CAMP HACK[キャンプハック]


【パリッとはじける!】ウインナー界のホームラン王「シャウエッセン」よ永遠なれ

0


真骨頂は「茹でる」にあり

日本ハム シャウエッセン
撮影:筆者
シャウエッセンはもちろんBBQで焼いてもうまいのですが、独特の「パリッと感」を味わうなら、ボイルがベストなんです。

袋の裏をご覧くださいませ。「シャウエッセンのおいしい召し上がり方」のあと「パリッ!!とおいしく食べるにはボイルがオススメ!」とハッキリ書かれています。よほどの自信がないとここまで言い切れません。

パリッと感が歴然!

日本ハム シャウエッセン
撮影:筆者
なぜボイルがいいのか。それはこの調理法がいちばん、シャウエッセン特有のパリッとした歯ごたえを感じられるから。

あの「パリッ!!」の秘密は皮にあります。シャウエッセンの皮は、厳しく選別された柔らかい羊腸に限定しているので、あの独特の歯ごたえが生まれるのです。

「黄金の3分間ボイル」とは?

日本ハム シャウエッセン
撮影:筆者
さらに続けて「黄金の3分間ボイル」なる文字も……。気になりますよね。

いざ「黄金の3分間ボイル」実践!

それではここで、究極においしく食べられる茹で方「黄金の3分間ボイル」を実践してみましょう!

日本ハム シャウエッセン
撮影:筆者
まず、クッカーでたっぷりのお湯を沸かします。

日本ハム シャウエッセン
撮影:筆者
お湯が沸騰したら火力を弱めて、シャウエッセンを投入し茹でます。その時間はジャスト3分間! これこそが「黄金の3分間ボイル」の正体だったのです。

日本ハム シャウエッセン
撮影:筆者
3分経ったらおもむろに取り出します。うまみ成分や脂肪分がとけあって皮がパンパンに張っているのが分かりますね。

日本ハム シャウエッセン
撮影:筆者
いただきま~す。アツアツのシャウエッセン。……あぁ、タマランチ会長。これだけでもう最高すぎます!

スキレットでシャウエッセン満喫!

スキレット
出典:PIXTA
シンプルに茹でるだけでも絶品ですが、ちょいとひと手間加えればそれはそれでまた極上なのがシャウエッセンの守備範囲の広さ。

キャンプ必携のスキレットでアレンジしてみてはいかがでしょうか。

シャウエッセンのスキレットチーズフォンデュ

シャウエッセンのスキレットチーズフォンデュ
出典:NIPPON HAM
まずシャウエッセンを3分ボイルします。次にとろけるチーズを温めて上からたっぷりとかけます。最後にブラックペッパーを振ればできあがり!

お好みでパセリをちらしたり、スキレットを加熱してチーズを少し焦がしても美味しいですよ。

ロングシャウエッセンと野菜のスキレット焼き

ロングシャウエッセンと野菜のスキレット焼き
出典:NIPPON HAM
ズッキーニを1cm程度の輪切りにし、アスパラガスは食べやすい大きさに切ります。熱したスキレットにオリーブオイルを入れ、ズッキーニとアスパラを軽く炒め、塩、黒こしょうで味を調えます。

そこにシャウエッセンのロングタイプを入れて、ミニトマトを追加しさらに炒めます。最後に乾燥バジルを散らせば完成です!

関連記事