分はメッシュ生地を採用。シェードをつけたまま窓を開けることができて、メッシュで虫の侵入を防いでくれるので、サマーシーズンも快適に過ごせますね。

    スペーシアギア
    さらに、大開口で開放感たっぷりの荷室開口部に「バックドアネット」を装着すれば、暑い夏の車中泊がもっと快適に! 大自然の空気を味わいつつ、虫の音なども楽しみながら快適に眠ることができます。

    取り付けも吸盤式で簡単。純正オプションなので隙間なくピッタリ取り付けることができるため、虫が入ってくる心配もありません。

    ogawaの純正タープもおすすめ!

    スペーシアギア
    日除けや雨除けができるタープは、キャンプのマストアイテム。ただ、慣れないと一人で設営するのは大変ですよね。それに比べて、クルマのルーフなどに接続してリビングスペースを確保できるカーサイドタープなら、設営が簡単で初心者に最適。

    その下にテーブルやチェアを並べて、キャンプ場の自然を眺めながらくつろぐことができます。また、日差しをしっかりと遮るほか、外からの視線もカット。プライバシーも守られます。

    スペーシアギア
    スペーシア ギアには、老舗アウトドアブランドogawaとコラボした純正のカーサイドタープが用意されています。実際に取り付けてみたところ、フライにポールを通したら、吸盤でルーフに取り付け、もう一方をペグダウンするだけなので、1人でも設営は簡単!

    サイドにもリアにも取り付けることが可能で、純正なので幅も高さもぴったりクルマにフィットしました。出入り口のドアと連結しているから、雨が降っても荷物を濡らさず出し入れできるのも嬉しいポイント。サイズは、カップルや子どもを含めた3〜4人のファミリーで使うのにちょうど良いサイズになっています。

    「スペーシア ギア」で車中泊キャンプへ!

    スペーシアギア
    編集部員が実際に車中泊してみて、その快適さに驚いたスズキ「スペーシア ギア」。スペーシア ギアなら車中泊という選択で、キャンプがもっと身近になること間違いありません!

    この夏は車中泊で楽々キャンプデビューをしましょう!

    スペーシアギアのより詳しい情報はこちら!


    撮影協力:かずさオートキャンプ場

    Sponsored by スズキ株式会社

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!