CAMP HACK[キャンプハック]


編集部員Tの「物欲が止まらない……!」コット寝の快適さを上げる、秘密道具を購入

0


設営の基本は「取り出す」「投げる」の2つだけ!

編集部T アルパインデザイン ポップアップテント
こちらのアイテムは袋から取り出して開くだけですぐに設営ができる「ポップアップ式」のテント。

袋から取り出したあとは、軽く投げればボンっ! と就寝スペースが広がります。

ポップアップシェルター
この通り。虫を気にせずにお昼寝ができるスペースの完成です。

蚊帳としてはこれで充分

編集部T アルパインデザイン ポップアップテント
これだけでタープやシェルター内で使う蚊帳としては充分。ただ、このようにポップアップで開くメッシュシェルターは以前よりアルパインデザインで取り扱いがありました。

それがこちら

アルパインデザイン ポップアップメッシュシェルター

●使用時サイズ:約203x63x65(h)cm
●収納時サイズ:約60x60x4cm
●重量:約1.2kg



今回購入したのは、少し違います。ポップアップメッシュシェルター”テント”なんです。つまり、蚊帳だけではなく、テントとしても使えるんですよ!

ただの蚊帳じゃあ、ないんです

編集部T アルパインデザイン ポップアップテント
このテントには、フライシートをかぶせるためのポールが付属しています。これをセンターに固定して……

編集部T アルパインデザイン ポップアップテント
ささっとフライシートを被せればこの通り! ペグ打ちなどもして、設営時間はたったの5分ほど。

雨などの天候に対して対策できるのはもちろん、フライシートが付属することでプライバシーも守られます。野外フェスなどでも使えますね。

なんといっても「コット寝」にイイ!

編集部T アルパインデザイン ポップアップテント
分かりやすいようにフライシートを外していますが、「ポップアップメッシュシェルターテント」は写真のようにコットの上で使うのに最適。

編集部T アルパインデザイン ポップアップテント
というのも、コットと組み合わせるために固定するロープ前後2箇所にあるんです! これでコットとズレにくく、快適な睡眠を実現してくれます。

コット寝テントはこんなイメージです

編集部T アルパインデザイン ポップアップテント
キャノピーはポールがなかったので他の編集部員に手で持ってもらいました。
コットの上に乗せても良いですし、そのままでもOK。パップテント風の男前サイトが一瞬で完成です。


強いて欠点をあげるなら……

関連記事