CAMP HACK[キャンプハック]


DIY

意外にカンタン?素焼きの鉢で「タンドール窯」をDIYしちゃおう!

0

CAMP HACK×DIYer(s)連携記事企画!ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で紹介されたDIY方法をCAMP HACKでご紹介します。今回のテーマは、持ち運びできるタンドール窯。ナンやサンマなどが美味しく焼けちゃう、古代の窯なんです。

DIYer(s)


CAMP HACK × DIYer(s)

新ロゴ

この記事は、ライフスタイルメディア「DIYer(s)」で掲載されたDIY方法をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。今回はいつもとは少し趣向を変えて、あまり耳馴染みのないタンドール窯のDIYをご紹介します!

そもそもタンドール窯とは?

インド料理屋に行った方は見たことがあるかもしれませんが、ナンを焼いている筒状の窯がありますよね。それがタンドール窯です。

北インドからアフガニスタンなど、西アジアから中東にかけて使用されている円筒形の粘土製壺型オーブンのことで、その起源は古代インダス文明まで遡るといわれています。
タンドール窯 こちらが今回製作する、ポータブル・タンドール窯の設計図。製作時間はまさかの半日! 重さもわずか7! 材料費はたった4,000円! というテーマに沿った仕様となっています。

用意した材料

タンドール窯DIY ・ペール缶(径300×高さ350
・テラコッタの鉢(径260×高さ310
・パーライト(18L)1袋
・バーミキュライト(3L)1袋
・川砂(適宜)
・単管パイプ(径38
・焼き網など
※塗料は好みのものを用意してください。

用意した道具

タンドール窯DIY ・ドリルドライバー(鉄工用ドリルビット/陶器用ドリルビット)
・ディスクグラインダー(ダイヤモンドホイール/金属用切断砥石)
・ジグソー(鉄工用ブレード)
・カナヅチ
・センターポンチ
・棒ヤスリ
・カッター
・スコップ
・メジャーなど

関連記事