ケルティの新作が大豊作!大型シェードからソフトクーラーまで全10型が登場【アウトドア通信.400】

2019/06/17 更新

カリフォルニア発の老舗バックパックメーカー「KELTY(ケルティ)」から、大型のスクリーンシェードや小物をガンガン収納できるストレージなどの新作が発表されました。居時空間をしっかり確保できるオープンタープも登場したりと要注目です。


2019年はケルティのキャンプギアが熱い!


ケルティより2019年新作ギアが続々登場中! ソフトとハードの良いとこ取りをした人気のクーラーボックスのデザインが一新。さらに幅広いサイズ展開の収納ケースが登場したりとキャンプ用品のラインナップを強化しています。


なにやら大型のスクリーンシェードの登場する模様……! 気になる新作4シリーズ全10型を一挙ご紹介します。

まずは、キャンプの収納問題をスッキリ解決してくれるアイテムから見ていきましょう。

豊富なサイズ展開が嬉しい!収納アイテム

セミハードタイプでしっかり収納!3サイズ展開「CACHE BOX」


小物をガンガン収納することができるジッパー付きのボックス「CACHE BOX」。しっかりとしたセミハードタイプのボックスで、カメラのレンズなども安心して入れことができます。大きさは3サイズ展開。


 

内部にはベロクロ式の仕切りがついているので、入れる物のサイズや用途によって自由に仕切りの位置をカスタムすることができます。

さらにフタの裏にはメッシュポケットが付いており、収納物を小分けすることが可能です。

製品の詳細はこちら

組み合わせ使用でますます便利!「Gシリーズ」

写真右上から時計回りに「WEE G」、「OLIGINAL G」、「BIG G」、トートバッグタイプの「LIL G」
続いては、KELTYのソフト収納ケースGシリーズ。ハードケースではないので重たいものを入れるのには適していませんが、収納力は抜群です。

またサイズ規格が統一されているので、大きいサイズの「OLIGINAL G」に小さいサイズの「WEE G」を入れ、収納ケース内を小分けすることもできます。


アイテムをスマートに収納できるので「あれがない、これがない」と余計な時間とストレスがかかることも軽減されるのではないでしょうか。それではGシリーズのラインナップを見ていきましょう!

WEE G

 


こちらが一番小さいサイズの「WEE G」。サイズは18×W30×H18cm。カトラリー類などをまとめておくのに良さそうですね。

LIL G


こちらはトートバッグタイプの「LIL G」。サイズは18×W35×H36cm。食器類など、キッチンまわりの道具をまとめておくのにちょうどいいサイズ感です。

OLIGINAL G


そしてこれが、ひとつ大きいサイズの「OLIGINAL G」。サイズは36×48×H37cm。トードバッグ型の「LIL G」が、縦向きにすっぽり入るサイズになっています。Gシリーズでサイズ規格が統一されているというのは、こういうことなんです。

BIG G


そしてこちらが一番大きなサイズの「BIG G」。サイズは36×71×H41cm。「LIL G」2つと「OLIGINAL G」1つがぴったり入るサイズになっています。無駄がないから大量に収納できますね。

製品の詳細はこちら

ペッタンコに折りたためるクーラーボックス


ケルティの人気ギアである折りたたみ式のクーラーボックス「FOLDING COOLER」がデザインを一新! 使用しない時はコンパクトにできるので、移動時も邪魔になりません。

 


 

フタがジッパー式なのも特徴のひとつ。また、ソフトクーラーながら小さく“脚”が付いているので、地面にベタ置きにならないのも嬉しいポイントです。


サイズは45Lと25Lの2サイズ展開。45Lは350mlの缶を70本、25Lサイズは40本収納できる大容量となっています。

製品の詳細はこちら

アーチ構造だから中も広々!大型スクリーンシェード


最後に紹介するのはこちらの大型スクリーンシェード「BIG SHADY」。張り上げサイズは、427×330cm。中央のアーチ型ポールと3本のサイドポールが、広々とした空間を作り出してくれるので大人数のキャンプにも打ってつけです。


また少人数であれば、テント、テーブル、チェア、クーラーボックスなどすべてをレイアウトし、このなかでテントサイトを完結させることもできますよ。

製品の詳細はこちら

KELTYではこのほかにもテントやタープ、クーラーボックスが数多くラインンアップ。詳しくは公式サイトはご確認ください。

公式サイトはこちら

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!