CAMPHACK

LEDには出せない魅力。ランタン史上の傑作「コールマン286A」を再検証

0

業界最大手ブランド「コールマン」の中でも、ひと際、その存在感を放つ傑作ギア。それがホワイトガソリン仕様のワンマントルランタン、286A。1980年代に登場し、今も多くのキャンパーたちに愛され続けるその理由を、あらためて検証します。

ストーリーのある灯りを所有する喜びを味わおう!

コールマンランタン キャンプに必要不可欠なマストギア、ランタン。各メーカーからさまざまなモデルが発売されていますが、中でも別格の存在感で多くのキャンパーたちから支持を受け続けるのがコールマンの定番モデル、286Aです。

ご存知のとおり、そもそもコールマンというブランド自体、1901年にオイルランタンのレンタル業からスタートしたブランド。1914年に発売した初の屋外用全天候型ガソリンランタンは『真夜中の太陽』と称され、革命的な明るさで当時のアメリカの人々の暮らしを一変させました。

そのシンプル構造がゆえのメンテナンス性と堅牢性の高さは特筆もの。中には親子3代に渡って使い続けられているものや、釣り人によって海底から引き上げられ、錆・苔だらけだったにも関わらず丁寧に掃除をした後に煌々と光を放ち復活を遂げたという逸話もあるほど。

そんなエポックメイキングなガソリン燃焼システムを受け継ぐ286A。そのグッドデザイン・ロングライフデザイン賞も受賞したシンプルかつクラシックな佇まいには、アメリカの歴史が詰まっているんです!