第1回「世界のテント窓から」~この絶景をひとり占めできるキャンプ場~

2019/07/19 更新

キャンパーたちの”テント窓から”の風景写真をもとに、絶景の広がる キャンプ場をご紹介します。自分たちのテント窓で切り取られた自然を誰にも邪魔されず、ぼーっと眺めることができる時間はこの上ない贅沢!次のキャンプ場選びの参考にどうぞ。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

テントから絶景を望めるキャンプ場を集めました!

ほったらかしキャンプ場 景色
出典:instagram by @saaaamu37
美しい自然に囲まれたキャンプは、最高の贅沢時間! 高台のキャンプ場から望む街並みや、キラめく湖、一面に広がる星空など、キャンプでは美しい絶景に包まれる瞬間がたくさんあります。

そんな瞬間を切り取った、「テント窓から望む絶景写真」をピックアップ! キャンプ場情報と合わせてご紹介します。

テント窓 ほったらかしキャンプ場
出典:instagram by @fu22ni
混雑具合や天候にもよりますが、運が良ければ自分たちのテント窓から絶景を眺めることができるなんて、ワクワクしますよね!

ウットリするような絶景写真ともに、次回のキャンプ予定地の参考にどうぞ!

世界のテント窓から8選

天神浜オートキャンプ場(福島県)

天神浜オートキャンプ場
出典:instagram by @mmmmayu.h
磐梯山と目の前に広がる猪苗代湖が一望できるこちらは、福島県「天神浜オートキャンプ場」からの風景。

キャンプ場に隣接する猪苗代湖は日本で4番目に広い湖として有名で、ウェイクボードやジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむ人達が集まり、賑わいを見せます。
天神浜オートキャンプ場 猪苗代湖
出典:なっぷ
キャンプサイトはオートフリー。料金はテント一張り1,000円、使用料が一人につき1,000円(税抜)です。女性専用のパウダールームやコインシャワーも完備しているので、ファミリーキャンパーにもオススメのキャンプ場です。

住所:〒969-2271 福島県耶麻郡猪苗代町中小松四百刈西浜
予約・詳細はこちら
口コミはこちら

ほとりの遊びばキャンプ場(福島県)

ほとりの遊び場キャンプ場
出典:instagram by @kenkoha34
「ほとりの遊びばキャンプ場」は、曽原湖に反射する美しい磐梯山が望める絶景穴場スポット!

公式WEBサイトはなく、利用にあたっての質問はキャンプ場公式インスタグラムのみから問い合わせが可能という、”知る人ぞ知る”隠れ家キャンプ場です。
出典:instagram by@hotorino_asovibacamp
予約不要のフリーサイトで、車で5分程度のところにはコンビニや温泉もあります。一度訪れたら、その絶景を忘れられず再訪するというファンが多いのもここの特徴。

住所:〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原曽原山1096-63
キャンプ場公式インスタグラムはこちら

ほったらかしキャンプ場(山梨県)

ほったらかしキャンプ場 富士山
出典:instagram by@mountain_peak_33
絶景といえばココ、予約争奪戦必至の山梨県「ほったらかしキャンプ場」。標高約700mに位置するキャンプ場からは、雄大な富士山と広大な盆地を満喫することができます。
また絶景はキャンプ場からだけではなく、徒歩3分程で行ける露天風呂「ほったらかし温泉」からも味わえます。特に日の出の時間は、長蛇の列ができるほどの人気っぷり……!

住所:〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669-25
予約・詳細はこちら

浩庵キャンプ場(山梨県)

浩庵キャンプ場 富士山
出典:instagram by @camping_neko
富士五湖のうちのひとつ”本栖湖”を思いっきり満喫できる「浩庵キャンプ場」。目の前の本栖湖の先には、ご覧の通り富士山がドーンとそびえています。
浩庵キャンプ場 夜景
出典:instagram@sugar_fam1982
夜には、このような一面の星空を堪能することも! キャンプ場は、事前予約なしのフリーサイト制なので絶景を見られるポイントを確保できるかは運次第。
浩庵キャンプ場 湖畔サイト 料金は使用料として中学生以上1人1泊600円、テント設営料として1張1泊1,000円、駐車場代として1台1泊1,000円かかります。

透明度の高い本栖湖は、カナディアンカヌーなどのウォータースポーツを楽しむのにも打ってつけ。夏休みのキャンプ候補地としていかがでしょう。

住所:〒409-3104 山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926
予約・詳細はこちら
口コミはこちら

白馬森のわさび農園オートキャンプ場(長野県)

白馬森のわさび農園-オートキャンプ場
出典:instagram by @inagakiyasuto
テント内から遠くを眺めると、そこには雄大な北アルプスが! こちらの景色は、名前の通りわさび農園に併設されているオートキャンプ場からのもの。
白馬森のわさび農園オートキャンプ場全景 キャンプ場で育てられているワサビは「陸わさび」と言い、畑で栽培されています。春になるとわさびの花に囲まれ、夏にはホタルと夜を過ごし、秋になると紅葉で真っ赤に。まさに大自然を体いっぱいに味わえるキャンプ場です。

サイトの広さは約11m×11mと広めなので、ファミリーやグループキャンパーさんにオススメですよ。

住所:〒399-9211 長野県北安曇野郡白馬村神城19520-1
詳細はこちら
予約・口コミはこちら

小梨平キャンプ場(長野県)

小梨平キャンプ場
出典:instagram by @mocomoco_camp
日本有数の避暑地で知られる上高地にあるキャンプ場は、自然の宝庫。雄大な自然の大パノラマは息をのむ美しさです。

自然を守るためにマイカー規制をはじめ、所定場所以外での焚き火禁止など様々な制約があるので、事前に確認してから予約しましょう。
上高地 森のリゾート小梨 キャンプサイト テントは持ち込みの場合、1張800円(中学生以上)、500円(小学生)、乳幼児は無料とファミリーキャンパーにとって嬉しい料金設定です。

「大自然の中でキャンプがしたいけど、テントを持っていない」という方でも気軽にキャンプが楽しめるように、常設テントもありますよ。

住所:〒390-1516 長野県松本市安曇上高地4468
予約・詳細はこちら
口コミはこちら

駒出池キャンプ場(長野県)

出典:Instagram by @iriko7110
駒出池のほとりで森林浴を楽しめるのは、長野県の駒出池キャンプ場。場内には池の他に川遊びができる場所や、マウンテンバイクにトランポリンといったお子さんが飽きないアトラクションも完備!
出典:なっぷ
サイトは、区画が分けられたオートサイトとフリーサイトがあります。手ぶらプランも充実しているので、初心者さんにも優しいキャンプ場です。

長野県南佐久郡佐久穂町大字畑164番地
詳細はこちら
予約・口コミはこちら

ふもとっぱらキャンプ場(静岡県)

ふもとっぱらキャンプ場 テント窓
出典:instagram by @hr97camp
広大なフリーサイトのキャンプ場として、四季を問わずキャンパーたちで賑わうのは「ふもとっぱらキャンプ場」。
ふもとっぱらキャンプ場 全景 場内は緩やかな傾斜が付いており、どこにテントを設営しても富士山が見えるという好立地です。早朝には、朝焼けに染まった富士山を眺めることもできますよ。

住所:〒418-0109 静岡県富士宮市麓156
予約・詳細はこちら
口コミはこちら

ガラガラ山キャンプ場(福井県)

ガラガラ山キャンプ場 日本海 出典:instagram by @garagarayama2017
福井市にある「ガラガラ山キャンプ場」から見えるのは、日本海の絶景。ビールを片手に夕日が沈むのを眺めるなんて、これ以上の幸せはないかもしれません。
ガラガラ山キャンプ場 全景
また絶景以外にもこのキャンプ場には魅力的なポイントが! それは、コテージについているお風呂に温泉がひかれているということ。

その他にも、ドッグランやBBQ施設、テニスコートなど施設が充実しているので2泊3日でゆったりと遊びに行きたい場所です。

住所:〒910-3556 福井県福井市赤坂町66-84
詳細はこちら
予約・口コミはこちら

テント窓から新しい世界を発見!

テント窓からの絶景
出典:instagram by @soma_jump
世界にも目を向けると、テントからこんな絶景を楽しむことも……! 皆さんもとっておきの絶景を「#テントの窓から」のハッシュタグを付けてInstagramに投稿してみてくださいね。


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Lilli Y. Sugaya

キャンプ三昧の日を夢見るファミリーキャンパーです。プライベート感たっぷりのこじんまりしたキャンプ場を探しては訪れて、充電をしています。焚き火を囲んで、まったり過ごす時間は至極の時間です。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!