CAMP HACK[キャンプハック]


先輩キャンパーは知っていた!凹みがちな「雨キャンプ」を快適に過ごすマル秘テク

0


【雨キャンテク⑥】燻製やピザ釜なら雨の日もアウトドア料理

燻製
雨の日はタープ下で調理する必要があるので、火の粉が飛ぶ焚き火やバーベキューはリスクを考慮すると避けたいですよね。

そんなときにおすすめなのが燻製です。炎や火の粉が外に出ないので、換気がしっかりできる場所ならばタープ下でも調理可能です。

今回初めて燻製に挑戦したのですが、温燻(スモークウッドを使い、チーズなど加熱しなくても食べられる食材を燻す)は加熱機器の準備が要らないのでお手軽で、初心者にもおすすめです。

調理中は煙が漂うのでくれぐれも十分に換気をしてください!

【雨キャンプテク⑦】室内でまったり映画鑑賞はいかが?

テント内で映画鑑賞
雨の日は外で満足に遊べないので、退屈しないよう室内遊びの準備をしていくと楽しめます。トランプやボードゲームなどを持っていくのもいいですが、今回はアウトドアシアターに挑戦してみました。

テント内にスクリーンを設置して、プロジェクターを持ち込めば気分は映画館! 子どもたちも大喜びでした。

テント内プロジェクター
今回は30インチほどの置き型スクリーンを使用しましたが、なければ白い模造紙や布を吊るすのでもOKです。

ただし音や光などで周囲に迷惑を掛けないように注意しましょう。キャンプ場によってはスピーカーなどの持ち込みが禁止されている場合もあるので、必ず使用条件の確認を。

雨キャンプで新たなキャンプの魅力発見!

雨天時のキャンプ
こんなふうに、ベテランキャンパーさん達に教えてもらった雨キャンテクを実践しているうちに、あっという間に時間が経ってしまいました。いやー雨でも楽しめるんですね。

正直なところ出掛ける前はちょっと億劫だったのですが、いつもとは違った遊びに挑戦できて、新たなキャンプの魅力に気づいた2日間でした!

執筆:岡村朱万里

フィグインク

浅草を所在地とする編集プロダクション。主にキャンプ・アウトドア関連の出版物の編集・制作を行う。また、料理や健康など生活実用ジャンルの本も多く手掛ける。

関連記事