最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ダナー ラップトップ ライト3

雨の日が楽しくなる!キャンプから日常まで365日使える防水シューズ7選

雨の日のお出かけって少し億劫になりがち。傘をさしてても、どうしても服は濡れるし、特に靴はびしょびしょになりやすい……。そこで今回は雨でも快適にすごせる 防水シューズをご紹介!アウトドアブランドのものをメインに、街でも履きやすいデザインのものを集めましたよ。

目次

アイキャッチ画像出典:Instagram by @danner_jp

防水シューズは一足持っておくと便利

防水シューズ

出典:PIXTA

出かける予定があると、ちょっと憂鬱な雨の日。足元はどんなに気をつけていても、濡れてしまいますよね。

替えの靴下やタオルを持ち歩くのも荷物が増えて面倒……。そんな時、足元を守ってくれる”防水シューズ”があると、快適さが全く違います!

防水シューズ

出典:PERSICA

そこで今回は、ハイスペックなアウトドアブランドをメインに街でも履けるデザインのものを厳選してご紹介。

まずは、定番アウトドアブランドのレインシューズからどうぞ!

街でも履いてほしい!ハイスペックシューズ4選

1.  コスパ◎!「ハイテック」からボリューム感のある一足

ハイテック コル トレイル WP

まずご紹介するのは、ハイテックの「KORU TRAIL(コル トレイル)WP」。ボリュームのあるソールと、ヒール部分のペイントがアクセントになっています。

防水性と蒸れにくさを兼ね備えながら、価格も6,000円前後と手が届きやすいのも高ポイント!

ハイテック コル トレイル WP

●サイズ:22.0~29.0(cm)
●カラー:ブラック ベージュ/ターコイズ

2.  「KEEN」の新作は街でも使いやすいデザイン

KEENシティズン エヴォ ウォータープルーフ

出典:Instagram by @oshmans_shinjuku_mens

KEENの「シティズン エヴォ ウォータープルーフ」は、スッキリとしたシンプルなデザイン。どのカラーも主張し過ぎない落ち着いた色味で、キレイ目なスタイルにもマッチします。

雨やぬかるみを歩いても染みてこない、KEEN独自の防水機能が頼れる一足。

KEENシティズン エヴォ ウォータープルーフ

出典:KEEN

通常のKEENのシューズと比べて細めの作りになっているので、足幅が広めの方は試し履きをした方が良さそう。細身の靴ならではのシャープな印象が、大人っぽいカッコよさを演出してくれます。

キーン シティズン エヴォ ウォータープルーフ

●カラー:トリプルブラック/ブラック、キャッスルロック/ブラック、ブルーナイト/マグネット
●サイズ:25cm~29cm
●重量:約445g

3.  包み込まれるような履き心地「ラップトップ ライト3」

ダナー ラップトップライト3

出典:Instagram by @danner_jp

Danner(ダナー)で人気の高い「ラップトップ」シリーズの新作。履き心地の良さはそのままに、より軽く、より蒸れにくくアップデートされています。価格も8,000円以下と、コスパ◎!

ダナー ラップトップライト3

出典:Instagram by @danner_jp

こちらのカモフラージュ柄、よく見ると木々があしらわれている特徴的な「TREE CAMO」。アウトドア好きの心をくすぐるデザインです。先程のブラックと色違いですが、全く違う雰囲気ですね。

ダナー ラップトップライト3

●サイズ:22.0~29.0

4.  イケてるタクティカルブーツ「フルボア」

ダナー フルボア

出典:Instagram by @stumptownjapan

ダナーからもう一足ご紹介。「フルボア ブラック」はダナー独自の防水素材を使用しており、防水性はもちろん耐久性にも優れています。

くるぶしが隠れるくらいの高さがあるので、足首周りをしっかりサポート。

ダナー フルボア

●サイズ:24.0~29.0(cm)

次は、少しアウトドアテイストを抑え、街で履きやすいデザインのレインシューズをご紹介していきます。

どんな服にも馴染みやすいデザインの3足

5.  どシンプル!「パラディウム」の靴は一足あると重宝する

パラディウム パンパ パドルライト ウォータープルーフ

出典:S-Rush

パッと見ただけではレインシューズに見えない、「パラディウム」の一足。降るか降らないか微妙な天気の時にも、普通のスニーカー感覚で履けるのが高ポイント!

今春モデルチェンジして蒸れにくくなり、より快適に。アウトソールのグリップ力も強化されています。

パラディウム パンパ パドルライト ウォータープルーフ

●サイズ:22.5~30.0(cm)

6.  レトロ感がグッとくる国産スニーカー「オールウェザー」

ムーンスター オールウェザー

出典:Instagram by @coopstand

ムーンスターの「オールウェザー」は、スタイリッシュなツートンのカラーリングが目を引きます。ゴム産業の街として栄えた久留米で作られている、国産スニーカー。

熟練の手仕事から生み出される、細部にまでこだわりの詰まったシューズです。

ムーンスター オールウェザー

出典:PERSICA

ミリタリーっぽさがありながらスニーカーとして履けるので、キャンプでもタウンユースでもOK。つま先からかかとまでぐるりとラバー生地が守ってくれるので、雨の日でも濡れるのを気にせず出かけられます。

ムーンスター オールウェザー

●サイズ:22.0~30.0(cm)

7.  ショート丈がちょうどいい「ノースフェイス」のレインブーツ

ノースフェイス トラバース レインブーツ サイドゴア

最後はテイストを変えて、レインブーツのご紹介です。「トラバースレインブーツ」は、サイドゴアがよく伸びて脱ぎ履きもしやすい一足。無駄な装飾のないシンプルなデザインなので、どんなコーデにもなじんでくれます。

ノースフェイス トラバース レインブーツ サイドゴア

出典:goldwin blog

後ろにだけあるノースフェイスのロゴが、ワンポイントに。くるぶしが隠れるくらいのショートブーツなので、ふくらはぎまである長靴と比べて脱ぎ履きしやすく、歩きやすさも◎。

ノースフェイス トラバース レインブーツ サイドゴア

●サイズ:23.0~28.0(cm)

雨の日でも、外を楽しもう!

レインシューズ

出典:Instagram by @danner_jp

いわゆる「長靴」に抵抗のある方、何となく普段の靴で過ごしてきた方、レインシューズを一足、ワードローブに取り入れてみませんか?

ご紹介したレインシューズは、街履きのシューズとして取り入れやすいデザインばかり。想像以上の快適さに、雨の日の足取りが軽くなるかも?!