サンゾクマウンテンに別注した「オルテガ柄の焚き火台」に火を入れてみると…?!

2019/07/01 更新

アウトドアショップ「ナイスタイム」と、ガレージブランド「サンゾクマウンテン」がコラボした焚き火台が登場!サイド部分がなんとネイティブ柄になっているというこちら、火を入れたらどんな表情を見せてくれるのでしょうか。


アイキャッチ画像出典:Nicetime Facebook

ナイスタイムがサンゾクに別注した「オルテガシリーズ」

東京・幡ケ谷にある高感度なアウトドア・セレクトショップ「ナイスタイム」が、このたびワイルドなテイストで大人気のガレージブランド「サンゾクマウンテン」に焚き火台を別注しました!

これまでもサンゾクマウンテンでは単独で、上の写真のような武骨な焚き火台やテーブルを作ってきましたが、今回のコラボはより個性が際立っています。

ありとあらゆるメーカーから毎年いろいろな焚き火台がリリースされていますが、どれもいまいち決め手がなくて……と迷っている方にもピッタリかも!?


ウワサの焚き火台「オルテガシリーズ マウンコル」はこんな感じ

それではまず、どんな焚き火台なのかチェックしてみましょう!

サイドに配されたオルテガ柄

何と言ってもこの焚き火台最大の特徴はネイティブインディアンを彷彿させる「オルテガ柄」!

ネイティブ柄やチマヨ柄とも呼ばれる独特のパターンを円柱のサイド面にぐるりとあしらっています。

大きさ、重さは……

出典:Nicetime
サンゾクマウンテンのアイテムはヘビーデューティなところが特徴であり魅力でもありますが、こちらの焚き火台とて例外ではありません。堂々の直径450mm、ずっしり7kgを誇ります。

昨今のウルトラライトブームの真逆を行くギアですが、このあえての重厚感がたまりません。つまりは軽くても重くても、イイものはイイ!ということでしょう。

耐熱の黒皮鉄を使用

出典:Nicetime
焚き火台の素材には耐熱性、耐久性に優れた「黒皮鉄」を採用しています。使い込むほどに美しい経年変化を生み、さらに愛着が増してくるはず。

オールハンドメイドというこだわりぶり

細部に目を凝らすと、鉄の溶接のあとなどが生々しく見て取れます。このあたりは個体差があり、細かなキズもちらほら。でもそこがイイのです!

すべて1点1点手作りのため、ハンドメイドの証をアジとして愛せる人にはぴったりの焚き火台です。何せ自分だけの1台を手に入れられるのですから。

長さ違いの脚部で高さ自在

出典:Nicetime
3本の脚部には、付属している100mmと170mmの2種類どちらでも取り付け可能です。つまり台の高さを変えられるのです。ロースタイルにもハイスタイルにも対応できるのがポイント高いですね。

接続部はねじ込み式で工具不要なのも嬉しいところ。この脚により地表からしっかり離れるので芝生などへのダメージもほぼゼロといえます。

火を入れてみると……

出典:PIXTA
それではこの「オルテガシリーズ」の焚き火台に実際に火を入れたらどうなるか、チェックしてみましょう!

出典:Nicetime
勢いよく燃え上がります! いつだってやっぱり焚き火は気分がアガりますね!

サイドから見ると……

こんなふうに、漆黒の夜にオルテガ柄がくっきりと浮かび上がります。これこそがこの焚き火台の真骨頂。

炎の揺らめきでオルテガ柄の表情が変わり、いつまでも眺めていられそう。

空気の循環も良好

この焚き火台のオルテガ柄は、単に見た目だけのものではありません。この柄部分が空気穴の効果もしっかり果たしてくれ、燃焼効率をアップさせてくれるのです。

終わった後の運搬も専用袋で余裕

オルテガ柄の焚き火をひとしきり楽しんだあとは撤収作業が待っています。
 
出典:Nicetime
かさばることはかさばりますが、専用の収納袋に入れれば意外と運搬もしやすいです。しっかり厚手の素材感なので、本体がずっしり重くても破れにくいのです。

小ぶりな「オルテガシリーズ マウンコス」には付属品も充実!

さて、こちらの焚き火台シリーズには一回り小さな「マウンコス」も用意されています。

サイドのオルテガ柄はそのままに、大きめのマウンコルとはまた違った良さがありますよ。

小さめサイズでお手軽

マウンコスのサイズは直径200mm×高さ310mmです。マウンコルとは異なり、脚は100mmのが1種類のみが付属します。

重さは5kg。マウンコルより2kg軽いので、運搬がぐっと楽になります。


吊り下げられるチェーン付き

出典:Nicetime
付属の脚が1種類である代わりにハンギングチェーンが付属しています。ランタンハンガーに吊るせば「たいまつ」のような独特の雰囲気を味わえますよ。

3wayで使える鉄板も付属

出典:Nicetime
さらにこの「マウンコス」には鉄板が付いています。こんなふうに焚き火台の上にのせればフライパンに。

出典:Nicetime
ガッチリ掴める取っ手もちゃんとあります。逆向きにして焚き火台にかぶせればフタとしても機能します。

出典:Nicetime
下に敷けば芝を傷めないためのトレーにもなります。この3wayの鉄板はアイデア次第でかなり臨機応変に使いこなせそうですね。

なお「オルテガシリーズ」は予約生産となりますので、おおよそ注文して半月から1カ月後くらいの納期が目安となるでしょう。詳しくはお問合せください。

詳細はこちら

気になる点は……

一方で、気になる点もチェックしてみましょう。

それなりに灰は舞う

出典:PIXTA
炭床やロストルを使用するタイプではなく、フラットな鉄板の上で直で燃やす原始的な形状なので、灰がある程度舞うのは覚悟する必要がありそう。

風が強めの日などはちょっと気になるかもしれませんね。

やはり……デカくて重い

出典:Nicetime
サイズのところでも触れましたが、小型のマウンコスならまだしも、マウンコルだとやはり……デカくて重いです。このギアの魅力はずっしり重厚感にあると分かっていても……重いです。

でもそれを補って余りある魅力が備わっているのもまた事実です! サンゾクのギアに軽さを求めるのはそもそも野暮というものでしょう。

重厚な焚き火を楽しみたいならコレ!

今までとちょっと違う焚き火体験を求めたいなら、このナイスタイム×サンゾクマウンテンの焚き火台「オルテガシリーズ」はかなり有力な選択肢になるのではないでしょうか。

他にはない重厚な焚き火台を前に、美しい炎の揺らめきを眺めながらくつろぐげば、それは最高にぜいたくな時間となることでしょう。



 

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
編集部 藤巻

新作ギアもビンテージも好き。大勢もソロも好き。近場も遠出も好き。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!