新定番の予感!スノーピークからエントリー向け新作「メッシュシェルター」が6月22日発売【アウトドア通信.403】

2019/06/21 更新

スノーピークより新定番となりうる新作「メッシュシェルター」が登場!大きなメッシュパネルを配したシェルターは、天候に合わせて採光、通気の調整がしやすくオールシーズンキャンプを楽しむのに打ってつけ。お得なテントとのセット販売もあるのでお見逃しなく!


新作「メッシュシェルター」が発売!


革新的なものづくりで日本のアウトドアシーンを牽引しているスノーピークが、新作「メッシュシェルター」を6月22日(土)10時より発売開始!

2018年に登場した「エントリーパックTT」、「エントリー2ルームエルフィールド」に続き、キャンプ初心者にとって心強いスペックを兼ね備えた期待作です。

開放的なメッシュパネルのついた「メッシュシェルター」


広々とした居住空間を作りだす、注目の新作「メッシュシェルター」。その長所は、使用サイズ約400×390×220cmと大型ながら、フレーム数が少なく簡単に設営ができるということ!

設営に必要なポールは、たったの4本のみ。さらにポールを通す位置が一目で分かるように、ポールとスリーブには目印となる色分けが施されています。設営で悩む箇所がないよう考え抜かれたデザインが嬉しいポイントですね。


耐水圧は1,800mm。外からの冷気の侵入を軽減するスカートも付いており、天候や季節に左右されずにキャンプを楽しむことができるスペックが備わっています。

またこのシェルターは単体での使用はもちろんのこと、テントとの連結スタイルも実現できる点もメリット!

お得なアメニティドームMとセットの「エントリーパックTS」も登場!


今回「メッシュシェルター」の発売に合わせて、連結スタイルに挑戦したい方に向けて「エントリーパックTS」も同時発売開始。

こちらは、スノーピークで長年愛され続けている定番テント「アメニティドームM」セットになったパッケージアイテム。単体でそれぞれ購入するよりも約6,600円お得なので、これから道具を揃える初心者さんにおすすめです。

雨の日も濡れずにテントとシェルター内の移動ができ、使用するサイトに合わせて別々にセッティングすることも可能なシェルター連結スタイルは、自由度の高さが魅力的!

連結には「アメニティドームM」の他、「ヴォールト」や「ドックドームPro.6」などのスノーピーク製のテントを接続することができますよ。

新定番となりうる新作シェルターを是非チェックしてみてくださいね。

「メッシュシェルター」の詳細はこちら
「エントリーパックTS」の詳細はこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!